【第281回】美味しいおこげが食べたい キャンプ中のアイデア


  どちらの皆様も、キャンプ中に突然御飯を美味しく炊きたいとか幸せなおこげが食べたいと思っているに違いない…という極めて勝手な話で進めていこう。

  キャンピング車には設置型のコンロが大抵あり、そうで無い場合はカセットコンロが搭載され固定できるシステムになっているはず。そのカセットコンロをタープ下で利用している人も多いと思うが、それらが加熱調理できる道具として、キャンピング車の構造要件とみなされている場合は間違いない。 最近では、電子レンジを加熱調理器具と分類し理解するのは構造上苦しいがそれも構造要件で認められる場合もある様だし、同じ流れでIHコンロも認められるはずだ。

  その様な硬い話は横に置いておいて、自分では当然車内のコンロも使うが、キャンプで多用しているのはトランギアのストームクッカー。横風にも影響受けにくい構造で外で使用するのに最適だし、熱交換率が極めて高い構造なのも素敵。何より、タープ下などでカセットコンロで調理しているより、はたから見た時に断然キャンプっぽくてカッコイイのがお気に入り。このあたりの感覚は個人次第ではあるが…、セットで高いし…。

  さてだいぶ以前になるが、みんな大好き100均で購入したおひとり様炊飯用土鍋、蓋がお茶碗という代物、これが家の調理器具類に埋没していた。 キャンプから帰ってきてキッチンでストームクッカーを丹念に洗っている時、ふと気付いてはめてみると…、オオオッ! ピッタリ!! そこでムクムク頭に湧いてくるイメージはお・こ・げ。私のストームクッカー付属の鍋類2枚はテフロン加工されているので、おこげが出来にくいのである。出来ないわけではない、作るのに苦労するという意味、アルミでも同じだろう。

 

  さらに、最近100均のダイソーにて330円で購入した縁の薄い直径16cmスキレット、’21年発売であっという間に店頭から消滅した人気商品、今見つけたら即買いではなかろうかと思っている。これも、ストームクッカーの五徳にギリギリだがとっても熱交換のよろしい感じでフィット。普段自宅で使用しているのですでにシーズニングは終わっており、試しに早速小さなお好み焼きを焼いてみたら上手くいって楽しい限り。車には、キャプテンスタッグ製直径20cmのスキレットがキッチリ五徳にはまって安定するのでそれを別売りの蓋も購入して利用しているが、とっても重いので軽量セットとしてこっちも追加はありだなと思えた。この際、ストームクッカー付属のフライパンの存在は忘れていただく。なにしろ、キャンプでやりがちなダラダラ火に掛けっぱなし状態に、テフロン 加工では到底耐え切れる物では無いので。

 

  さて話をおこげに戻して、土鍋を利用することでストームクッカーがその鍋部全体を温める羽釡同様の熱が入る構造ということをまずは理解出来るはず。さらに綺麗で美味しいおこげ作成するため用意したのが、出汁というか味付き塩。 新品パッケージでなくて申し訳ないが、これは西伊豆の田子港漁協さんが作っている味つき塩で、濃さを調節すると吸い物とか鍋の寄せ地とか多様に使える甘味料や醤油まで配合された代物。自分の中の味付き塩としては優勝である。

  炊き上がり火から下ろすというか火を消す時間を少し伸ばしてみると、鍋肌に触れているところはキレイな狐色、温度が上がって表面にもうっすら色が付き始めている。というわけで、米全体がほんのり燻され美味しいおこげ御飯が炊き上がった次第。小さな深めの土鍋と鍋を囲って熱が伝わる道具を用意するのが大変かもしれないが、上手く組み合わせられるものが見つかったらキャンプでお試ししてみてはいかがでしょう。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第279回】テフロン加工メスティン キャンプでパンを焼こう


 前回メスティンブームに乗って手に入れた、テフロン加工されたメスティンは焚き火に放り込むには難があるな、と書いたが、その有効活用を考えてみた。それは、キャンプ場で焼きたてのパンを頂こうという話。

 通常パンやパンケーキをメスティンで焼く場合、クッキングペーパーを使って張り付きを防止するのだが、ツルッとスポッと抜けるテフロン加工ならそのままで大丈夫で後片付けも簡単なのではないかと思い実践してみた。 通常自分のキャンプでは朝も米飯なのだが、中にはパンじゃないとダメという人だって居るだろうし、余った時間でチョチョイと出来ちゃうのもそれはそれで楽しいかもしれない。

