【キャンピングカーコラム バックナンバー第25回】シンプルなボディワークで普及版として登場したレオ(2016年9月16日)


ベガやジルの成功を受け、当時のフルサイズ国産キャブコンはますます多機能で充実装備を目指していく方向に動いていった。そして'00年には、ベース車両として安定感のでてきたカムロードをベースに、普及版を狙ったと思われるレオが投入された。

その当時の価格を見てみると、ジルは567万円。ライトキャブコンで格下シャシーのタウンエースベースであるJB-490が448万円。レオは473万円で、サイドオーニング、FF暖房、カセットトイレなど装備群もおごられ、コストパフォーマンスの高いモデルであった。

正直言えば、やはりキャブコン単体価格が500万円を突破していることが「高い」というイメージにつながってしまう時代であり、ある意味販売戦略的な要素が強いモデルだったのかもしれない。何しろ日本はデフレの真っ只中だったのだ。

バンテック キャンピングカー レオ

コストを抑えられたのは、一にも二にもコーチ部ボディーワークとしてそれまでバンテックがJB-500以来こだわっていたFRP成型ではなく、初めてパネル工法を採用したことが大きい。そのため見た目が普通というかいかにも普及版、デザインで頑張って価格が上がることすら回避したであろうと想像できた。

もちろんこの製造方法を採用する背景には、工期の短縮化や製造設備の簡素化が見込まれる。だからこそ世界中で採用され、リーズナブルなモデルが登場してくる手法として採用されているのだ。

バンテック キャンピングカー レオ

ボディサイズは全長5m未満に抑えられてはいるが、車幅はなんと2.08m。レイアウトは当時定番中の定番の、サイドソファのあるダイネットという構成。ジルとの違いは、左右が反転していることで、使い勝手という点では好みによるところが大きいだろう。

室内に入ると、ボディ形状や幅からくるものか、かなり広さを感じた。バンクベッドのヘッドクリアランスがたっぷりなのも、実用性で言えば相当優位。大型の清水タンクや排水タンクの装備なども含め、外観デザインよりも使い勝手を優先したことは明らかだ。

バンテック キャンピングカー レオ

バンクベッドは前部が持ち上がっていることもあって本当に広い。’02年にモデルチェンジしたときにはルーフがフロントにスラントする形状に変更され、そのイメージが若干変わった。そのほかは基本的に同じだ。さらにモデルチェンジと同時にバンクスが追加された。

このバンクスというグレードは現在発売されているモデルにも登場する名前だが、大雑把に言えば、さらに普及版を目指し、装備を簡略化したモデル。当然その分車両重量も軽くなるので、当時のノンターボディーゼルエンジンでも、軽量に作りやすいパネル工法と相まって、エンジンの非力さがストレスになることが避けられた。ちなみに当時の5Lエンジンは、排気量2985㏄、出力91馬力、トルク19.5㎏mであった。

パネル工法はその後、アトムにも採用されていくのだが、現在のキャブコンのラインナップには存在しておらず、今後ふたたび採用されるかどうかは分からない。今になってみれば、かなり思い切った模索だったのだろうと思う。そして販売期間が短かったのは、ユーザー層がバンテックらしいデザインを望んだ結果なのかもしれない。

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第24回】ポンピングして空気を圧縮 簡易水洗式のポータブルトイレ(2016年9月9日)


たとえば車中泊をしていて、夜中にトイレに行きたくなったとき。そして雨が降っているとき。冬場で寒いとき。いずれも車から出たくないというシチュエーションだが、そんなときにトイレが車内にあると便利だ。

日本のキャンピングカーのトイレは大きく分けて2タイプあり、ひとつが国産キャブコンなどに装備されている車内に固定されたカセットトイレ。

もうひとつがバンコンをはじめとしてミニバンでも積めるポータブルタイプだ。もちろんキャブコンに積んで使ってもかまわない。

ポータブルタイプは上部に清水タンク、下部に汚水タンクがあって上下に2分割できる構造になっている。あらかじめ清水タンクには便器への汚れ付着防止に洗浄剤、汚物タンクには消臭材を投入して使う。

今回紹介するポータブルトイレは上部の清水タンクに水を入れ、ハンドポンプをポンピングすることで空気を圧縮。タンクの中の水を高水圧で流すことができる簡易水洗タイプだ。清水タンクの容量は8.7Lあって、最大で26回の水洗ができる。

