【キャンピングカーコラム バックナンバー第31回】コンパクトでロングセラーとなったアトムシリーズの次世代モデルが登場!?(2016年10月31日)


車内レイアウトのバリエーションが豊富で人気の高かったアトムがどうして現在シリーズから消えているのか? それはひとえに車両重量の問題である。いわゆる耐荷重の問題だ。2駆はまだしも4駆となるとかなり厳しい数字になり、オプション装備装着もままならない状況になっていた。そもそもこの手のモデルは4駆を選択するユーザーが多かったということもある。

atom307-2atom307-3atom307-4

タウンエースベースの初代アトムが’00年に登場し、翌年にはヒュンダイSRXをベースにした耐荷重に余裕のあるパワフルモデルが登場。’03年にはバンク形状を大幅に変更した通称405というモデルが登場した。’07年にFRP一体成型の406、矢継ぎ早に407へと変更がされ、同年中に一番最初の写真であるバネットをベースにした新型の307が登場する。

このなかではヒュンダイSRXというリヤダブルタイヤのトラックが異彩を放っているが、それは当時バンテックが車両そのものの国内代理店として取り扱いを始めたからだ。余裕のあるベース車両、フロントエンジン、ウォークスルーモデルへの憧れもあったと思われるが、このモデルはある意味で三菱自動車のパジェロをトラックモデルに仕立て直したような感じだ。

パワーのあるディーゼルターボエンジンであり、さらにシャシーも余裕いっぱいだったので、アトムのキャンピングシェルを架装していても軽快に走行でき、ロングドライブでも疲れ知らずだったことを覚えている。

atom307-6atom307-5

最終型の307が登場したとき、それまでの定番的レイアウトを採用したモデルとは全くコンセプトが異なったモデルが登場。それが307Rである。これまでマルチルームを用意するのが常だったキャンピングカーの室内レイアウトを一変させた。
室内は兄貴分のジル同様のレイアウトを持たせる。すると車両容積の関係からマルチルームを省かなければ実現できない。しかしその装備はキャンピングカーとして捨てがたいというジレンマを抱える。

しかしちょうどこの時期から“トイレやシャワーはいらない”という新しいニーズを持ったユーザー層が登場してきた。
実際、現在でもトイレやシャワーのないとにかく室内が広々としているモデルは一定の人気がある。広いスペースでしっかり寝られる便利なミニバンとでも言えばいいのだろうか。

atom307-7

ただしフルサイズのミニバンでも満たされない広々とした室内空間が307Rにはあった。立って歩ける室内高も重要だ。そう言ったニーズを満たすにはピッタリの全長全幅であるうえに、トイレ&シャワールームはなくしたものの伸縮するワードローブを設置した。

このワードローブのおかげで、必要とあらばポータブルトイレ設置によりトイレルームとして利用できるようになり、いわゆるキャンピングカー、旅車として使いたいユーザー層にもアピールでき、前出のジレンマも解消したのである。

伸ばした状態をトイレルームとしても、ダイネットとソファ周りをフルフラットベッド展開で利用できる点もよく考えられたレイアウトであった。

そんな307Rは’12年まで発売されたが、ベース車両がマイナーチェンジした折にラインナップから外れてしまった。しかしメーカー的にはラインナップの中でポッカリ空いてしまっているサイズであり、ユーザー的にもリーズナブルで利便性の高いクラスである。

現在、同サイズのベースシャシーであるマツダ・ボンゴトラックを使ったモデルが計画進行中のようだ。アトムの血を受け継ぐニューモデルの登場は、多くのユーザー層が待ち望んでいることでもあり、そう遠くになることはないはずだ。

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第30回】日本市場のために開発したハイエース専用ショックアブソーバー(2016年10月25日)


テネコ社といえば世界有数のショックアブソーバーメーカーである。そのテネコ社がハイエース用に開発を行い、日本国内限定のショックアブソーバーとして「モンローサムライ」をリリース。“スポーツラグジュリー”を提唱していて、スポーティでありながら、乗り味も重視したショックアブソーバーに仕上げた。

