【第223回】システムキャリヤを使ってサイドオーニングを取り付ける


サイドオーニングの取り付けは基本的には同梱されている取り付けブラケットを使い、キャンピングカーのボディに穴開け加工して取り付けます。

 キャブコンなどはボディ側面が平面なため取り付けも比較的容易ですが、バンコンやミニバンなどに取り付けようとすると特殊なブラケットが必要になります。

 今回紹介するのはシステムキャリヤを使っって取り付けるためのブラケットで、クルマにシステムキャリヤを取り付けることができれば、ボディには穴開け加工をしなくてもサイドオーニングを取り付けることができます。

 ボディ加工があるためにちゅうちょしていたサイドオーニングの取り付けが気軽にできます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021310 システムキャリヤ用オーニングブラケット

♯021310 
システムキャリヤ用オーニングブラケット
価格:7,700円(1個)

●THULEもしくはINNOのシステムキャリヤにサイドオーニングを取り付けるためのブラケットです。サイドオーニングの長さが2.5mまでは2個、3.5mまでは3個必要で、キャリヤバーは指定されているものよりも、ワンランク長いものを用意して下さい。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021312 フィアマ KIT ROOF RAIL 1P

♯021312
フィアマ KIT ROOF RAIL 1P
価格:19,800円(1個)

●システムキャリヤ用のオーニング取り付けブラケットです。汎用性があってキャリヤのレール幅最大5.5㎝まで対応しています。(1個から販売しているので必要数に応じて注文してください)

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021337 フィアマ KIT AUTO ADAPTER(2P)

♯021337
フィアマ KIT AUTO ADAPTER(2P)
価格:13,530円

●システムキャリヤの横バーを利用して、F45シリーズのサイドオーニングを装着するためのブラケットキットです。角度調節のアジャスト量があって、より軽量モデルのF35にも対応しているので、取り付け可能車種の範囲が広がります。ブラケット2個のセットとなります。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第222回】古式ゆかしき蚊帳で大人気の車中泊に夏対策!


キャンピングカーのウインドウにはモスキートネットがある。1ボックスなどにも張ったりはめ込んだりするネット類は多数ある。もちろんそういったものも利用してきたのだが、もっとも効果があったのは、蚊帳である。ただしこの場合、ガバッとドア類を開ける形になるので、セキュリティ的にもキャンプ場やRVパークなどクローズドな環境というのが使用における前提になるかもしれない。

快適度が高いと言っても、車用の蚊帳などというものはさすがに発売されておらず、2畳サイズ程度のカヤを購入し切り張り縫製し直し車両サイズに合わせた物を作成。一番入出口になるサイドドアあたりは二重になる様にして虫の侵入を防ぐ機能を持たせている。

天井からフロアまでしっかり覆って運転席周りも含めてしまえば、1ボックスやミニバンの中は相当広く使える上なんとなくテント気分、中で明かりを使っても反射があるので意外に明るい環境だ。キャンピングカーとはまた違った趣が楽しめる。

収納時は、位置決めで迷わないよう、一部を壁に取付けたまま丸めている。場所さえ分かっていれば再度展開するのも短時間にできる。キャンパーなどだったら、オーバーヘッドキャビネットなどを利用するといいだろう。

正直使っていて問題になったのは夜露や雨、サイドドアあたりはタープなどで防御出来るもののバックドアはなかなか良い対策案が見つからず、テント生地を適当に縫製し張り綱でバックドアに引っ掛けることで解決。

夏休みのファミリーキャンプでテント買い増しを考えている様なら、手持ちの1ボックスを快適な車中泊車として利用できる仕様にアップグレードしてみてはいかがでしょう。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第221回】サイドオーニングの補修パーツ③


サイドオーニング関連の補修パーツ紹介、第3弾です。サイドオーニングは高い位置に取り付けられていて、車のルーフとほとんど同じ高さになりますから、バンコンでは2m以上、キャブコンでは2.5m以上になります。となると、走行中に樹木や、狭い路地で軒先に引っ掛けることが考えられます。クルマの幅はサイドミラーで常に確認できますが、高さは意外と忘れてしまうものです。

