【第252回】お気に入りオイルランタンをアップグレード


 もはや手に入らない、それでいてやたら今人気があり代替すら出来ないお気に入りのペトロマックス・ランタン。大きさが小型で手頃、それでいて明るさが十分でメッキ仕様なので反射もキレイ。磨く悦びもあり、取り立ててキャンプ生活で不満を持っては居ない。

 たまに天幕につるして利用するとき、もっと下向きに反射してくれるといいのになと思っていて、ガスコンロに取り付けるアルミホイルのカバーなどを結構使い捨てで利用していた。そんなとき、100 均で薄いステンレス製の鍋蓋を見つけ、利用できないかと妄想。 もう少し大きければ良さそうと予想するが、そこは我慢。

 早速取り付け位置をダンボールで型取り。

 現物合わせで切り取った型を見てみると、煙突直径部分は径6センチと少しでちょうど良さそう。ギリギリのサイズで切り取ったため、このままでは装着するとキッチリもしくは干渉してはまらないだろうことは容易に想像できる。

 制作した雌型をベースに、コピー用紙か何かに写し取り、良さそうな形状に修正してく。

  写し取った型を切り出し雄型とし蓋に貼る。鍋蓋には中心に取っ手があるので、その①
に切り出した雄型の中心をはめ込めばちょうどいい感じだ。

 ドリルなどを使い穴を開け、そこから金切りばさみでチョコチョコ切り出し。ステンレス板が薄いことが幸いし気軽に作業が出来るのが利点だが、切り口がメチャクチャ危ない状態になるのできちんとヤスリやサンダーをかけておいたのは言うまでもなし。

  穴が開いたら、金床の上で金槌を使って板金、ちょうど良さそうな形になるまで叩いて
みた。もちろん薄い金属なので作業は簡単で、ものによっては叩かないでも変形が可能だ
ろう。ただ縮ませる作業はなく延ばすばかりなので、あまり強く叩かずに少しずつ変形さ
せ歪みを抑えるのがコツと言えばコツ。

 

  下から見てみる、湾曲した反射鏡が下方に光を集めるのにちょうど良さそうである。は
めてみると、意外にランタンとの大きさバランスが良さそうなのはラッキーだった。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第251回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その⑭


 ハイエース専用のDIYアイテムを紹介します。「アルミステップカバー」は、穴開け加工など不要、超簡単なDIYでステップ部分に上から貼り付けるだけですが、スライドドアを開けたときの足もとをスタイリッシュに見せることができます。ステップ部分は意外と面積があるので、がらっと雰囲気が変わります。さらにキズ防止にもなり一石二鳥です。ハイエースのグレードなどに注意して注文してください。

————————————-

 

♯247001

200系ハイエース TRAVOIS アルミサイドステップ DX用右 純正ステップカバー無し

価格:15,714円

 

●純正ステップカバーのないハイエースDX用運転席側のアルミステップカバーです。装着は両面テープで固定するだけ。

————————————-

 

♯247002

200系ハイエース TRAVOIS アルミサイドステップDX用左 純正ステップカバー無し

価格:15,714円

 

●純正ステップカバーのないハイエースDX用助手席側のアルミステップカバーです。装着は両面テープで固定するだけ。

————————————-

 

♯247003

200系ハイエース TRAVOIS アルミサイドステップパワースライドドア用左

価格:11,524円

 

●パワースライドドア装備の助手席側アルミステップカバーです。装着には両面テープを使います。

————————————-

 

♯247004

200系ハイエース TRAVOIS アルミサイドステップSGL用右

価格:11,524円

 

●スーパーGLに対応した運転席側のスライドドア部分のアルミステップカバーです。装着には両面テープを使います。

————————————-

 

♯247005

200系ハイエース TRAVOIS アルミサイドステップSGL用左

価格:11,524円

 

●スーパーGLに対応した助手席側のスライドドア部分のアルミステップカバーです。装着には両面テープを使います。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第250回】色を変えると、雰囲気と色調がグレードアップ


今回は、パッと見どこぞの商品でありそうな雰囲気だが、やっぱり自分で手をかけたものは愛着が出る。こういった小さな明かりでは反射光がいかに大事かが理解できるカラーリング変更となった。