車が路面から受けた衝撃はスプリング(バネ)が吸収。スプリングだけだといつまでも収まらない揺れをさらにショックアブソーバーが伸びたり縮んだりすることで吸収する。

その揺れを抑える力を減衰力といって、一般的には強いと乗り心地が固くなりスポーツ走行向きで、弱いと乗り心地がよくなる傾向にあるが、あまり弱すぎるといつまでも揺れが収まらずフワフワとした乗り心地になってしまう。

モンローサムライは、フロントの伸び側の中速域の減衰力を高め、縮み側は抑えることでごつごつとした乗り味を緩和。

さらにリヤは伸び側も縮み側も全域で減衰力を上げることで、サスペンションの路面追従性を高めている。
走行中はもちろんだが、たとえば駐車場から車を出して、小さな段差を乗り越えたときにも揺れの収まりのよさに気づくはずだ。

ショックアブソーバーの交換目安は乗用車では7万㎞、架装重量のあるキャンピングカーの場合だと5万㎞といわれている。交換時期が近づいてきたら純正品ではなく、ワンラックアップしたモンローサムライに交換することで乗り心地の違いを実感できるはずだ。

適応車種はトヨタ200系ハイエースで、2WD、4WDともに共通。基本パッケージは4本セットになるが、フロントのみ、リヤのみのオーダーも可能だ。(1万7640円/1本)

ただし、単品注文の場合は納期がかかるのでご注意。

♯241162 200系ハイエース専用プレミアムショックアブソーバー モンローサムライ

ショックアブソーバー
♯241162 200系ハイエース専用プレミアムショックアブソーバーモンローサムライ
価格:72,576円(税込・4本セット)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第29回】より身近なキャブコンとして登場したアトム(2016年10月14日)


ライトトラックをベースにしたキャブコンは日本ならではのサイズ感である。1ボックスより広々とした空間や天井高がある、それでいてリーズナブルで維持費も安いこともあり、高い人気を維持してきた。

そんななか'00年に登場したアトムは、サイズ的には三菱デリカトラックをベースにしたJB-470やトヨタライトエースベースの480に続くコンパクトなボディサイズでありながらパネル工法を採用し、量産化のメリットとコストダウンを図ったモデルとなった。

ベースはライトエース、タウンエースどちらも選べた。もちろんそのリーズナブルさを前面に出したコンセプトは広く受け入れられ、爆発的ヒットに。

あまり知られてはいない話だが、このベース車両はトヨタのキャンピングカー専用設定車種であり、確かそれが最初に導入されたモデルだったはずだ。

驚くのは量産化メリットを最大限に生かし、当初から1車種でレイアウトを8タイプ用意していたことだ。リヤエントランス、フロントエントランス、リヤ常設2段ベッドと、あらゆるユーザー層を取り込めるラインナップだったのだ。

バンテック キャンピングカー ATOM

現在の各種サイズキャブコンが、レイアウトタイプを絞っているのと比べ、いかに大量に市場に展開していったのかが分かるところでもある。しかもその後、パワフルなリヤダブルタイヤトラックのヒュンダイSRXベースまで登場し、ラインアップ拡充はとどまるところを知らなかった。

ただリーズナブルさを前面に押し出していたため、現代のキャブコンのようにフル装備、いってみればジルほどの充実した装備群は望めなかった。もちろんそこには、耐荷重重量の問題も大きかったに違いない。何しろ、ベース車両サイズに対してキャンピングシェルがちょっと大きく、バランスを考慮すると完全な納得が得られるわけではない印象があった。

バンテック キャンピングカー ATOM

アトムはその後、ベース車両を日産バネットに変更しそれまでの問題点を洗い直した。現在バンテックにはこのライトトラックベースのキャブコンが存在しないものの、どうやら準備は着々と進んでいるようなので、近々、目にすることになるはずだ。後継モデルの出来映えがかなり気になるところである。

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第28回】くすんだFRPボディにツヤと輝きが戻る!(2016年10月11日)


