【キャンピングカーコラム バックナンバー第80回】タンク内の水位を確認するセンサーとメーターの組み合わせ(2017年10月6日)


水タンク内にどれだけ水が残っているのか? いちいちタンク内を覗いて水の量を確認するのは面倒だ。タンクも透明ではないので、外側から見ても水の量はよく分からない。今回紹介するのはそんなタンク内の水の量を把握するためのウォーターゲージセンサーとウォーターゲージメーターだ。

 まずウォーターゲージセンサーだが、こちらは水タンクの中に設置するもの。タンクの上部に50㎜φの穴を開けてセンサーを入れ、5本のビスで固定する。ビスとパッキンは付属している。

 本体は250㎜で長さの調整はできないので注意。タンクの深さが250㎜以上ないと取り付けできないし、あまり深いタンクでは正確な計測ができないということになる。

 本体には水位によって上下するセンサーが付いていて水の量を感知。ウォーターゲージメーターへ、その水位情報を伝える。

キャンピングカーパーツセンター ♯131027 ウォーターゲージセンサーJFW-03

水タンク周辺部品
♯131027 ウォーターゲージセンサーJFW-03
価格:6,480円(税込)

 

キャンピングカーパーツセンター ♯131026 ウォーターゲージメーターJMP-03

ウォーターゲージメーターはタンクから離れた場所に固定して、水の量を確認することができる電気式のメーターだ。ウォーターゲージセンサーJFW-03とセットで使う。

 本体からは4本のコードが伸びていて、2本はセンサーに接続。もう2本は電源ラインにつなぐ。また、電源がDC24Vの場合は、付属の調整用セメント抵抗を使用すれば対応できる。

 センサーをタンクに組み付ける前にあらかじめセンサーとメーターとを接続して、正しく表示されるように確認しておくといいだろう。表示は0、1/2、4/4とあり、その数字の間をセンサーからの情報に合わせて目盛りが上下する。

キャンピングカーパーツセンター ♯131026 ウォーターゲージメーターJMP-03

水タンク周辺部品
♯131026 ウォーターゲージメーターJMP-03
価格:7,560円(税込)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第79回】サブバッテリーの重要性を突っ込んで考える。その1(2017年9月29日)


キャンピングカーの装備は様々なものがあるが、その中で特に重要な位置を占めていて乗用車にはまずない筆頭のものといえば、サブバッテリーがそれにあたると言えそうだ。日本におけるキャンピングカーのキャンプ場や旅での利用方法、環境の状況から、その存在価値は近年ますます高まってきている。

そんなこともあり、バンテックがリリースするキャブコンの多くは、大容量の100Ahサブバッテリーを3個並列接続するなど、かなりの充実度が見て取れる。もちろん、充放電がきちんとできるよう十分テストされたシステムで、ほぼメンテナンスフリーでその大容量の電力を利用できるようになっている。

単純に考えて、これだけの容量があると週末に家族でキャンプに出かけ、電気が足りなくなることは通常起こらないだろうと思われるサイズ。もちろんそれは、使用開始が満充電になっているという条件においてである。

そんな大容量を必要としたのは、何しろやたらに暑くなって湿気の多い夏が日本で当たり前に観測されるようになったから。避暑地に行っても暑いくらいなので、エアコンを装備しないと快適な環境を作れなくなってしまったから。

そのためエンジンを止めている時、家庭用のセパレートタイプのルームエアコンを装備しそれに対処しようとすると、外部電力や発電機があるならいざ知らず、バッテリーの電力をインバーターで変換し使うしかなく、どうしてもサブバッテリーが大きくなってしまうのだ。

日本の環境では、ほとんどの場合発電機を回して駐車するなどはできないし、キャンプ場でも外部からの電源が取れないところも多い。結果としてサブバッテリーの電力に頼ることになることが多いので、3本積みというスタイルになってきた経緯がある。