下部の汚物タンクは容量9.8L。溜まった汚物は家のトイレなどに流して処理するのだがその際に汚物タンクの排出口の筒を外側に向けることができるので、ハネ返りなしで処理ができる。

サニポッティー972よりも汚物タンクの大きなサニポッティー976という商品もあり、こちらは汚水タンクがほぼ倍の18.9Lある。大きなタンクのほうが、汚物を捨てる回数は少なくなるので便利だが、その反面、タンクが重たくなるので、持ち運びが大変になる。小さなタンクでマメに処理をするというのも選択肢のひとつだ。

キャンピングカー用ポータブルトイレ サニポッティー972 9.8L

ポータブルトイレ #144064 サニポッティー972
価格:16,200円(税込)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第23回】パワーと余裕を求めエルフベースの快走モデル登場(2016年9月2日)


カムロードが登場し、それをベースにしたジルも大人気モデルとなったが、当時のカムロードはノンターボのディーゼルエンジンであり、登坂車線を走らざるをえないこともままあった。走りという意味ではかなりストレスが溜まっていたのかも知れない。そんな不満を晴らすように’99年には許容架重重量が大きないすゞ・エルフをベースにしたクルーズが登場した。

バンテック キャンピングカー ジルクルーズ 外観

リヤダブルタイヤによる架重に対する余裕があり、キャンプグッズを満載してもへこたれない。重量物となる水を満載していても、不整路面をものともしないのには驚かされた。パワーがあるので乗り心地と走破性のどちらを優先するかが悩ましい時代に突入したのを覚えている。

現行モデルにもジルクルーズは存在するが、ベースになっている520の前後左右バランスがよく、スムーズな走りはそのままに、さらにパワフルでしっかりした車体感を持つモデルに昇華され、乗り心地といった面でもかなり改善されたように思える。

バンテック キャンピングカー ジルクルーズ 内装

室内はジル同様、引き出して広々使える巨大なバンクベッドを持ち、右サイドソファというレイアウトもそのまま継承。装備的にも大きな違いはなく、車体そのものに余裕ができた分、オプションなどで重量を気にせず装着できるといったメリットが際立った。

バンテック キャンピングカー ジルクルーズ 外観

ダイネット空間は、ジル同様全面ベッド展開が可能。マットの境目のフラット感も高く、バンクと合わせると余裕で大家族に対応できた。対面ダイネットを展開せず、掘りごたつ状態で利用するのがユーザー層に定着したのもこの頃である。

バンテック キャンピングカー ジルクルーズ 内装

天井を見てみると、現行にも続く曲線を取り込んだ意匠が見て取れる。まだ間接照明や、LEDライトは未装備。今だと当たり前のように装着される高性能ルーフベンチレーターがダイネット上部にないあたりに、価格と快適性をユーザー側が計りかねているのを感じる。

現代では、ベンチレーターはおろかセパレートエアコンを装備するのがこのクラスでは当たり前になってきて、時代差を感じる。

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第22回】照明を変えるだけで車内の雰囲気をグレードアップ(2016年8月26日)


家庭の照明と比べると、キャンピングカー車内の照明は光源が目に近いところにあるので影響も大きい。

たとえば車の運転で疲れた目は明るさを感じやすくなるが、長時間運転したあとでダイネットでくつろごうと思っても、ただ明るいだけの照明だったら、まぶしくて余計に目が疲れてしまう。

さらに色でいえば、蛍光灯のような青味を帯びた光よりも、電球のような暖かみのある光のほうがよりリラックスできるだろう。

最近は省エネのために蛍光灯や白熱灯をLED照明に交換する人が増えているようだが、そこでおすすめしたいのが光学メーカーである日東光学が作った「モビライト」だ。

2015年にドイツ・デュッセルドルフで行われた世界最大規模のキャンピングカーショーに出展して、現地でも好評だったという注目のLED照明だ。

明かりがついた状態を見ればその違いは一目瞭然。「面発光」が特徴で、LED照明でありながら発光面が均一に光る新しいタイプの照明である。

明るさは太陽の日の入り1時間前と同じ色温度3000K(ケルビン)に設定されていて、車内でくつろぐのにちょうどいい明るさ。

それに普通のLED照明だと光が一直線に進む指向性が強く、明るいところと暗いところのコントラストがつきすぎて、目には好ましくないが、モビライトは照明本体にフレームがなく、外周部分も明るく周辺全体を照らしてくれる。