キャブコンなど背の高いキャンピングカーだと駐車しているのは屋外駐車場が多いのではないだろうか。そうなると外装は一年中紫外線を浴びることになり、さらに雨が降れば、いわゆるバーコード汚れがボディに付く。サイズが大きいので洗車も大変だ。

キャブコンなどのキャンピングカーのボディ外装部分に使われているFRP。Fiber-Reinforced Plasticsの略で、強化プラスチックのことだが、その表面はゲルコートと呼ばれる耐久性に優れた強い被膜で覆われている。しかし紫外線による影響や雨にさらされることで表面がくすんだり、黒いカビ汚れなどが付いて、洗車しても落ちにくくなることがある。

そうなったらFRP専用の洗浄&ワックスがおすすめだ。新車登録後、3~5年経過しているクルマが対象になる洗浄&ワックスで、FRP表面を指でなぞるとガサガサしてツヤのない状態だったり、カーシャンプーでは取れなくなった汚れが付いていても簡単に落とすことができる。

磨き用のコンパウンドと特殊なつや出しワックスが配合してあり、ゲルコート面の汚れ、しみ、サビ、色あせ部分を取り除く。

まずはFRP表面を水洗い。水分を拭き取ったら、リストアー&ワックスをスポンジに適量取って、ワックスがけと同じようにボディ全体にムラにならないように伸ばしていく。カビや水アカなど汚れがひどいところは力を入れて磨けば面白いように汚れが落ちていく。

ワックスがけが終わったら、最後にきれいなウエスでワックスを拭き取ればOK。拭き取っていくそばから、FRP表面にツヤが戻っていくのが分かるだろう。

ちなみに新車登録後3年未満で軽い汚れには「FRP用クリーナー&ワックス(1,404円)」を使用する。

キャンピングカーパーツ FRP用リストアー&ワックス

ワックス
♯103014 FRP用リストアー&ワックス
価格:1,404円(税込)
内容量:473ml

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第27回】プロトタイプとして登場するも幻になったデクスター(2016年9月30日)


まず誰も知らないと思われる幻のモデル、それが「デクスター」だ。’00年にプロトタイプとして1台のみ製作され、どうやら海を渡っていて国内にも残っていない、5550×2030×2390mmというボディサイズで5名就寝を可能にし価格が295万円。今ならキャンピングトレーラーをけん引免許で引くのが当たり前の時代になったので受け入れられそうだが、当時としては難易度が非常に高いモデルだった。

欧米では自走式よりトレーラーの方が登録台数は多い。もちろんそれは価格が大きな要因なのだが、日本ではインフラ整備や文化的背景がいまだ揃っていないのが、こういった大きなサイズのキャンピングトレーラーがなかなかユーザー層にアピールしていくのに難しいところでもある。

バンテック キャンピングカー dextor(デクスター)

室内はエントランスを入った正面に常設のダブルサイズベッド、フロント側にかなり大型のダイネットという構成で、いわゆる欧州的な生活のしやすそうなレイアウト。1軸のため、走行時、とくに後進でも取り扱いはよかったのではないかと思われる。機械式慣性ブレーキを採用しているので、けん引車の設定も比較的容易だったはずだ。

想像でしかないが、バンテックはキャンピングカービルダーである条件として、キャンピングトレーラーもしっかり作っている欧州メーカーのスタイルを確立したかったのではないだろうか。

現在バンテックでは災害対策用のトレーラーを製造しているが、そちらはパネル工法で大きさは似ているが関連はない。このデクスターはFRP一体成型のボディであり、そのなかに家具類を建て付けていくと重量がかなり重くなったようだ。

バンテック キャンピングカー dextor(デクスター)

内装は当時の自走式に共通したパーツが多く、ジルの中を見ているようだが、広さという余裕度が違うのがトレーラーならでは。特にキッチンとシャワールーム周りのゆったり感は、長期滞在でストレスを感じることがほとんどないはずだ。

トレーラー引きの筆者としては、この全長とオーバーハングでは日本の環境においてフロント・リアともに最低地上高の問題がいろいろと出そうだと考えてしまうが、プロトタイプからラインナップモデルになっていればきっとそのあたりは解決したに違いない。