重量的にはサブバッテリーだけで大人1人分に相当してしまうが、そこから発生する電力でルームエアコンはおおよそ4時間程度動かせる。これなら、就寝時の寝苦しさを十分回避できる能力だし、うまく利用するともっと少ない消費電力で運用できるはずだ。

さて快適なキャンプ生活に大事なそんなサブバッテリーの話を、この後バンテック製キャブコンを素材に何回かに分けて説明していこうと思う。

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第78回】クロームメッキで高級感のあるシングルタイプのフォーセット(2017年9月22日)


フォーセットは大きく分けて、シングルと混合栓の2タイプに分かれる。水だけならシングル、水とお湯の両方を使うならば混合栓といった具合。今回紹介するのはシングルタイプ。ちなみにフォーセット(faucet)は英語で蛇口のこと。

 シングルのなかでも水の出方がシャワーやストレートなどあり、両方を切り替えることのできるタイプもある。高さや形状、レバー操作の違いがあり、取り付け場所やシンクの大きさなどに合わせて選びたい。

 「シングルフォーセットstyle2005」は、高さ230㎜、クロームメッキされていて高級感のあるフォーセットだ。マイクロスイッチを内蔵していて、右側にあるツマミを動かすことで水ポンプのオンオフができる。フォーセット部分は上下に可動するので使わないときは下側に向けて折りたためるので邪魔にならない。

 フォーセット本体の下部から出ている白いコネクター部分にポンプのホースを接続。高圧の圧力式ポンプには向いていないので、水中ポンプ(インナーポンプ)を使う。

 フォーセットからの電源コードは2本出ていて、1本は水中ポンプ、もう1本はバッテリー側と接続する。

 水中ピンプからも2本の電源コードが出ていて、1本はフォーセット、そしてもう1本はバッテリー側とつなぐ。

 取り付け場所に20㎜の穴をあけて上からフォーセット本体を差し込み、下から付属の白いプラスチックナットを締め込んで固定。取り付け場所の厚みは20㎜程度まで対応する。

 お薦めの水中ポンプは、「♯62020 水中ポンプホワイト径45㎜ 2,160円」など、シンクは「♯70135 ステンレスシンクカバー付き排水栓付(420×370×145㎜)28,080円」が薦めだ。このシンクのフォーセット取り付け用穴は自分で開けることが必要となる。

キャンピングカーパーツ フォーセット・シャワー ♯630457 シングルフォーセットstyle2005

フォーセット・シャワー 
♯630457 シングルフォーセットstyle2005
価格:5,184円(税込)
開口穴:20㎜

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第77回】キャンピングカーの使い勝手を向上させるセキュリティ集中ドアロック(2017年9月15日)


キャンピングカーをそれまで乗ったことがない人にとっては、鍵についてのキャンピングカーを取り巻く状況はさすがに知れ渡っていない。世の中に出回る多くのキャンピングカーは、乗用車では当たり前の集中ドアロックが付いていなかったり、外部バゲッジドアの鍵がそれぞれ違っていて、たくさんの鍵が必要になるなど様々なことがあり得るのだ。

それでは不便さがつのるので、バンテックのキャブコンではエントランスドアをセキュリティ集中ドアロックとし、最も開け閉めする可能性の多い部分で激的に使い勝手を高めている。

さて、そもそも乗用車には今や当たり前の集中ドアロックとは何かと言えば、乗降用のドア全部とトランクやリヤゲートのキーロックがリモコンで施錠開錠が行なえるというもの。さらに開錠していずれのドアも開けなかった場合、大抵30秒ほどで再度ドアロックが全てに施錠されるという仕組みになっている。便利であることは間違いない。

キャブコンにおいては、この場合トヨタ・カムロードを指すのだが、ベース車両のリモコンドアロックは乗用車同様のシステムが組み込まれる。いわゆるフロントシートの両側ドアがそれにあたる。

