〜Mobile Pharmacy(モバイルファーマシー)〜


東日本大震災の教訓を活かし、宮城県薬剤師皆様の経験と

バンテックが持つキャンピングカーの技術を融合し開発された

災害対策医薬品供給車両「モバイルファーマシー」。

 

先日静岡グランシップにて行われた第51回東海薬剤師学術大会で

そのモバイルファーマシーが展示されました。

通常は在宅医療研修車として活動できるよう、

無菌スペースも完備しています。

〜VANTECH Kids Project〜


未来を創造する子どもたちへ。

 

私達バンテックでは、子どもたちにキャンピングカーを

もっと身近に知ってもらい、子どもたちが大人になったときに、

キャンピングカーという乗り物が憧れではなく、

身近なアクティティツールになるために活動している

【VANTECH Kids Project】。

 

今回は、バンテック山形工場に村山市立大久保小学校3年生の

みなさんにお越しいただき、私達バンテックのことや、

キャンピングカーのことなど、たくさんのお話をさせていただきました。

 

つい難しい言葉や話が出てしまいますが、みなさん熱心に

話を聞いていただきました。

〜VANTECH TV in Owner’s interview〜


 

 

大切な人と過ごす、大切な時間と大切な空間。

今回はジルシリーズにお乗りのお客様2組にお伺いしました。

 

キャンピングカーの魅力はもちろん、購入までのエピソードまで

お話を伺うことができました。ぜひご覧ください。


https://youtu.be/6gLPK2jeavI

〜VANTECH TV in Owner’s Camp meeting〜


 

長野県駒ヶ根高原で11月3日〜4日に行われた

バンテック愛知とバンテック京都のオーナーズキャンプミーティング。

 

今回バンテックTVでは、レポート第一弾として、

沢山の笑顔に包まれた会場の様子をお伝えしています。

 

ぜひご覧になってみてください。

 

https://youtu.be/C6bF7cA5pVw

〜国産キャブコンの金字塔 ZiL(ジル)の歴史〜


 

開発当初から「バンテックの思想を凝らし、キャブコンの頂点に長く君臨する車でありたい。」

との想いから、Zenith、ism、Lastingの3文字の頭文字を組み合わせた車名となりました。

 

Zenith(ゼニス)とは、天文学の概念で、観測者の真上に当たる点。まさに頂点です。

ism(イズム)とは、主義や思想。変わることのない主義や思想を持ち続ける。

Lasting(ラスティング)とは、永続。永遠に頂点に君臨し続けるキャブコン。

 

それが「ZiL」です。

 

初代ジルは、1998年に誕生しました。

 

レイアウトは5代目になっても変わらず後方に入口があるリヤエントランスレイアウトです。

 

バンクベッド上部は、より広いスペースが生まれるスライド式。

これも現在のZiLシリーズと変わりません。

 

車両右後方にはトイレルーム。

 

 

初代ジルの伝統を受け継ぎながら進化し続ける。

永遠に頂点であり続けるために。

〜食の秋・食の旅 日本の「美味しい」をキャンピングカーで旅しませんか?〜


キャンピングカーの旅には様々な楽しみ方があります。

世界遺産巡りや温泉巡り。釣りやキャンプ等のアクティビティ等様々ですが、

やはり秋といえば「実りの秋」そして「食欲の秋」。

 

そんな「食の秋を愉しむ旅」はいかがでしょうか?

今回は、全国の「美味しい」を紹介いたします。

 

シリーズ第一弾は「北海道」

 

こちらは、仙台港から苫小牧港に向かう太平洋フェリーでの夕食です。

やはりキャンピングカーの旅に欠かせないのはフェリー。

夕暮れ時の出港だったので、綺麗な景色の中で美味しくいただきました。

 

 

こちらはバンテック北海道からほど近いスープカレー屋さん「SAMURAI」。

住宅街の中にある隠れた名店です。北海道のお客様より教えていただきました。

中に入れる具も自分で選ぶことができ、好き嫌いが多い方にも安心です。

 

 

札幌市営地下鉄南北線の中島公園駅前にあるそば処福住。

サクサクの天丼と喉ごしで味わうざるそば。

盛りが良かったのも印象的でした。

 

 

やはり北海道といえば、ジンギスカン。

写真は、すすきのにある「味の羊ヶ丘」のジンギスカンです。

いつも沢山のお客様で賑わっているお店ですが、

やはり味の方も抜群に美味しいです。

 