乗車定員がないので強度などの制約が緩いのがトレーラーの利点でもあるので、現代の軽量化製造方法を徹底的に採用しつつ、極めてシンプルで低価格、なおかつ十分なサイズのトレーラーとして存在できれば、結構人気が出るのではないかと思われる。何しろ国産であることで、日常のメンテナンスがパーツ入手も含めて相当楽になるはずだから。

現在でも国産でキャンピングトレーラーを製造しているメーカーは数社あるが、本格的に生活できるトレーラーとそのサイズとなると見当たらない。設定を煮詰めて復活したら楽しい選択肢が増えることは間違いないのだが、やはり難しいのだろうか。

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第26回】DC12V、AC100V、そしてカセットガスでも駆動する3ウェイタイプの冷蔵庫(2016年9月23日)


車中泊をするなら冷蔵庫があると便利だ。冷えた飲み物や食材を運ぶのはもちろん、旅先で見つけた要冷蔵のお土産を買って帰ることができる。

車内で自炊をしながら旅をしている人ならば、たとえば市場で買った新鮮な魚貝類を保存しておくことができて便利だ。

おいしそうな刺身を見つけたら迷わず購入でき、旅行中の食生活のグレードが上がるので、食にこだわる人にとって冷蔵庫は必需品といえる。

なかにはクーラーボックスで代用している人もいるだろうが、旅が何日も続くとそのたびに氷を買うのは面倒だし、水になった氷も始末しなければならない。

3ウェイ冷蔵庫 RC1602EGCは、庫内容量が33Lあり、2Lのペットボトルを縦に8本収納することができる。フタを閉じればテーブル代わりにもなって便利に使える。
ボディは耐久性の高いスチールキャビネット製。スクエアな形状ででっぱりがないので車にも積み降ろししやすい。

そしてなによりの特徴は、3ウェイ冷蔵庫ということである。キャンプ場などで電源が取れるところはAC100V、車内ではDC12V、そしてアウトドアではカセットガスとシチュエーションに合わせて動力を選べるのが3ウェイ冷蔵庫の強みだ。

電気がなくてもカセットガスで駆動するからいざという災害時にも使える。

本体上部に温度調整のツマミがあり、背面にカセットガスをセットすることができる。定格消費電力は75W(AC100V、DC12V)。カセットガスでは10.5g/hを消費するので、1本でほぼ24時間使用できる。

キャンピングカー用 3ウェイ冷蔵庫 RC1602EGCキャンピングカー用 3ウェイ冷蔵庫 RC1602EGC

ポータブル冷蔵庫
♯162055 3ウェイ冷蔵庫 RC1602EGC
価格:49,680円(税込)
サイズ:500×440×440mm(外寸)
重量:16㎏

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第25回】シンプルなボディワークで普及版として登場したレオ(2016年9月16日)


ベガやジルの成功を受け、当時のフルサイズ国産キャブコンはますます多機能で充実装備を目指していく方向に動いていった。そして'00年には、ベース車両として安定感のでてきたカムロードをベースに、普及版を狙ったと思われるレオが投入された。

その当時の価格を見てみると、ジルは567万円。ライトキャブコンで格下シャシーのタウンエースベースであるJB-490が448万円。レオは473万円で、サイドオーニング、FF暖房、カセットトイレなど装備群もおごられ、コストパフォーマンスの高いモデルであった。

正直言えば、やはりキャブコン単体価格が500万円を突破していることが「高い」というイメージにつながってしまう時代であり、ある意味販売戦略的な要素が強いモデルだったのかもしれない。何しろ日本はデフレの真っ只中だったのだ。

バンテック キャンピングカー レオ

コストを抑えられたのは、一にも二にもコーチ部ボディーワークとしてそれまでバンテックがJB-500以来こだわっていたFRP成型ではなく、初めてパネル工法を採用したことが大きい。そのため見た目が普通というかいかにも普及版、デザインで頑張って価格が上がることすら回避したであろうと想像できた。