多くのユーザーはさらに便利に乗降したいと考え、エントランスドアにもリモコン開閉の、アクチュエーターと呼ばれるシステムなどをベース車両のロックに連動して動くよう組み込むことが多いのだが、これは単純に施錠開錠だけができるもので、ベース車両のドア開閉とは連動しないことがほとんど。

この時何が起こるかといえば、まずロックされているキャンピングカーがあったとしてそれをリモコンで開錠。エントランスドアから乗り込んでサッと用を済ませエントランスドアを閉めて降車する。ところがこの状態ではエントランスドアの開閉はベース車両のシステムでは開閉を認知していないので、大体30秒ほどでエントランスドアも含めロックされてしまう。この状態に陥ったとき車内にリモコンを忘れていると、インロックされ大変なことになってしまうというわけ。

そこでバンテックのキャブコンでは、エントランスドアの開閉もベース車両のフロントドア2枚同様開閉をシステムに認識させることにより、上記のようにロック解除した場合にエントランスドアからの乗降があったら自動でロックがかかることがないようになっているのだ。乗用車からみれば当たり前のシステムなのだが、ちょっと特殊なキャンピングカーのエントランスのロックシステムにとってはかなり導入には難しい部分があったりもするのである。

余談だが、2重ロックなどを持つエントランスドアが多く、その鍵の材質上の問題から鍵そのものの磨耗や破損が意外と起きやすいウィークポイントがあるのだが、これは何十年にもわたって改善されることがない。その理由は未だ不明ではあるが、現物の鍵ではなく安心してリモコンで施錠解錠できるということは、脆弱な鍵を曲げたり折ってしまったりというリスクを極力避けられるという点でも、バンテックが採用するセキュリティ集中ドアロックは有効な手段なのだ。

関連リンク:後悔しないキャンピングカー選び

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第76回】ミニバンにも装備できる省スペースなシンクセット(2017年9月8日)


車中泊は寝るだけでOKという人ならば、快適なフラットベッドがあればいい。ミニバンでも車中泊専用マットを使ったり、クッションなどを使ったりして、ベッドスペースの快適化ができる。そしてカーテンなどの目隠しがあれば車内はプライベート空間になる。

 そんな「寝るだけ車中泊」の人にさらにお薦めしたいのがシンクだ。ちょっと手を洗いたかったり、歯を磨いたりするためだけに車外へ出て洗面するのは面倒。キャブコンなどで使われているサイズの大きな本格的なものではなくて、小さなものでいい。

 そんな条件を満たしてくれるのが「ミニシンクセットステン」だ。角型のステンレスシンクに排水ホースと排水栓がセットになっているもので、実際に使うにあたってはこのほかに排水タンクが必要になる。

 さらに給水側の装備として「スイッチ付きフォーセット(#63003 3,120円)」、「インナーポンプ12V(#132004 2,484円)」、給水タンクなどがあるといいだろう。

 給水・排水タンクについては、キャンピングカーパーツセンターでは10Lから20Lまでのポータブルタンクがあるので、車のサイズや使用頻度を考えてサイズを選ぼう。

 実際に車内にシンクを装備するには、箱形に組んだ収納スペースの上板をくりぬいてシンクをセットし、下に給水・排水タンクを収納するのが一般的。

 軽自動車などでさらに省スペースが求められる場合は、「ミニミニシンクセットステン#141032 4536円)」を使うといいだろう。

 ちなみに、このミニシンクセットステンは、キャンピングカーパーツセンターでは車中泊用としてはもちろんのこと、移動販売車用としても注文が多いパーツである。

キャンピングカーパーツ シンク・コンロ ♯141008 ミニシンクセットステン

シンク・コンロ
♯141008 ミニシンクセットステン
価格:8,424円(税込)
サイズ:320×265×100㎜

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第75回】同乗者の安全を確保するリライアンスシート(2017年9月1日)


キャンピングカーといえど、基本は車。走行時は通常前向きに着座し、その全員がシートベルトをしていることが求められている。もちろんこの場合、前向きシートは3点式シートベルトが基本であり、国交省発表でも非着用時の致死率は着用時と比べ14.5倍となっているので重要な項目である。