いまのところは正方形で150×150㎜と60×60㎜の2サイズをラインナップ。今後はスポットライトやライン型を追加する予定だ。

キャンピングカーパーツ LED拡散照明 モビライト

LED拡散照明
♯211078 モビライト150×150
価格:14,040円(税込)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第21回】本格モーターホームを目指した大型モデルのベガ(2016年8月19日)


’90年代は半ばを過ぎると、輸入車、特に北米製の大型モーターホームが人気を獲得。その家庭と変わらない使いやすさに、日本のキャンプシーンが一変した時期であった。そんな中、国産の大型モーターホームの礎になったと思われるのが、’98年登場のベガだ。コースターベースまで発展したモデルだったが、現在は製造を中止している。

バンテック キャンピングカー VEGA(ベガ)

余裕の全長にリヤダブルタイヤによる架装重量の増加など、装備を惜しみなく組み込んでも対応できるボディサイズを実現していた。当時はベース車両として三菱キャンターを採用。

バンテック キャンピングカー VEGA(ベガ)

ジルで成功した広いラウンジ形状のダイネットの後方には、独立したL字のキッチンを持ち、その使い勝手のよさは輸入モーターホームのそれと同等以上。動線の確保や余裕ある室内高により、それまでの国産にはない圧倒的な開放感を獲得した。

バンテック キャンピングカー VEGA(ベガ)

車両中央部にキッチンとトイレ&シャワールームを設置し、最後部にはかなり幅のある常設リヤベッドを設定したので、就寝時にダイネットを組み替えないでもよくなった。車体幅があるため、横向きにベッドを設定できるようになったは最大のメリットだった。

バンテック キャンピングカー VEGA(ベガ)

高い天井を生かした広々としたバンクベッドを装備。こちらの方は正真正銘大人が3名寝られるという巨大サイズ。そのため、ファミリーユースでもダイネットをベッドに組み替えることはまずないのである。

現在、国産キャブコンにおいてベガのようなモーターホーム的要素を持つモデルはほとんどない。販売価格が大台を越えるということもあり、単一モデルとしては販売不振に陥る可能性は否めないのだが、昨今のキャンピングカーユーザーの動向を見ていると、国産モーターホームの必要性を感じる。

実際、景気が落ち着いてきたせいか輸入モーターホームもそこそこ復権してきているし、数か月単位で旅するユーザー層は、車両のメンテナンスや装備品の確保のしやすさといった点を重視する傾向があり、その数も着実に増えているのだから。

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第20回】雨の日にも使えるルーフベンチレーター(2016年8月12日)


お盆休みを迎えキャンピングカーで旅に出かけている人も多いだろう。今年はやはり暑い夏のようで、場所によっては40℃近い気温を記録しているところもあるが、旅の車内、快適に過ごせているだろうか。

車内の空調はとくに暑い季節には重要になる。そしてファン付きのルーフベントは、車内の空気を循環させるのにピッタリのアイテムだ。

一般的なルーフベントは、使うときにまずハンドルを回してルーフベントを開けてから、スイッチを押すことでファンが回り、車内の空気を排出する。ルーフベントを開けると雨が降り込んできてしまうので、雨天時には使えない。

MAXX FANは、ルーフベントとベントカバーが一体化したタイプだから、雨が降っていても使え、さらに走行時にも使えるすぐれものだ。(ちなみにMAXX FANスタンダードというモデルもあり、こちらもカバーを閉めたままで吸排気ができる)

マニュアル操作で10段階の風量調節が可能。基本的には排気モードで使用するが、吸気もできるので幅広く使える。温度設定による自動運転にも対応しているのが特徴で、いちいちマニュアル操作しなくても快適な環境を維持してくれる。

取り付け部の開口サイズは356×356㎜でいわゆるアメリカサイズ。開口寸を確認してみて、同サイズであれば、新たに取り付けるためのDIYも比較的容易にできる。

天井側から本体を、そして室内側から受けの枠を押し入れてルーフをサンドイッチし取り付ける。ただしルーフに乗っての作業になるので安全に作業することがなによりも重要だ。ちなみにルーフに取り付けた状態で全高は127㎜。全開にした状態では236㎜になる。

本品はリモコン操作ができないが、リモコン付きのモデルであればさらに便利。034080(ホワイト)034081(スモーク)はリモコン操作対応モデルだ。

キャンピングカーパーツ MAXX FAN

ルーフベント
♯034065 MAXX FAN ホワイト
価格:42,120円(税込)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第19回】’98年に決定的な定番モデルとなったZiL(2016年8月5日)