どことなくろうそくやオイルランタンの雰囲気に近づいたのが判るだろうか? そう、雰囲気を最大の目的としたのである。

ベースにしたのは、いつも車の中に積載しキャンプで活用している乾電池式のLEDランタン。メーカー名は、現行商品でもあるので控える。発売自体それほど古いものではないが、やはり光の種類が昼光色とはいえ青い色味を帯びている。さらに塗装がたまたま水色だったこともあり、夏は涼しげでいいのだが、今の時期は体がブルっとしてしまう寒々しさ。

ただ光量の少なさがちょうどよかったり調光できたりと結構なお気に入りで、通常はコレとソーラー充電式インフレータブルランタンでたいていは事足りている。

小ささも気に入っているので、細工してオイルランタンに戻すことも考えた。だってどう見てもコレ、もともとオイルランタンだったでしょうという商品。ただこれ以上車の中にオイルランタンを増やしても手間が増えるだけなので、再塗装で雰囲気バージョンアップする事に。まずは、可能な限りバラバラにし、電気配線の半田も溶かして外した。

塗装の基本は下地作り。車の塗装でプロがよくやる隠れ技に、数種の番手がある3Mサンドブラスターやスチールウールのボンスターを使う方法がある。

何がいいって、中性洗剤で洗いながら足付けという作業が終わってしまうので、取り立てて塗装直前の脱脂作業が必要にならない。とは言えそこはそれ、身近な100均でもいろいろ似たようなものがありそれを活用。塗料は今時は刺激臭のない高性能な水性スプレーも作業が快適だし密着性も良くなっているので使ってみたい所だが、今回はあえて密着力に若干の疑問があるいわゆるラッカーでお安いものを使用。その理由は後述。

塗装もベースにプライマーなど打たず、コレも理由は後述。直接スチールウールで丹念に洗浄足付けした上に、数回に分け薄めにゴールド塗料を塗布。がっちり塗装するならもう少し厚めに吹いてもいいのだが、今回は狙いが違うので、なんとなく真鍮みたいに見えるように工夫。

絵を描く時、金色の真鍮や金などは青の色味が結構重要になる。そういう意味も有って、プライマーやサフェーサではなく元のカラーが水色であることを最大限に利用しようと思ったのである。どうでもいいが、水色って日本人にしかない色の概念らしい、関係ないですね、ハイ。

ゴールドを吹いただけだと、何だこれは…下品。と思う感じだが、乾いてから茶色をフワッと、さらにブラックをフワッと吹きかけると、なんともヤニ付いたか錆なのか経年変化っぽい、そうエイジングの完成。

通常缶スプレーは塗装するのに20〜30㎝離して吹くが、フワッと顔料を載せる時はさらに倍ほど離してなんとなく吹きかける感じで十分。塗装が終わっら、組んで電気配線を再半田付けするなどすれば完成。コレだけで驚くほど光の質が変わるのは、多少は期待していたがそれ以上の効果があった。

さて薄めに塗装を吹いたり、強固な下地皮膜を作らなかった理由は、傷やハゲが今後の使用で雰囲気作りになってほしいから。実際組み上げる時、塗膜の密着力は予想通り弱くそこここにハゲが生じ、その部分からは水色が顔を出す。これが緑青っぽくも見え、なんとも雰囲気が良くなってくるのである。

というわけで、特に高級ブランドだというわけでもなく、なんとなくのお気に入りのグッズをさらに愛着が湧くよう、誰にでも簡単なカラーチェンジっていうのもキャンプ道具にはありだと思う。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第249回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その⑬


キャンピングカーの装備品として人気のソーラーパネル。価格も安くなってきたこともあって購入を検討している人も多いでしょう。

 なかにはソーラーパネルをクルマの上に載せて、サブバッテリーと接続するだけでいいと思っている人もいるようですが、合わせてチャージコントローラーが必要になります。コントローラーがサブバッテリーへの充電を調整し最適な制御をしてくれるのです。