バンテックが採用するリライアンスシートは、平成28年に施行された新安全基準をクリアしたシートフレームをすべての前向き座席に標準装備。ISOFIXではないがチャイルドシートの装着も可能で、乗る人を守るという取り組みが平成24年からなされている。

キャンピングカーの場合、着座するシートはベッド展開することも多く、この安全基準とどう折り合いをつけるかは設計段階でかなりの苦労が強いられるところ。

新基準ができた後、乗用車では運転席だけではなく助手席、リヤシートにもシートベルトリマインダーという警報装置を付けることが義務化されているが、キャンピングカーのカテゴリーにおいてはトラックやバス同様にフロントシートのみで保安基準を満たす。さらに、後ろ向きシートや横向きの場合はシートベルトの構成も2点式でよかったりする。

このおかげで、なんとかベッド展開を含めキャンピングカーらしいシート構成が可能になっている。何しろ“らしい”シートが使えないと、キャンピングカー最大の利点である快適な寝心地を実現することができないので、どこのメーカーも頭を悩ませていたのである。

また平成28年の警視庁とJAFの調べによると、フロントシートのシートベルト着用状況は一般道路・高速道路を問わず94%を超えているものの、後部座席での一般道路でのシートベルト着用率はわずか38%前後と非常に低い水準。

キャンピングカーは大事な家族を乗せ楽しい時間を一緒に共有するための道具なので、激しい運転をすることはないとしても、やはり後部座席でもきっちり3点式シートベルトをする習慣を家族全員で身に付けたいものである。

関連リンク:後悔しないキャンピングカー選び

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第74回】外部AC電源接続すると自動切り替えできるインバーター(2017年8月25日)


車のバッテリーは一部トラックなどをのぞいて電圧はDC12Vになっている。キャンピングカーの車内で使用するサブバッテリーも同様にDC12Vである。

 そのDC12VをAC100Vに変換して、車内でも家庭用電化製品を使えるようにするのがインバーターの役割だ。

 使用する電気製品のワット数によってインバーターの容量を選ぶことになり、消費電力が大きい電気製品を使うのならばインバーターも大容量タイプを選ぶことになる。

 車内で使うのがテレビくらいならば250W程度で十分だし、1500Wの容量があればドライヤーや電子レンジなども動かすことができてたいていの家電製品に対応する。

 1500Wインバーターというと以前「FI-S1503Aインバーター1500W(♯192115)」を紹介したことがあるが、今回紹介するのは転送スイッチ(リレー)付きのインバーターである。

 前述したとおり、DC12VをAC100Vに変換するのがインバーターの役目であるが、キャンプ場などで電源コードから車内に電気を供給する外部AC電源接続をしたときには、サブバッテリーからの電気ではなく、外部からのAC100Vを車内へ供給することになる。

 このときにサブバッテリーと外部AC電源との切り替えのための転送スイッチ(リレー)が必要で、今回紹介する「サイン波インバーターFI-SU1503C 12V1500W」にはその機能が内蔵されている。外部AC電源を接続すると自動で切り替わるので便利だ。

 また1500Wインバーターを装備して大きな電力を使うならば、サブバッテリーは最低でも2本積み以上必要になる。電気系統についてはトータルで考えることが重要だ。

※ちなみに以前紹介したインバーターにはコンタクタリレー110V-15A MUF10-4(♯181015 価格:4320円)などを使って、外部AC電源との切り替えをする。

キャンピングカーパーツ インバーター・コンバーター ♯192130 サイン波インバーターFI-SU1503C 12V1500W

インバーター・コンバーター
♯192130 サイン波インバーターFI-SU1503C 12V1500W
価格:139,212円(税込)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第73回】安全性と断熱性を兼ね備えるアクリル2重窓(2017年8月18日)


キャンピングカー、特にキャブコンバージョンのようにほぼ全体的に架装されているモデルでは、ガラスとアクリルの2タイプのウインドウが既製品として存在する。大雑把にみると、北米系モデルはガラスで欧州系がアクリルと分けられる。