次回は東北〜関東の旅をお届けできればと思っております。

皆様の「食の旅」の参考になれば幸いです。

〜ZiL生誕20周年を記念して、ZiLとCydaにアニバーサリーパッケージを追加 〜


確かな技術力とデザインでキャブコンの代名詞となり、

Japan style cab conversion としてトップシェアを君臨し続けてきたZiL(ジル)。

20年という月日の中で常に進化を続け、キャンピングカーというカテゴリーに

新たな楽しみを提案し続けてきました。

 

今回、発売開始から20年を記念して、ZiLとZiLのDNAを受け継ぐライトキャブコン

「Cyda」(シーダ)を対象に、豪華オプション装備を「20万円」で

「ZiL 20th Anniversary option package」を期間限定でご用意しました。

 

【ZiL 20th anniversary package】

・20thオリジナルデザインボディストライプ

・フロントエアロバンパー&サイドフェンダー ¥108,000(税別)

・400W ソーラーパネル&充電器 ¥464,000(税別)

合計 ¥572,000(税別) → ¥200,000(税別)

 

【Cyda 20th anniversary package】

・20thオリジナルデザインボディストライプ

・セパレートルームエアコン ¥200,000(税別)

・FFヒーター  ¥202,000(税別)

・トリプルサブバッテリー ¥75,000(税別)

・1500Wサイン波インバーター ¥146,000(税別)

合計 ¥623,000(税別) → ¥200,000(税別)

 

販売期間: 2018年7月15日~2018年9月30日

 

アニバーサリーパッケージの詳細につきましては、

お近くのバンテック販売店へお問い合わせください。

〜東京キャンピングカーショー2018 着々と〜


東京キャンピングカーショー2018も来週に迫り、

展示車両を1台づつ洗車しております。

 

 

快晴なので、洗車日和と言いたいところですが、

気象庁の発表によると、本日の埼玉県所沢市の最高気温は

14時08分にマークした34.7℃。

 

この3連休でお出かけを予定している皆様、

全国的にかなり暑くなるという予報が出ております。

 

お出かけするのにお天気が良いのは何よりですが、

熱中症にならないように気をつけてください。

 

そして、高温よって発生するトラブルなどもありますので、

旅の前の運行前点検は、いつも以上に入念にお願いいたします。

〜東京キャンピングカーショー2018 バンテックブースデザインが決定〜


7月21日〜22日に東京ビックビックサイト東7・8で行われる

「東京キャンピングカーショー2018」

 

いよいよ来週末に迫った東京キャンピングカーショー2018の

バンテックブースを、一挙公開します。

今年のジャパンキャンピングショー同様、清楚かつ壮大をイメージさせる

デザインにしています。

 

バンテック世界観へお客様をもてなす想いを込めて、メインゲートを設置しました。

このメインゲートの側面には、520のエントランスミラーを彷彿させる

鏡を取り付けています。

そして足元には、バンテックカラーの4色を設置し、「四季」という

バンテックブランドを表現しています。

 

後方の壁には、8K対応の200インチLEDモニターを設置。

迫力ある映像をお届けします。

また、商談スペースは、お客様とゆっくりお話ができるように、清楚で

落ち着きがあるデザインしました。

 

ご来場されたすべてのお客様が、帰り道までワクワクする。

そんなバンテックブースを目指します。

 

是非、皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

〜すべてのお客様に「快適で安全」を。〜


私達バンテックは、すべてのお客様に「快適で安全」をお届けするために、

様々な取り組みを行っています。

その取り組みの一つとして全国5ヶ所に開設している「VSS」。

 

この「VSS」というのは、「VANTECH Service Spot」の頭文字で、

バンテックの車両メンテナンスサービスを受けることができる店舗です。

 

基本的にベース車となるエンジンやシャーシは、

各自動車メーカーのディーラーで整備することが可能ですが、

架装部分については、購入したキャンピングカーメーカーに

直接持ち込み、修理をお願いしなければなりません。

購入した場所が遠方である場合、修理や定期的なメンテナンスも難しい状況です。

 

そこで、キャンピングカーを知り尽くしたバンテックサービスプロショップ「VSS」を

全国各地に設置し、メンテナンスや修理をする事ができる独自のネットワークを展開しています。

 

2018年7月5日には、新たに北海道十勝エリアにVSS北海道帯広をオープン。

北海道でバンテックの車を使っている人たちへも「快適で安全」をご提供して参ります。

 

すべてのお客様に「快適で安全」を。

そして、最高の思い出づくりを。

 

それが私達バンテックの思いです。

VSS山形村山

 

VSS北海道帯広