もちろんこの製造方法を採用する背景には、工期の短縮化や製造設備の簡素化が見込まれる。だからこそ世界中で採用され、リーズナブルなモデルが登場してくる手法として採用されているのだ。

バンテック キャンピングカー レオ

ボディサイズは全長5m未満に抑えられてはいるが、車幅はなんと2.08m。レイアウトは当時定番中の定番の、サイドソファのあるダイネットという構成。ジルとの違いは、左右が反転していることで、使い勝手という点では好みによるところが大きいだろう。

室内に入ると、ボディ形状や幅からくるものか、かなり広さを感じた。バンクベッドのヘッドクリアランスがたっぷりなのも、実用性で言えば相当優位。大型の清水タンクや排水タンクの装備なども含め、外観デザインよりも使い勝手を優先したことは明らかだ。

バンテック キャンピングカー レオ

バンクベッドは前部が持ち上がっていることもあって本当に広い。’02年にモデルチェンジしたときにはルーフがフロントにスラントする形状に変更され、そのイメージが若干変わった。そのほかは基本的に同じだ。さらにモデルチェンジと同時にバンクスが追加された。

このバンクスというグレードは現在発売されているモデルにも登場する名前だが、大雑把に言えば、さらに普及版を目指し、装備を簡略化したモデル。当然その分車両重量も軽くなるので、当時のノンターボディーゼルエンジンでも、軽量に作りやすいパネル工法と相まって、エンジンの非力さがストレスになることが避けられた。ちなみに当時の5Lエンジンは、排気量2985㏄、出力91馬力、トルク19.5㎏mであった。

パネル工法はその後、アトムにも採用されていくのだが、現在のキャブコンのラインナップには存在しておらず、今後ふたたび採用されるかどうかは分からない。今になってみれば、かなり思い切った模索だったのだろうと思う。そして販売期間が短かったのは、ユーザー層がバンテックらしいデザインを望んだ結果なのかもしれない。

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第24回】ポンピングして空気を圧縮 簡易水洗式のポータブルトイレ(2016年9月9日)


たとえば車中泊をしていて、夜中にトイレに行きたくなったとき。そして雨が降っているとき。冬場で寒いとき。いずれも車から出たくないというシチュエーションだが、そんなときにトイレが車内にあると便利だ。

日本のキャンピングカーのトイレは大きく分けて2タイプあり、ひとつが国産キャブコンなどに装備されている車内に固定されたカセットトイレ。

もうひとつがバンコンをはじめとしてミニバンでも積めるポータブルタイプだ。もちろんキャブコンに積んで使ってもかまわない。

ポータブルタイプは上部に清水タンク、下部に汚水タンクがあって上下に2分割できる構造になっている。あらかじめ清水タンクには便器への汚れ付着防止に洗浄剤、汚物タンクには消臭材を投入して使う。

今回紹介するポータブルトイレは上部の清水タンクに水を入れ、ハンドポンプをポンピングすることで空気を圧縮。タンクの中の水を高水圧で流すことができる簡易水洗タイプだ。清水タンクの容量は8.7Lあって、最大で26回の水洗ができる。

下部の汚物タンクは容量9.8L。溜まった汚物は家のトイレなどに流して処理するのだがその際に汚物タンクの排出口の筒を外側に向けることができるので、ハネ返りなしで処理ができる。

サニポッティー972よりも汚物タンクの大きなサニポッティー976という商品もあり、こちらは汚水タンクがほぼ倍の18.9Lある。大きなタンクのほうが、汚物を捨てる回数は少なくなるので便利だが、その反面、タンクが重たくなるので、持ち運びが大変になる。小さなタンクでマメに処理をするというのも選択肢のひとつだ。

キャンピングカー用ポータブルトイレ サニポッティー972 9.8L

ポータブルトイレ #144064 サニポッティー972
価格:16,200円(税込)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第23回】パワーと余裕を求めエルフベースの快走モデル登場(2016年9月2日)