それぞれの特徴は、ガラスは透明度の高さと平滑性の高さからくる見た目の歪みがないこと、素材としての長期にわたる不変性だ。アクリルはその素材が持つ強度の高さと割れた場合飛散しないこと、断熱性そのものがガラスよりも高いことである。

近年のモデルでは、ガラスでも一般家庭のような2重ガラスタイプが増え、断熱性が高いものも増えてきているが、フレームはアルミなどのままでありいまだ結露しやすいと言える。バンテックのキャブコンにおいては、ほぼ全てのモデルがアクリル2重窓を採用している。

 

これまで長い間一般的だったタイプは、アクリル板がもなか状に2重で貼り合わされていて、素材そのものの断熱性の高さだけでなく断熱層を設けることにより、さらに熱の伝わり方を防止しほとんど結露しないよう工夫されている。

現在人気があるのはウインドウが裏表逆になった様な構造で、外表面がボディ面とフラットな構成になるタイプ。それだけでだいぶ車がスタイリッシュに見える。

通常の利用において、室内外温度差による結露はほぼしないといっていいが、経年変化により2枚のアクリル成型板の接着が弱くなってしまったような場合、内側が湿気で曇ってしまうことがある。こうなってしまった場合はほとんど対応策がない。

アクリル2重窓の最大手というか、そのほとんどのシェアを持っているのがドメティック傘下のザイツという専業メーカーであり、エントランスドアなども手掛けている。安全性は十分考慮されていて、欧州の自動車用パーツの規格に合致しEマークが付いていて、これは乗車する車のウインドウとして利用できることを意味している。

現地説明を受けてみると、アクリルという素材のためその性能が問題なく発揮されるのは10年ほどで、それ以上の期間では紫外線の影響などにより多少の変形や白濁などが起こるという。

ただしメンテナンス方法もしっかり確立していて、それを行うかどうかでかなり差が出るとも。もちろん、バンテックではウインドウのメンテナンスというか研磨剤や補修パーツなども用意されているので、長い期間使用することは十分に可能だ。

アクリルウインドウは取り付けフレームがプラスチックで作られていることもあり、窓全体が外気による熱の伝わる影響を室内に出しにくい。さらに内側のフレームはケース内にロールシェードと網戸が内装され、ロールシェードは裏側がアルミシートの蒸着により赤外線の遮断を行ないより断熱性が高いものになっている。

さらに最近の傾向では、ロールではなくブラインドに見えるデザインのものが欧州では増えてきて、より断熱性と防音がしっかりとしてきている。構造は折りたたみ式の筒が繋がった状態で、そのシートもアルミを挟んだ多層構造で空気層を作り出すことによりそれを実現している。

このように、アクリル2重窓は今後も安全性と機能性の向上がまだまだ続けられる、キャンピングカーに適したパーツであると言えそうだ。

関連リンク:後悔しないキャンピングカー選び

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第72回】電圧低下をチェック!サブバッテリーを保護する(2017年8月11日)


サブバッテリーに外部AC電源などから充電するとき“過充電”にならないようにするためのパーツが前回紹介した「すぐれ者充電器」の役割。

 今回紹介するのは同じサブバッテリー関連でも“過放電”を防ぐための電源系パーツ「バッテリープロテクター12V40A用」だ。

 バッテリープロテクターはその名前の通りバッテリーを守るもので、鉛電池からの電力供給を制御する。バッテリーの電圧を検出して10.5Vまで下がると電力供給をオフしてサブバッテリーを守る。

 電圧低下してオフになった後は、再度充電がはじまって電圧が11.5V以上まで回復すると自動的にオンになってサブバッテリーからの電気が使えるようになる。

 ちなみに電圧が下がるときは、照明器具を使用中などには、明かりが数分間点滅した後に完全にオフになる。

 接続端子は①から⑧まであり、①②はバッテリープロテクター本体の作動スイッチに接続するもの。外部スイッチは必ずしも必要ではないが、車内の電気のメインスイッチとして使えるものでもあるので、取り付けておくと便利だ。