 メスティンに小麦粉、ドライイースト、砂糖、塩、バター、牛乳を入れ混ぜ、生地を作る。レシピ的にはお好みでどうぞ。

 発酵は蓋をしてメスティンを太陽に当てる。黒いのでしっかり温度が上がりふっくらとしてくるのもかなり早いようだ。コレはこのメスティンの構造が効果的に働いている証でちょっと嬉しい。

  通常発酵が終わったらガス抜きやベンチタイムなどが施されるが、今回はそのまま焼きに入ってみた。

 使う熱源に、メスティンの友である固形燃料も試してみたが火力が高過ぎた。そこでガスコンロで炎を広げ比較的均一に熱が伝わるようにする網製品を使って極トロ火。鉄板を使ってその上で焼いても良いだろう。

 焼き上がった瞬間がコチラ。薄力粉でやってみたが十分な仕上がり具合。焼いた肉や野菜を挟めば立派なご飯。もう少し多めに粉を溶いておけば、メスティン内部いっぱいの食パンのようなものができたのではないかと思う。作っていても楽しいので、キャンプ生活の余興にいかがでしょうか。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第277回】焚き火をしに出掛けようよ


 今年になってからの、各種100均キャンプグッズの拡充がスゴい。さらに空前のメスティンブームが続く中、100均でも次々とリリースされるソレを今年初めて手にした人も多いのでは? ただ、普段どう利用しようかと言っても、お弁当箱代り? くらいしか思いつかない。それはちょっともったいない。 このメスティンなるアルミ箱、キャンプでラフに使ってナンボっ! な道具でもあるので、焚き火にちょうど良い季節になった今、軟弱な家庭のキッチンから飛び出し熾火に放り込んで見た。中身は前日のあまり塩鮭を放り込んでご飯を炊いているだけだけどね。

 せっかく焚き火を楽しむなら、着火作業から楽しんじゃうのが手。今回用意したのは、着火用に脱脂綿や麻紐を解し綿状にしたもの。フェザースティックにした木端、そしてファイアースターター。 特に説明はいらないと思うが、コレらでチャチャっと火を起こせれば、周辺でキャンプしている人々から羨望の的になること間違いなし、というアイテムでもある。

 薪の用意は着火前に済ませておく。家族一食分焚き火で料理するなら、見ての通りの量で事足りると思う。ボーボー燃やすのはたしかに楽しいに違いないが、火をコントロールして効率良くこなしたい感じ。その方が後始末だって確実だし。木端や樹皮なども用意し、火を強めたいときや太い薪を足したい時などにすぐに投入出来るようにしておこう。

  というわけで、楽しくシャケ炊き込みご飯を美味しくいただき、家庭のガスコンロで軟弱な見た目だったスキレットが、たくましいアウトドアのたたずまいに成長。いや、コレ本当に楽しい。

 

 さて焚き火にメスティンという組み合わせ、楽しさ倍増間違いなしなのだが、それとは別にメスティン支持派が以前から切望するフッ素加工モノ、ついにみんな大好き100均から高額商品として登場…凄いな。でもコレって、流石に炭とか熾火に直で触れてしまう焚き火環境では気を遣っちゃう、加工がはげたら悲しいからね。でも御飯が張り付いたりカレーが纏わり付くこともないので、すごく便利ではあるけどねぇ。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第275回】 植物油ストーブを自作、利用


  前回、テーブルで保温器代わりに炭を使おうという話を書いたが、今回はその発展系。 実は極めて個人的に友人宛のつもりでYouTubeチャンネルへ近況 動画をアップしているのだが、その中で5年以上前に上げ妙に再生回数を稼いでいるコンテンツがある。それは植物油を燃料にするコンロというかストーブで、震災以後燃料の重要性からアルコールに始まりウイスキー、焼酎と可燃装置を製作しその結末で出来上がったもの。もちろん、製作運用が身の回りに有るもので可能というのが自分の中での最大テーマだった。

 

  そんな動画が日本というより世界のアチコチから観られており、アクセスは2万を突破している。人気YouTuberではない、通常50アクセス程度の私のチャンネルではドエラい事である。そしてコレ、 結構フィールドで使えます、アルコール固形燃料ほどの火力はない が、1人前の炊飯は十分に行える火力です。

   作り方は、いろいろなサイズで試した結果ドリンク剤サイズのアルミ缶がいい。出先のコンビニでも手に入れやすいのはうこんの…とかまあイロイロ。災害時の燃料として大地震でも揺れて棚から落ちても割れないペットボトルのウイスキーや焼酎というのもそれなりで素敵だったが、サラダ油ならもっとどこでも手に入るのでお手軽というのが植物油を採用した理由。構造的には、熱で油を気化させ圧力も少し上がり、ベルヌーイの法則とベンチュリー効果でジェットエンジン内部にある様な燃焼室を形成、となるのだがそんな理屈はこの際どうでもいいだろう。
 

