〜VANTECHが贈る最高級ライトキャブコンCyda(シーダ)の魅力 【リヤベッドスペース】〜


限られた空間の中で快適に過ごす。

このシーダは、限られた空間にバンテックが培った工夫が

随所に惜しみなく施されています。

 

シーダのリヤベッドスペースは、常設2段ベッドになっています。

ベッドサイズは、上下ともに最大で、長さ1840mm 幅700mm。

また、鮮やかな青で彩られたクッションを2個標準で装備。

 

下段のベッドは2面に窓がついていますので、採光性も良く

とても広く感じることができます。

 

↑上段ベッドLED照明

 

↑下段ベッドLED照明

 

上段下段ベッドともに、LED照明を設置。

光源の向きを変えることができるので、手元の明るさ調整が可能です。

 

そして、この下段ベッドは3分割になっており、上に跳ね上げる事で、

下の収納庫へ室内からアクセスすることができます。

また、荷物の大きさに合わせて3枚とも取り外すことも可能です。

 

上段ベッドにも下段ベッド同様、3分割式になっており、

脱着可能になっております。

背の高い荷物や使用しないときなどに取り外す事ができます。

 

そして枕元にはAC100Vコンセントを標準装備しています。

睡眠中に携帯電話やスマートフォンを充電刷ることが可能です。

 

リヤベッドスペースだけでも様々な工夫が施されているこのシーダ。

次回は、いよいよリビングスペースを紹介します。

 

ZiL生誕20周年アニバーサリーオプションパッケージ

 

VANTECH TV 

Cyda(シーダ) Promotion Movies

Cyda(シーダ) Information Movies

 

〜VANTECHが贈る最高級ライトキャブコンCyda(シーダ)の魅力 【バンクベッドスペース】〜


 

「明日」という時間を力いっぱい楽しむ為に、休息する時間は必要不可欠です。

 

このシーダは、有意義な価値ある時間を提供するツールとして、

就寝スペースにも徹底的にこだわっています。

 

このシーダには、運転席上部(バンクベッド)と

車両後方に常設ベッド(リヤ2段ベッド)を設けています。

今回はこの運転席上部にある【バンクベッドスペース】をご紹介致します。

 

シーダのバンクベッドは、「ライトキャブコン」というボディサイズにも

かかわらず、ZiLクラス同等の奥行き1830mm 幅1860mm(最大)の

スペースを確保しています。

そしてこのバングベッドは、就寝スペースとリビングスペースを仕切る

カーテンを標準装備。

このカーテンは、バンクベッドからの乗り降りが容易にできるように、

2分割式になっています。

 

そしてバンクベッドへの昇降するために、アルミ製のラダーを搭載しています。

このラダーは、リビングスペースをベッド展開しても干渉しないため、

就寝中でもそのまま設置しておくことが可能です。

 

そして何よりも就寝中の過ごしやすさを提供するために、

様々な工夫が施されています。

 

このバンクベッドは天井に近いので、断熱もこだわっています。

バンクベッドの天井には、独立気泡断熱材【エアロフレックス】を採用。

 

このエアロフレックスは品質・安全性で、最高の評価を得た

高品質断熱材の世界ブランド。

このエアロフレックスは、冷水・温水パイプ用に開発され、

独立気泡構造の軽い柔軟な特殊エラストマー(EPDM合成ゴム系)で

作られています。

また、エアロフレックス両面の表皮と独立気泡の特質が、

使用中の安定した熱伝導(K値)を導きます。
 

その他100V2連コンセントの設置や、就寝灯としてカーテンボックスの隙間に

暖色系のLEDを埋め込んだりとバンクベッドで快適に過ごして頂く為の工夫が

施されています。

 

 

 

ZiL生誕20周年アニバーサリーオプションパッケージ

 

VANTECH TV 

Cyda(シーダ) Promotion Movies

Cyda(シーダ) Information Movies

〜VANTECHが贈る最高級ライトキャブコンCyda(シーダ)の魅力 【コンセプト】〜


自然の中でアウトドア・アクティビティを愉しむ。

普段の生活と違った「自然の中」で、より特別で贅沢な時間を味わう。

自然との向き合い方を感じながら、思い出のひとときを共創する。

 

その特別な時間をCyda(シーダ)というツールを使い、

日本ならでは【自然の中で遊びをデザイン】という

新しいグランピングのカタチを提案します。

 