 外部スイッチとしては、「♯182023 LEDスイッチ アイスブルー(648円)」とともに「♯182024 スイッチパネル(648円)」がお薦め。

 ③はサブバッテリーのプラス端子に接続して、ここへの電圧が10.5V以下になると電力供給をオフにする仕組み。④はアース端子、サブバッテリーのマイナス端子に接続する。

 ⑤⑥は通常は使用しない予備端子。⑦は車内の電気製品に接続してからバッテリーのマイナス端子へ。⑧はサブバッテリーのプラス端子に接続する。

 バッテリープロテクターは12V対応商品のほかに24V用も用意している。「♯194004 バッテリープロテクター24V30A用(9,849円)

キャンピングカーパーツ ♯194005 バッテリープロテクター12V40A用

バッテリー・充電関連
♯194005 バッテリープロテクター12V40A用
価格:9,849円(税込)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第71回】Comfort & Safetyというボディの概念(2017年8月4日)


キャブコンのようにキャンピングシェルを架装するスタイルには、現在大きく分けて2つの工法が採用される。バンテック社の場合は、継ぎ目のない一体成型FRP製ボディを採用している。この工法による利点は、衝突時の衝撃を拡散し乗員への影響を最小限に抑えること。また弾力性に富み、素材とコア構造による断熱性の高さも考慮されている。

もう1つはパネル工法と呼ばれ、アルミやFRPの表面材と内装材の間を断熱材と骨格で埋めた、高剛性で歪みが出にくいパネルを天井や床、壁面に使用して組み立てる工法がある。安全性は乗車する車にとって最も大事なことだが、FRP一体成型のデメリットも記しておくと、その形状を作り出すためにはある程度の材料の使用量が必要であり、その分重量がかさむという点があると一般的には言われている。

ではなぜ一体成型を採用するのか? 見た目のデザインの自由度の高さや日本における雨水侵入に対して強いなどのメリットもいろいろあるのだが、ちょっと例え話がズレるかもしれないが説明してみよう。

飛行機の世界で超初期のまだなかなか地上から人の足が浮き上らなかった時代、リリエンタールという人が鳥の構造を真似た羽根によってかなりいいところまでいっていた。ほぼ滑空していたその機体ではあるが、形状は鳥同様1枚羽根。当時の素材のことも原因ではあるものの、強度を確保することがなかなかできず、滑空中に折れて崩壊することも多くケガを負うこともあったようである。

これは機械と同様な高剛性的な考えで作られ、飛ぶためには軽量化が絶対条件でギリギリまで重量=材料=強度が削られ、羽根の骨部に応力が集中してしまいそれに耐えられなくなってしまった結果だが、そういった実験を検証して対応策を打ち出し大空に舞い上がった人がいた。それは言わずと知れたライト兄弟である。

彼らは自転車を作っていた経験から、柔構造を体感的に理解していて羽根を2枚にし間をフレームでつなぐことで、応力を全体が変形することで受け流すという2枚羽根を作り出したのだ。結果として外的要因、この場合大気という流体による入力が機体に生じても安定した機体形状が得られ動力機であるにもかかわらず崩壊することがなくなった。実際、実用レベルに達したと考えた兄弟は、その機体を世界に向かって発売を開始したくらいである。

柔構造によるFRP一体成型は、ボディ全体に応力を拡散して受け止めるという設計思想で作られているものであり、現代身近に目にするものとしてはクルーザー・ヨットがそれにあたる。300mを超える大型鋼板客船もそれに該当すると思われる。

要はキャブコンなどのサイズで柔構造で設計する場合の素材として、Fiber Reinforced Prastics(繊維強化プラスチック)が丁度良いという判断なのだ。

関連リンク:後悔しないキャンピングカー選び

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。