1998年になるまで国産キャブコンは専用シャシーがなく、各ビルダーが思い思いのベース車両に架装していた。一方欧米では、キャンピングカーやモーターホームに架装するための専用ベース車両が多数用意され、日本のトラックベースと比較すると走行性能や乗り心地の点で大きく水を開けられていた。

その状況を打開するため、国産のキャンピングカー専用シャシーの登場が切望されていたが、当時の国産コーチビルドによる製造台数の少なさから、なかなか自動車メーカーが手を出さない状況。ジルはそんななか、シャシーメーカーと同時進行で開発されたモーターホームであり、走行テストなども行われて登場した。

シャシー自体はダイナトラックであるが、内容的にはキャンピングカー専用に用意されたもので、このモデルが各キャンピングカービルダーに供給される段になってカムロードという名称が与えられている。主な変更点は足回り、ボディサイズに対応するトレッド幅などである。

Zilダイナベース2

室内レイアウトは右側ソファで、現在のジルに続くバンテックのオリジナル。ボディサイズアップとなった現行でもこのレイアウトが続いているだけあり、まさにド定番中の定番だ。ちなみに当時はこういったシート生地が、世界的にはやっていたのが懐かしい。

実際に走った感じでは、標準幅とワイドトレッドでコーナーリングの安定性というか、ボディの傾きに差が出ていたのが印象的ではあった。

Zilダイナベース3

ジル以前の各社キャブコンのバンクベッドは折り畳み式が多かったが、ジルではスライド量を確保したことにより大人3名が寝られるサイズになったのが驚異的だった。フロアの長いソファをベッド状態にセットし、掘りごたつ状態にしておけばそれだけで家族で普通に就寝できるくらいだ。

Zilダイナベース4

トイレ&シャワールームに大型バゲッジドアを付け、雨の日の濡れモノ収納が楽になった。流石にこの辺りは、欧州のライモから各種パーツを直接輸入販売しているバンテックならではの装備であり面目躍如といったところ。

こうしてみてみると、装備や大きさレイアウトなど今の国産モデルのほとんどにそのコンセプトが引き継がれているのが分かり、この時から本当の国産キャブコン定番モデルが確立したのだと理解できる。 

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第18回】暑い夏を乗り切るために取り外しできるベンチレーター(2016年7月29日)


いよいよ梅雨が明けた。今年の夏は例年以上に暑い夏だと予想されている。キャンピングカーは好きな場所に行けるから、暑いところを避けて高原のキャンプ場などへ行けば涼しく過ごせるのがいいところ。

だけど、高原へ行く途中や、道の駅での車中泊など、いつも涼しい場所で宿泊できるとは限らない。そこで重要になってくるのが車内の換気だ。

車内の熱気は上部にたまるので、ファン付きのルーフベントを装備していると素早く換気できるが、ルーフベントは装備していてもファンが付いていない場合や、ベンチレーターが取り付けできない車の換気に便利なのが、取り外し可能のベンチレーターだ。

フィアマ ターボキットは、5枚羽根の大型ファンを内蔵していて、上下に伸び縮みするステーを使って取り付ける。幅36cmから48cmまで調整が可能で、ルーフにぶら下げて設置したり、横置きにして使うこともできる。

ファンのスピードは2段階で調整可能。電源は乾電池(単一×8本・別売)を使うか、車のアクセサリーソケットから取る。接続するケーブルは同梱される。

またベンチレーターの使い方の基本は排気で、車内にたまった熱い空気を外に追い出すときには、排気場所以外にも窓を開けておくことがポイント。空気の入り口を作ることで流れを作り、車内でも快適に過ごすことができる。となると、ウインドウを開けっ放しにするのでとくに夏場は虫が気になる。

というわけで、カムロード用のレーザーシェード(#075022)や、ハイエース用のキャンピングカーサッシ(#074017-A)などを合わせて使うようにして暑い夏を乗り切ろう。

キャンピングカーパーツ ベンチレーション フィアマ ターボキット

ベンチレーション
♯034086 フィアマ ターボキット
サイズ:31×36×10cm
価格:11,232円(税込)

キャンピングカーパーツ カムロード用レーザーシェード

レーザーシェード
#075022 カムロード 1台分(フロント2枚)
15,120円(税込)

