VANTECH電装システム メインスイッチ&チャージエラーランプ


前回までは、大容量サブバッテリーシステムと

その電気を効率よく運用するためのシステムを紹介しました。

 

それでも、限定された環境下で、電力を使わなければならないので、

そのためにも家庭以上の節電をしなければなりません。

 

そこで私達バンテックの車両は、架装部分の主電源となるメインスイッチの

レイアウトにも拘っております。

 

車を運転しているとき、室内でくつろいでいるとき、また外で遊んでいるときにでも

簡単に操作ができるよう、運転席と室内の2箇所にメインスイッチを設置しています。

 

特に室内のスイッチは、車外からでも簡単に操作ができるように、

エントランスドア付近の低い位置に設置しています。

 

これは、外から靴を脱がなくても簡単に手が届き、かつ簡単に操作ができることで、

いつでも「節電」ができる仕組みになっております。

 

 

さらに、運転席側のメインスイッチには、チャージエラーランプを設置しています。

サブバッテリー充電回路になんらかのおかしな状態に至った時、

素早く気づくことができるようになっています。

 

このように、VANTECHの電装システムは、その仕組みだけではなく、

使いやすさも徹底的に追求した電装システムとなっております。

VANTECH電装システム アクティブチャージライン


前回は、どのようなシチュエーションでも快適に使っていただくように、

100Ahのバッテリーを並列で3個接続する「トリプルサブバッテリー」という

大容量のバッテリーを搭載しているというお話をさせていただきました。

 

今回は、この大容量バッテリーをどのように効率よく運用していくか?

というお話をさせていただきます。

 

一般的なキャンピングカーの場合、サブバッテリーへの充電はメインバッテリーと

リレー等を介してエンジンのオンオフで接続・解除をして

充電ができるようになっています。その場合使われるのがたいてい5.5sq(スケア)。

 

では、なぜ5.5sqなのでしょうか?

それは一般的なヒューズが電流量で30Aまでだからです。

 

30Aを最大電流量とする場合ですと、3.5sqで問題ありませんが、

通常安全率で倍を用意したいので、50A対応の5.5sqを採用しているというわけです。

 

ところが私達バンテックの車両は、300Ahほどの強大なサブバッテリーです。

この強大なバッテリーを効率よく充電させるために、

電流のロスを少なくしなければなりません。

 

バッテリーの電気容量が減っている状態で走行充電すると、

オルタネーターから最大で100Aという、とてつもない電流が流れます。

 

となると許容量が50Aのケーブルでは到底流しきることができず、

結果的に送られてきた電流をたくさん無駄にしてしまいます。

 

そこで私達が用意したのは20sqのケーブル。

145Aほどの電流※1に耐えられるものを採用しています。

※1 室温20℃時

 

このケーブルによって、エンジンのオルタネーターから発電された電気を

無駄なくバッテリーに流し、効率よく充電をする仕組みになっているのです。

 

↑現行型ジル520のサブバッテリーシステム

 

さて、まだまだ沢山のギミックがあるVANTECH電装システム。

次回もこの電装システムについて、お話できればと思います。

 

VANTECHの電装システム サブバッテリーシステム


私達バンテックでは、どのようなシチュエーションにおいても

安全で快適に使って頂く為に、電装システムも様々な工夫を施しています。

 

まず、キャンピングカーの装備は様々なものがありますが、

その中で特に重要な部品で乗用車に無いものといえば、

「サブバッテリー」です。

 

自動車のメインバッテリーと異なり、架装部分の設備を動かす

キャンピングカーにとって要となる設備用バッテリーです。

 

私達バンテックがリリースするキャブコンの多くは、

大容量の100Ah※1サブバッテリーを3個並列して接続させ、

バッテリーの容量としても、かなり充実しています。

※Ah アンペアアワー 電池の放電容量の単位

 

採用しているバッテリーは、充放電がきちんとできるよう

十分テストした上で、専用設計している

VANTECHオリジナルのディープサイクルバッテリー※2で、

ほぼメンテナンスフリーで、その大容量の電力を利用できるようになっています。

※2 ディープサイクルバッテリー 繰り返し放電、充電が可能なバッテリー

 

単純に考えて、これだけの容量があると週末に家族でオートキャンプ場に出かけ、

電気が足りなくなることは通常起こらないだろうと思われるサイズです。

(使用開始が満充電になっているという条件です。)

 

 

ではなぜ、そんな大容量のバッテリーが必要になったのでしょうか?