 

Cyda【シーダ】とは

ロンドンの西方に位置する広大な自然に囲まれたウェールズ国。

その自然が生み出す豊富な地下資源によって、

人々の産業革命や文化を支えていました。

古代ローマ時代から永きに渡り、自然と人々が共存するウェールズ。

「Cyda 」とは、そのウェールズの言葉で、「~とともに」。

自然と人が共存する時、いつも一緒にいる「クルマ」でありたい。

そんな願いを込めています。

 

Cyda が生み出す贅沢。

それは自然という非常にシンプルな時間の流れで味わう「一瞬」。

このロゴは全体的に「シンプル」イメージさせるデザインになっています。

そして、左側に位置する正方形は、「自然」という

ゆっくりとした時間の流れを表す「四季」。

そしてその「四季」の中に、ひときわ目立つ、ひとつの青い正方形。

この青い正方形が、Cyda が生み出す「一瞬」という贅沢を表現しています。

 

右下のAlong with the four seasons. は、直訳すると「四季と一緒に」。 

四季が織りなす花鳥風月をCyda と共に優雅に愉しむ。

そんな意味も込めています。

 

ZiL生誕20周年アニバーサリーオプションパッケージ

 

VANTECH TV 

Cyda(シーダ) Promotion Movies

Cyda(シーダ) Information Movies

 

〜東京キャンピングカーショー2018 ありがとうございました〜


7月21日~22日に東京ビックサイト東7・8で開催された東京キャンピングカーショー2018。

今年も沢山のお客様にご来場頂き、誠にありがとうございました。。

また、せっかくご来場頂いたにもかかわらず、スタッフ不足やブース内の混雑によって

しっかりとご案内することができなかったお客様には、大変失礼を致しました。 

 

また、今回東京キャンピングカーショー出展にあたり多大なご協力を頂いた関係者の皆様。

皆様のお力添えにより大盛況のもと展示会を終えることができました。

心より感謝申し上げます。

 

 

そして今回もイベント開催中に行っておりました成約特典企画を、

【東京キャンピングカーショー2018アンコールイベント】と題し、

「バンテック埼玉」、「バンテック厚木」、「RVランド」の3社で

本日7月23日〜8月5日の期間限定で行います。

 

 

特に、ジルとシーダをご検討いただいているお客様には、

ジル20周年特別企画も開催しておりますので、

ぜひこの機会にご検討いただければ幸いです。

 

〜ZiL生誕20周年を記念して、ZiLとCydaにアニバーサリーパッケージを追加 〜


確かな技術力とデザインでキャブコンの代名詞となり、

Japan style cab conversion としてトップシェアを君臨し続けてきたZiL(ジル)。

20年という月日の中で常に進化を続け、キャンピングカーというカテゴリーに

新たな楽しみを提案し続けてきました。

 

今回、発売開始から20年を記念して、ZiLとZiLのDNAを受け継ぐライトキャブコン

「Cyda」(シーダ)を対象に、豪華オプション装備を「20万円」で

「ZiL 20th Anniversary option package」を期間限定でご用意しました。

 

【ZiL 20th anniversary package】

・20thオリジナルデザインボディストライプ

・フロントエアロバンパー&サイドフェンダー ¥108,000(税別)

・400W ソーラーパネル&充電器 ¥464,000(税別)

合計 ¥572,000(税別) → ¥200,000(税別)

 

【Cyda 20th anniversary package】

・20thオリジナルデザインボディストライプ

・セパレートルームエアコン ¥200,000(税別)

・FFヒーター  ¥202,000(税別)

・トリプルサブバッテリー ¥75,000(税別)

・1500Wサイン波インバーター ¥146,000(税別)

合計 ¥623,000(税別) → ¥200,000(税別)

 

販売期間: 2018年7月15日~2018年9月30日

 

アニバーサリーパッケージの詳細につきましては、

お近くのバンテック販売店へお問い合わせください。

〜東京キャンピングカーショー2018 着々と〜


東京キャンピングカーショー2018も来週に迫り、

展示車両を1台づつ洗車しております。

 

 

快晴なので、洗車日和と言いたいところですが、

気象庁の発表によると、本日の埼玉県所沢市の最高気温は

14時08分にマークした34.7℃。

 

この3連休でお出かけを予定している皆様、

全国的にかなり暑くなるという予報が出ております。

 