   材料は比較的どこでも手に入るものを選択

                                                                                                                  口の部分は切り落とす。燃焼用空気の吸気口をドリルで開ける。穴を開ける道具が本当に何も無ければ、釘でもなんでもいいと。                                                                                                                                                                                                                                           

   缶の上下を切り出し、圧入して合体すれば本体の完成。見た目が 大事と、塗装剥離と丁寧な吸気口になるような細工はした。

                                                                                               

  ウィックと言うか芯材はティッシュペーパー2枚重ねを1枚。それをバラしほぐしつつ1枚をふっくらと球にしもう1枚で包むようにして本体内部へ挿入。その際、空気の吸入口は塞がないようにする。

  植物オイル大さじ1、15cc程度注入しウィックにしっかり染み込ませ、あとは着火すれば1時間近く燃焼が続く。調理で実用的なのは、プレヒート終了後の5分後くらいから3〜40分だろうか。製作自体は、1〜2時間ほどで出来るだろう。 油燃焼に伴い相当臭うので、キャンピングカーや室内ではやめておいた方がいい。実際、相当以前に自宅内深夜実験していて、寝ていたカミさんが起きて来て呆れられ非常識とこっ酷く叱られた覚えが…。 とはいえ、オーニング下でマッタリしている時のホットプレート熱源代りにどうぞ。サラダオイルならメチャメチャ手に入りやすいし安価、ただし調理器具裏面には相当煤が付きます、悪しからず。 今回この記事を作成するにあたり、作り方が細かく理解できるよう新規制作した途中経過の動画にまとめてみたので、気になる方はチェックを。ただし、製作、検証、利用で24分と長時間に及ぶので 覚悟してねぇ。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第273回】カッコいい? ホットプレートを使おう


最近は何でもかんでも100均で手に入り、こんなことで世の中大丈夫なのかと心配にもなるが、便利なものはしょうがない、それはそれで使い倒すという性格。しかもコロナ禍で家飲みも増え大活躍しているのが、アルコール固形燃料を使って卓上調理できる道具たち。ただコレって燃料の都合で20分弱だし火力も強火みたいなもので、いま1つ活かしきれていないかなぁと感じていた。

そこで今回は手に入りやすい燃料を使い、長時間調理と保存に適した方法は無いかと実験してみた。用意したのは、これまた100均の木炭とジェル状アルコール着火材、そこらに有った豆炭である。

通常運転としては当然アルコール固形燃料で、プリンの型カップで消火出来る様にし使用していた。このセットだと火力はあるが屋外では風の影響を受けすぎ、キャンプではどうにも使いようが無いなぁと、完全に覆える風防を用意すればいいのだが、それじゃ見た目が・・・。

さて、まずは着火が簡単で火持ちもいい豆炭。着火時の臭ささえ除けば扱いは極めて簡単なのだが、火の位置から鍋や鉄板までの距離があるためかさすがに火力がイマイチ。 五徳はこれまた100均の鋳物製でメチャクチャ熱くなるので、テーブルに熱が伝わらない様今回はタイル貼りの鍋置きの上でやった。珪藻土コースターなどを敷いても良いのではないだろうか。下部の断熱は本気で大事。

次に試したのは木炭1片、着火はジェルの着火材。なんだかいい感じかもと思ったが、直接ジェルを塗りたくった状態ではなかなか炭自体が温まらず、着火剤が消えても炭本体にはほとんど火が回らない。

そこで今度はアルコール固形燃料を五徳の火床に置き、その上で炭に火を移してみることに。

この方法だと炭のかなりの部分に炎が起こり、かなり実用的になってきたので、ニンニクの油煮など作ってみた。この場合火力が弱い方がじわっと作業できて都合がいいのだが、結局この炭の塊はその後崩すことになった。

というわけで、結局着火剤はアルコール固形燃料で行ない、炭はある程度の大きさに割って着火して利用するのが一番良さそう。炭1片で1時間は楽勝、次々と温めやら調理ができる。空焚きでも鋳物鉄板なら御構い無し。この放置プレイが今回の醍醐味で肝かも。

もっと長時間に渡ってホットプレート化するなら、細かくした炭を適宜足せばいい。最初から最後まで仰ぐ必要もなければほとんど煙なども発生しない。火力調節に火吹き棒は合った方がいいかも。というわけで、味気ないカセットコンロの見た目とは違うご機嫌なホットプレートの完成である。屋外のキャンプでも十分活用できるテーブルコンロだよ。実は…、小型焚き火台やウッドストーブだと火が強すぎて、どうにもテーブル向きでは無いなぁと感じて試した方法だった。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com