 

オートキャンプ場でキャンプをするという使い方だけではなく、

様々なシチュエーションにおいて、どんな場所でも快適に過ごす

「ツール」としてお客様に使って頂きたいと想いの中、

全国でも30℃以上が当たり前になる程に暑くなってきており、

湿気の多い夏が当たり前になってきている近年、

車内にエアコンを装備しないとお客様に快適な環境を提供することができません。

例えば、エンジンを止めている時、家庭用のルームエアコンを装備し

それに対処しようとすると、外部からの電力がない場所では、

バッテリーの電力をインバーターで変換し使うしか無いため、

どうしてもバッテリーの容量が必要になってきます。

 

ほとんどの場合、キャンプ場も車中泊場も発電機を禁止している場所が多く、

禁止されていない場所でも、周りの人に迷惑がかかるため、

なかなか気が引けて発電機を使うことができないというのが現状です。

 

結果としてサブバッテリーの電力に頼ることになることが多いので、

大容量のバッテリー「トリプルサブバッテリー」というスタイルになってきました。

 

重量的にはトリプルサブバッテリーだけで大人1人分に相当してしまいますが、

そこから供給される電力でルームエアコンはおおよそ4時間程度動かせます。

これなら、就寝時の寝苦しさを十分回避できる能力です。

さらに、設定温度を上げたりしてうまく利用することで、

もっと少ない消費電力で使用することが可能です。

 

お客様に快適なキャンピングカー生活を提供する上で、

VANTECHの経験と技術を駆使した電装システムについて、

ご説明していこうと思います。

九州熊本展示会 !!


                                              5月19日土曜日より3日間、熊本で展示会です!!

 

  本日19日金曜日より3日間、九州熊本グランメッセにて展示会を開催しています。希少な限定車も展示していますので、是非見に来てください。何処を探しても無い車?早いもの勝ちです。お待ちとていまーす!!

お出かけ前に !!


                                               お出かけ前にチェックは大丈夫ですか !!

 

いよいよゴールデンウィークに突入ですが、お出かけ前のチェックは大丈夫ですか? タイヤの空気圧やバッテリーのチェックは欠かせないですね。旅先で困らない為にも、お出かけ前の点検は是非実施して下さい。安全第一です!!                                                     すげー !!  ペヤングタワー

 

東名高速/下り/足柄サービスエリアにあります、ペヤングタワーです!! 高いでしょー !! よくぞここまで積み上げたなと思いますが、この後が面白いんですね~ しばらく見上げていると、通る人がペヤングタワーに触っていきます。そう、これ中身入っているかなーの疑問に、好奇心旺盛の人はプニプニと手で触っていきます。ちなみに私も気になりましたので触りましたが、ちゃんと中身は入っていました。何日分になるんですかねー、下の方は両面テープで貼り付けていましたが、そりゃそうだと思いました。気になる方は、東名下り/足柄SAで御覧下さい。お腹イッパイになります。😁

北海道キャンピングカーフェスティバルの開催です!!


 本日3月31日(土曜日)〜4月1日(日曜日) 2間間北海道キャンピングカーフェスティバルの開催です!!

 

3月28日より茨城県大洗港よりフェリーに乗り、北海道へやって来ましたが、やはり寒いですね!! 関東では桜が咲き世間は花見だとテレビでは報道されていますが、ゆっくりと見る間も無く北海道へやってきました!! 今回の展示車は、話題のV670 / ZIL520  / ZIL / ZILノーブル / コルドリーブス / シーダ / ルネッタ の7台です。天気も良いと思いますので、是非!!見に来て下さい心よりお待ちしています。

名古屋ポートメッセ展示会 


                        本日、3月24日(土曜日)〜25日(日曜日)の2日間、名古屋で展示会です  !!