キャンピングカーパーツ ハイエース用レーザーシェード

キャンピングカーサッシ
#074017-A ハイエース200系 A1枚
10,800円(税込)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第17回】トレーラーブームに乗り超軽量モデル「サンスター」投入(2016年7月22日)


サンスターが登場したのは’97年。それ以前のトレーラーと言えば、普通免許でけん引できるモデルが主流、というよりほぼそれしか存在していなかった。当時はトレーラーの車検登録が非常に曖昧で難しかったことも原因のひとつだ。

筆者はこの頃、トーイング普及会という至極個人的な集団を業界内に立ち上げ、自分のトレーラーを何にしようかじっくり時間をかけ選定中の時期であった。

サンスター登場の少し前あたりから、ウッドランド社がバーストナー、アルク社がエクセルというモデルを正規代理店契約を取り付け、廉価な普及版を大量投入してきた時期であり、そこへバンテックも正規輸入でサンスターを導入。それまでのテントトレーラーやフォールディングタイプ、国産モデルまで多種多様の選択肢でいっぱい。

結局当時ドイツの本社とも付き合いがあり、自分のわがままで日本にサンプルを入れてもらったハイマー社の超小型トレーラーを購入したのだが、正直言えば相当サンスターは購入時に迷ったモデル。その理由は、通常のセダンのような小型乗用車で、当たり前にけん引できるのが正しい楽しみ方だろうと個人的に感じていたから。そうしないと法律遵守が大変だったのだ。

バンテック キャンピングトレーラー サンスター 内装

サンスターは写真を見ての通りでフル装備なのに車両が軽いことが魅力。キッチン、3ウェイ冷蔵庫、カセットトイレ、暖房、それらがフル装備で付いていて余裕の室内空間なのだから。当時自分には子供ができた時期でもあり、そのスペースの優位性が素敵に見えたのだ。

正直言えば、軽さは壁面材などの厚みが薄いタイプであったり超軽量で多少華奢な家具類だったりもしたのだが、欧州的にこの頃からグッと変わり始めた室内レイアウトデザインには新しさを感じたものである。

また、頭の中では小型乗用車でのけん引しか考えていなかったこともあり、ブレーキは電磁タイプではなく機械式慣性タイプが小型モデルにむいているであろうことも、後々のメンテナンスのしやすさやコストパフォーマンスが優れいていることも大体理解していた。

現在ではキャンプといえば誰もついて来てくれない一人旅、そういう意味では乗用車より小さくフル装備のモデルで何処へでも気兼ねなく引っ張っていけるのが有り難いと思っているのだが、やはりトイレが常設で装備されているモデルへの憧れは止まないでいる。

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第16回】車内でAC100Vを使うためインバーターを装備しよう(2016年7月15日)


家庭用の電気製品を車の中で使うとき、たとえば、車内で携帯電話の充電をするときにはインバーターが必要だ。車のバッテリーで使われているDC12VからAC100Vへ変換するのがインバーターの役割。

このインバーター、使う電気製品の消費電力に応じてその容量を選ぶ。キャンピングカーパーツセンターでは125Wから3000Wまで幅広く取り扱っていて、携帯電話やパソコン用ならばアクセサリーソケットに接続する125Wのインバーターでもいいが、消費電力の大きな家電製品を使うならば大容量タイプを選ぶ。

キャンピングカーに装備されているのは1500Wが多く、いってみればスタンダードな容量。1500Wあればドライヤーや電子レンジも動かすことができ、たいていの家電製品に対応が可能だ。

またインバーターには、サイン波(正弦波)と疑似サイン波タイプの2種類があって、価格が安いのは疑似サイン波タイプ。

しかし、疑似サイン波の場合だと、パソコンなどのデジタル機器が正常に動かない場合や、蛍光灯のコイルの温度の上がり過ぎたり、電気毛布が使えないことなどがあるので、正弦波のインバーターがお薦め。

また1500W程度のインバーターを使う場合、ただ単純にインバーターを装備すればいいだけではない。サブバッテリーの増設、またサブバッテリーの充電器など周辺機器も必要になってくる。

インバーターの容量が大きくなれば筐体のサイズも合わせて大きくなり、放熱対策も必要なので取り付け場所にも気を使う。インバーターさえあればすぐに電子レンジが使えるようになるわけではないので注意しよう。

FI-S1503Aインバーター1500W

サイン波インバーター
♯192115 FI-S1503Aインバーター1500W
価格:112,800円(税抜)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。