お出かけするのにお天気が良いのは何よりですが、

熱中症にならないように気をつけてください。

 

そして、高温よって発生するトラブルなどもありますので、

旅の前の運行前点検は、いつも以上に入念にお願いいたします。

〜東京キャンピングカーショー2018 バンテックブースデザインが決定〜


7月21日〜22日に東京ビックビックサイト東7・8で行われる

「東京キャンピングカーショー2018」

 

いよいよ来週末に迫った東京キャンピングカーショー2018の

バンテックブースを、一挙公開します。

今年のジャパンキャンピングショー同様、清楚かつ壮大をイメージさせる

デザインにしています。

 

バンテック世界観へお客様をもてなす想いを込めて、メインゲートを設置しました。

このメインゲートの側面には、520のエントランスミラーを彷彿させる

鏡を取り付けています。

そして足元には、バンテックカラーの4色を設置し、「四季」という

バンテックブランドを表現しています。

 

後方の壁には、8K対応の200インチLEDモニターを設置。

迫力ある映像をお届けします。

また、商談スペースは、お客様とゆっくりお話ができるように、清楚で

落ち着きがあるデザインしました。

 

ご来場されたすべてのお客様が、帰り道までワクワクする。

そんなバンテックブースを目指します。

 

是非、皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

〜すべてのお客様に「快適で安全」を。〜


私達バンテックは、すべてのお客様に「快適で安全」をお届けするために、

様々な取り組みを行っています。

その取り組みの一つとして全国5ヶ所に開設している「VSS」。

 

この「VSS」というのは、「VANTECH Service Spot」の頭文字で、

バンテックの車両メンテナンスサービスを受けることができる店舗です。

 

基本的にベース車となるエンジンやシャーシは、

各自動車メーカーのディーラーで整備することが可能ですが、

架装部分については、購入したキャンピングカーメーカーに

直接持ち込み、修理をお願いしなければなりません。

購入した場所が遠方である場合、修理や定期的なメンテナンスも難しい状況です。

 

そこで、キャンピングカーを知り尽くしたバンテックサービスプロショップ「VSS」を

全国各地に設置し、メンテナンスや修理をする事ができる独自のネットワークを展開しています。

 

2018年7月5日には、新たに北海道十勝エリアにVSS北海道帯広をオープン。

北海道でバンテックの車を使っている人たちへも「快適で安全」をご提供して参ります。

 

すべてのお客様に「快適で安全」を。

そして、最高の思い出づくりを。

 

それが私達バンテックの思いです。

VSS山形村山

 

VSS北海道帯広

~北海道の旅をサポートするVSS(バンテックサービススポット)が十勝エリアに誕生~


2018年7月5日、北海道帯広に全国で6番目になる

VANTECH Service Spot(バンテックサービススポット)がオープン。

道南、道東方面のお客様はもちろん、キャンピングカーの聖地北海道の

くるま旅を支える拠点になります。

 

 

帯広といえば、先日キャンピングカーショーが行われた

「ばんえい十勝帯広競馬場」や縁起のよい駅名の入場券や

乗車券を求めるブームの嚆矢となった駅「幸福駅」。

食べ物といえば、六花亭や柳月などお菓子屋さんが有名ですね。

 

 

また、帯広はモータースポーツファンにとっても、有名です。

1993年に十勝スピードウェイがオープンし、2004年には国内最高峰の

ツーリングカーレース「全日本GT選手権開催」も開催されました。

また、ヨーロッパで行われている「世界ラリー選手権」(WRC)が 

日本で初めて開催されていた事でも有名です。

 

キャンプや旅だけではなく、モータースポーツ観戦にも使える

バンテックのキャンピングカー。

VSS北海道帯広を拠点にして、まだ見たことがない北海道の旅を

楽しんでいただければ幸いです。

キャンピングカースタイルに私達バンテックが紹介されました。


国内TOPのキャンピングカー情報WEBサイト「キャンピングカースタイル」に

私達バンテックが紹介されました。

 

バンテックの車は、様々な媒体で紹介させていただいておりますが、

今回は「車」ではなく、「人」にフォーカスしています。

バンテックを選んで頂いたすべてのお客様がご満足して頂けるよう、

企画からデザイン、生産、販売、アフターフォローまで、

それぞれの部署がそれぞれの思いを持って、働いている・・・

 

そんなバンテックの「人」を、垣間見ていただければ幸いです。

https://camping-cars.jp