 本日より2日間の展示会ですが、天気にも恵まれ、気温上昇と共に大くのお客様が来場される見込みです。今回の展示車は9台、ZIL520/ZIL/ZILノーブル/コルドランディ/コルドリーブス/シーダ/ZIL480スキップ/ルネッタ/V670と数多くの展示車を用意しています。皆さん、是非!! 名古屋に来て下さい。お待ちしていまーす!!

3月の嵐


            綺麗な虹が、これからを予感する兆し、、、、?

 

3月は、各地方で毎週大きな展示会が開催されますが、これからを予感させる良い兆しなのか、綺麗な虹が出ています。良いことが有れば良いなと思っていましたが、この後予期せね展開がまっていました。今まで一番辛い旅の始まりです!!  

 

                          雪で前が見えなくなる事もしばしば、、、、誰か、、助けて!!

 

東北道をひた走り、青森目指し走っていましたが、予想がつかない程の強風が雪を巻き上げ、目の前がホワイトアウト状態に、、、映画やテレビでは見たことは有りましたが、実際に自分が遭遇すると、死んでもおかしくないかなと思える程でした。強風が吹くとフロントガラスから先は見えませんでした。後続車が来ないかとヒヤヒヤで、右も左も方向が解らなくなります。

 

                              ZILも真っ白に、、、!!

 

東北道を走行中、強風の為、通行止めになり高速を降ろされます、、、目的地まで6時間余り下道を走り、山道を2つ超えやっとの思いで目的地に着きましたが、着いた時は疲れ果ててしまい肩はパンパンでした。3月の嵐はとても厳しい旅の始まりでしたね〜!!来年は電車で行こうかな〜って、つい考えましたが、何が起こるのか解らない、、、、これも経験の一つですかねー!!

幕張展示会の舞台裏


 

            いよいよ日本最大の展示会、幕張に向けて出発です  !!

 

2018年度の展示会が、幕張を皮切りにスタートします。朝早く大勢のスタッフがバンテック本社に集まり、10数台の展示車両に乗り込み、幕張を目指して出発します。朝が早く、夜明けと共に出発となりましたが、朝の弱いスタッフには少々辛いですかね〜

 

 

 

                                      V670のデビューです  !!

 

展示会当日の朝ギリギリで間に合いました。降りしきる雨の中、V670を初めて見るスタッフが多数おりましたが、間に合って良かった〜!! と一安心しました。スタッフの色々な思いが詰め込まれているV670ですが、不眠不休で作業して頂いたスタッフには、頭が下がります。ご苦労様でした。

 

                  V670には長者の列となっていました!!

 

新しいクルマに、大変多くのお客様が興味を示してくれました。車両の内装等、まだ未完成の部分も有りましたが、ここ幕張を初めこれから全国無各地の展示会場へ参ります。V670を一言で表すなら、スタイリッシュでカッコイイですかね〜 興味のある方は是非一度ご覧下さい。心よりお待ちしています!!

 

2018年 スタートです!!


                                    バンテック本社にて、初売りスタートです!!

 

新年あけましておめでとうございます!!

皆様、お元気にお過ごしでしょうか。2018年が、いよいよスタートしましたが、今年はどんな年になりますかねーとても楽しみです。バンテック本社では、初売りがスタートしましたが、朝からお土産持参で御来店されるお客様がいます。いつも美味しいお土産ありがとうございます。今年もしっかりと体重が増えそうですね〜!! 今年は雪が多いせいか、キャンピングカーの屋根には、雪がびっしりと積もっています。運転には気お付けて下さいね〜 早速ですが、2018年1番目の展示会が靜岡県からスタートします。期日は1/20土曜日.1/21日曜日の2日間で、場所はふじさんめっせ大展示場/東名高速/富士ICより約10分の所にあります。小学生以下無料になっていますので、家族連れで皆さんお越し下さい。心よりお待ちしていま〜す。

                  おしるこです!!  美味しそーです!!

 

毎年、恒例らしいですが、店長が作る特製おしるこです。見ているだけで、口の中が甘〜くなりますが、1/6土曜日〜8月曜日まで、限定で用意してお待ちしています。食べてみたいという方は、是非!! 埼玉店へ、無くなったらごめんなさいね〜!!