 ぶつけて破損したときなどのために交換パーツとしてオーニングカバーがあり、サイドオーニングごとに専用品が用意されています。紫外線で経年変化したときなどにも交換することで、サイドオーニングをリフレッシュすることができておすすめです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021249 フィアマ ウィンチカバー右 02741-01

♯021249
フィアマ ウィンチカバー右 02741-01 
価格:2,860円

●巻き上げクランク機構を保護しているカバーでサイドオーニングF45Plusの専用品です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021251 フィアマ ウィンチカバー左 02741-02

♯021251 
フィアマ ウィンチカバー左 02741-02
価格:2,860円

●サイドオーニング本体の左側のカバーです。F45Plusの専用品です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021354 フィアマオーニングF45i ウィンチカバー右

♯021354 
フィアマオーニングF45i ウィンチカバー右
価格:2,420円

●サイドオーニングF45iのクランク機構を保護するためのカバーです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021355 フィアマオーニングF45i ウィンチカバー左

♯021355 
フィアマオーニングF45i ウィンチカバー左
価格:3,410円

●サイドオーニングF45iの本体左側を保護するためのカバーです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021366 フィアマオーニングF45Ti ウィンチカバー右

♯021366 
フィアマオーニングF45Ti ウィンチカバー右
価格:2,090円

●サイドオーニングF45Tiのクランク機構を保護するためのカバーです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021367 フィアマオーニングF45Ti ウィンチカバー左

♯021367 
フィアマオーニングF45Ti ウィンチカバー左
価格:2,090円

●サイドオーニングF45Tiの本体左側を保護するためのカバーです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021385 フィアマオーニングF45S ウィンチカバー右

♯021385 
フィアマオーニングF45S ウィンチカバー右
価格:8,580円

●サイドオーニングF45Sのクランク機構を保護するためのカバーです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021386 フィアマオーニングF45S エンドキャップカバー左

♯021386 
フィアマオーニングF45S エンドキャップカバー左
価格:8,580円

●サイドオーニングF45Sの本体左側を保護するためのカバーです。オーニングを収納するときのロック機構が内蔵されています。

————————————

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第220回】ナイフで遊ぼう 簡単TLUDストーブ


前回ウッドストーブをナイフ1本でチョチョイのチョイで作る方法を紹介したが、それはほぼ使い捨て状態。お部屋内焚き火遊びも佳境に入り、もうちょっと恒久的に使えないかといえば、それはある。TLUD=Top LitUpdraftと呼ばれるストーブの類がそれ。

ウッドガスストーブと違い上から着火し、さらに未燃焼ガスを2次燃焼させ煙の発生が少ないというもの、ウッドガスストーブとも言われる。
なんだかいきなり高等な技術的要因が入った様でワクワクしないだろうか? しかも上手く使えば炭も作り出せるので、部屋の中での焚き火ゴッコをするときの燃料の足しになるというわけ。

今回も用意したのは、またもやそこらに落ちていそうな空き缶、前回よりだいぶ大きめ。350や500㏄のものでも特に問題はないが、詰められる燃料の量が少ないので燃焼時間が少ないのが問題。そして恒久性を高めるため、アルミ缶より熱に強い鉄缶を用意した。というより、飲料用より大きいと鉄缶しか見当たりはしないのだが…。

まずは2次燃焼空気取り入れ経路確保のため2重構造への加工。放射状にナイフで切れ目を入れ、内側に折り曲げられる様にする。2重構造にすることで表面温度は取り入れられ流れる空気で冷やされ耐久性が向上。もちろん内側燃焼室になる缶も同様に冷えるので、強力な火力に耐えうる様になる仕掛け。

正直いえば、缶は1重でも空き缶上部に空気取り入れ口を用意すれば2次燃焼は行なわれるので、前回のウッドストーブの上部に空気を取り入れる構造でも問題ない、それでかなり煙の発生量が減らせるので。構造的には、練炭コンロがそれに当たると思う。

さて今回はナイフ1つではなく、台所にあった缶切りも使った。その缶切りには飲み口というか注ぎ口を開けるツールが付いているもの。ワインのコルク栓抜きのタイプもあったが、どちらも最近はあまり見なくなったなぁという印象だが、それは私の生活圏だけのことだろうか。