 コントローラーは大きくわけてPWM制御とMPPT制御の2種類があって、ソーラーパネルの容量に合わせて制御方法を選びます。目安としては100W以上ならばMPPT制御のコントローラーを選びましょう。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯202028 ソーラーパネル92W

♯202028

ソーラーパネル92W

価格:62,700円

●単結晶シリコンで最大開放電圧23.38V。キャンピングカーのサブバッテリーの充電に適しています。サイズ:1200×527×35㎜ 重量:7.6㎏

————————————-

♯202032

ソーラーパネル135W

価格:132,000円

●開放電圧22.1V、DC12V系のバッテリーシステムに適したソーラーパネルです。135Wでキャンピングカーに使いやすい容量です。サイズ:1500×668×36㎜ 重量:12.5㎏

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯202040 ソーラーパネル226W

♯202040

ソーラーパネル226W

価格:116,160円

●大出力ソーラーパネルで、電流制御にはMPPTタイプのチャージコントローラーと組み合わせることをおすすめします。

————————————-

♯202033

MPPT制御型ソーラーコントローラー

価格:62,700円

●最大75Vのソーラーパネルからの入力に対応したMPPT制御のコントローラー。ベースシステム電圧は12Vと24Vを自動判別します。

サイズ:169×64×73㎜ 重量:0.6kg

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯202025 ソーラーコントローラー12V30A

♯202025

ソーラーコントローラー12V30A

価格:26,510円

●ソーラーパネルの容量約360Wまで対応し、充電と負荷制御は30Aのコントローラーです。充電方式はPWMマイコン制御で過充電や放電保護をします。

サイズ:177×71.5×83.8㎜ 重量:0.92kg

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第248回】コロナ禍でも楽しい愛着道具整備


通常は便利さにかまけソーラーLEDランタンを多用しているが、どっぷり腰を落ちつけたキャンプの時は加圧式灯油ランタンを持ち出す。と言っても、普通のランタン同様自分ではクルマ内常備品であり、1泊程度だと単に手間が面倒・・・なだけ。

ただ一度その面倒を「楽しいっ⁉」と思ってしまったが最後手放せないアイテムとなり、簡単な加圧式ホワイトガソリンは手放してしまったのは事実だ。脳裏には震災などのイメージがうごめき、手に入りにくいホワイトガソリンよりどこでも入手が容易な灯油スタイルに傾いてしまったのは内緒だ。

というわけでキャンプで使ったのだが、めっぽう寒い気化が難しい時期、点灯時調節など酔っ払って忘れそのまま点灯して就寝、案の定不完全燃焼でスス大量発生メンテナンス予備軍へとつつがなく進化。

この辺りの面倒くささがホワイトガソリンタイプと違う。ちゃんといい子いい子と面倒を見てあげながら使用しないといけないのである。が、ここから先のメンテナンスそのものも加圧式灯油ランタンの醍醐味。

まずは素手で分解できるものはすべて外す。スス汚れは中性洗剤などで洗っても大丈夫なほど、ある意味大雑把というかいい加減な作りで精巧さはそれほどない。ガラスのホヤはともかくとして、ほかは洗わないまでも、ワイヤーブラシを使えばそれだけで十分綺麗になる。

またこの際、ジェネレーターチューブやポンプ、着火用バーナーの取り付けネジが緩んでいないか、ポンプの内部の革のカップのオイル切れを起こしていないかなども点検。

最も厄介なのは、ジェネレーターてっぺんにあるクリーニングニードル。めちゃくちゃ繊細で華奢、ここを無闇に触ると大抵曲がってしまい再生不能の事態に陥るので、作業するときには細心の注意をもって汚れを取り払おう。

いずれにしても、特段何かがあるわけではない、単に掃除だ。ただ簡単な分解をするだけで、確実にマントルは破れるのでスペアは確実に必要。さらに折れたり曲がりやすいクリーニングニードルのスペアもあるといい。ジェネーレーター類の取り付け時気密性を保持する鉛パッキンも有ると助かることが多いだろう。

そのほかにも、使っているとわかる交換パーツの必要性がある数々・・・、この面倒臭さがたまらず、磨いてピカピカにしてやろうって気になる歪な愛情なのである。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com