カムロードが登場し、それをベースにしたジルも大人気モデルとなったが、当時のカムロードはノンターボのディーゼルエンジンであり、登坂車線を走らざるをえないこともままあった。走りという意味ではかなりストレスが溜まっていたのかも知れない。そんな不満を晴らすように’99年には許容架重重量が大きないすゞ・エルフをベースにしたクルーズが登場した。

バンテック キャンピングカー ジルクルーズ 外観

リヤダブルタイヤによる架重に対する余裕があり、キャンプグッズを満載してもへこたれない。重量物となる水を満載していても、不整路面をものともしないのには驚かされた。パワーがあるので乗り心地と走破性のどちらを優先するかが悩ましい時代に突入したのを覚えている。

現行モデルにもジルクルーズは存在するが、ベースになっている520の前後左右バランスがよく、スムーズな走りはそのままに、さらにパワフルでしっかりした車体感を持つモデルに昇華され、乗り心地といった面でもかなり改善されたように思える。

バンテック キャンピングカー ジルクルーズ 内装

室内はジル同様、引き出して広々使える巨大なバンクベッドを持ち、右サイドソファというレイアウトもそのまま継承。装備的にも大きな違いはなく、車体そのものに余裕ができた分、オプションなどで重量を気にせず装着できるといったメリットが際立った。

バンテック キャンピングカー ジルクルーズ 外観

ダイネット空間は、ジル同様全面ベッド展開が可能。マットの境目のフラット感も高く、バンクと合わせると余裕で大家族に対応できた。対面ダイネットを展開せず、掘りごたつ状態で利用するのがユーザー層に定着したのもこの頃である。

バンテック キャンピングカー ジルクルーズ 内装

天井を見てみると、現行にも続く曲線を取り込んだ意匠が見て取れる。まだ間接照明や、LEDライトは未装備。今だと当たり前のように装着される高性能ルーフベンチレーターがダイネット上部にないあたりに、価格と快適性をユーザー側が計りかねているのを感じる。

現代では、ベンチレーターはおろかセパレートエアコンを装備するのがこのクラスでは当たり前になってきて、時代差を感じる。

 

TAMA@MAC

著者:TAMA@MAC

主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。http://www.tamamac.com

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。

【キャンピングカーコラム バックナンバー第22回】照明を変えるだけで車内の雰囲気をグレードアップ(2016年8月26日)


家庭の照明と比べると、キャンピングカー車内の照明は光源が目に近いところにあるので影響も大きい。

たとえば車の運転で疲れた目は明るさを感じやすくなるが、長時間運転したあとでダイネットでくつろごうと思っても、ただ明るいだけの照明だったら、まぶしくて余計に目が疲れてしまう。

さらに色でいえば、蛍光灯のような青味を帯びた光よりも、電球のような暖かみのある光のほうがよりリラックスできるだろう。

最近は省エネのために蛍光灯や白熱灯をLED照明に交換する人が増えているようだが、そこでおすすめしたいのが光学メーカーである日東光学が作った「モビライト」だ。

2015年にドイツ・デュッセルドルフで行われた世界最大規模のキャンピングカーショーに出展して、現地でも好評だったという注目のLED照明だ。

明かりがついた状態を見ればその違いは一目瞭然。「面発光」が特徴で、LED照明でありながら発光面が均一に光る新しいタイプの照明である。

明るさは太陽の日の入り1時間前と同じ色温度3000K(ケルビン)に設定されていて、車内でくつろぐのにちょうどいい明るさ。

それに普通のLED照明だと光が一直線に進む指向性が強く、明るいところと暗いところのコントラストがつきすぎて、目には好ましくないが、モビライトは照明本体にフレームがなく、外周部分も明るく周辺全体を照らしてくれる。

いまのところは正方形で150×150㎜と60×60㎜の2サイズをラインナップ。今後はスポットライトやライン型を追加する予定だ。

キャンピングカーパーツ LED拡散照明 モビライト

LED拡散照明
♯211078 モビライト150×150
価格:14,040円(税込)

 

浅井 佑一

著者:浅井 佑一

キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。http://rvtravel.jp 

 

キャンピングカーコラム最新版は無料のバンテックアプリから。