その穴あけツールで外側になる缶は底に空気取り入れ口、内側の缶には底部に燃焼用空気取り入れ口をたくさん、上部に2次燃焼用空気取り入れ口を開ける。

ナイフを刺してグリグリ回せばできるのだが、やっぱり専用ツールの方が力も要らなくて楽チンだしケガもしない。

パーツが出来上がったら、最初に開けた放射状の面に内側になる缶を押し込む。これで完成なのだが、作業内容的にとても切り口が鋭利なため、手袋をして作業するのは必須である。

燃料は前回のウッドストーブ同様、キャンプサイトなどに落ちている枯れて乾ききった小枝など。それを結構な密度で詰め、上から紙や着火剤なんでもいいが火が興って缶の中に上昇気流が起きるくらいの量で着火する。

すると下部から空気が吸い上げられ、扇ぐ事も無く火が小枝に移っていく。そして安定してくると、2次燃焼用空気取り入れ口のあたりで未燃焼ガスが混ざり、すごく強い炎になるのが見て取れる様になる。火柱が高々と上がるので、上部には注意した方がいい。

燃焼状態は見ての通りで、ガス燃焼しているのが動画では分かりやすいかと。燃料が減ってきたら、着火時に用意した小枝などよりも大きな薪の切れ端などでも大丈夫。詰め込むタイミングなどはTLUDストーブの大きさや火力とのバランスなので、その状態を探りながらの作業も楽しい。

着火時、未燃焼ガスが2次燃焼を始めるまではやはり相当な量の煙が発生する。しかしその後は、室内でもなんとか耐えられるような煙の発生量かもしれない。

また以前、徹底的に効率を重視したものを自作したことがあるが、その時は燃料を燃えやすいもの、ヤニなどの発生が少ないものにしたら、2次燃焼部分で炎が青くなったのを覚えている。そうなると、他の誰にも理解はされないけれど、1人超絶悦にいる事が出来て物凄く楽しいよ。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第219回】サイドオーニングの補修パーツ②


前回に続いて、サイドオーニング関連の補修パーツを紹介します。

 サイドオーニングは、可動部分が多い装備品です。オーニングハンドルを使って、オーニングを引き出し、このときロール状に収納されたオーニングが回転しながらケースから出てきます。

 生地とともにアームが一緒にケースから出てきて、それらを脚で支えます。収納時には巻き取り、脚を収納します。

 オーニングの生地やアームなどを支えるため脚には重量がかかりますし、風などを受けたときにも、連結部分には負荷がかかります。

 外から強い力が加わって、万が一それら可動部分が変形したりするとうまく収納できないなどのトラブルの元になります。そこで今回は脚関連を中心に交換パーツを紹介します。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021379 フィアマ オーニングF45i/F45Plus/F45Ti/F45F1用レッグエンド 

♯021379
フィアマ オーニングF45i/F45Plus/F45Ti/F45F1用レッグエンド 
価格:2,420円

●サイドオーニングの脚の上側にある接続部分のパーツです。固定するためのピンもセットになっています。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021397 フィアマ オーニングF45Sレッグエンド右 

♯021397 
フィアマ オーニングF45Sレッグエンド右 
価格:2,750円

●左右非対称のため、右側専用品です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021395 フィアマ オーニングF45Sレッグエンド左 

♯021395 
フィアマ オーニングF45Sレッグエンド左 
価格:2,750円

●左右非対称のため、左側専用品です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021396 フィアマ オーニング レッグエンド F45iL

♯021396 
フィアマ オーニング レッグエンド F45iL
価格:2,420円

●F45iLの脚の蝶番部分にあるレッグエンドは左右の違いがなく、共用できます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021398 フィアマ キャラバンストア レッグエンド

♯021398 
フィアマ キャラバンストア レッグエンド
価格:1,265円

●ファブリックケースに収納された手動巻き上げ式のサイドオーニング・キャラバンストアの脚のレッグエンド。左右共用部品になっています。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021334 フィアマ オーニングレグストッパーナットグレー

♯021334 
フィアマ オーニングレグストッパーナットグレー
価格:1,056円

●F45iのサイドオーニングの脚の長さを調整し、好みの高さで固定するためのストッパーになるネジです。紛失や欠損などの代替品として利用できます。

————————————

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp