【元山牧場直営店 エルフィン】海をのぞむ丘の上で新鮮な牛乳を使ったソフトクリームを味わう


北海道の八雲町は、函館から海沿いの国道5号線を約80km北上した場所にあります。函館からニセコや道央方面に移動する際に必ず通る場所で、オートキャンプ場や日帰り温泉、大型スーパーなどが集まっているので、クルマ旅の滞在地としても最適です。

 

八雲エリアで有名なのが、道内屈指の高規格オートキャンプ場「オートリゾート八雲」、東京ドーム13個分以上の広大な公園「噴火湾パノラマパーク」、絶品フライドチキンが味わえる丘の上のレストラン「ハーベスター八雲」。これらの施設が内浦湾を望む丘の上に集まっていて、グルメ・遊び・キャンプを一度に楽しむことができます。

そんな絶好のロケーションで、美味しいソフトクリームを味わえるお店として人気を集めているのが「元山牧場直営 ELFIN(エルフィン)」です。ここは、北海道酪農の発祥の地・八雲町にある「元山牧場」の直営カフェ。白樺並木の1本道の途中にある店舗では、手間ひまかけて大切に育てられた良質な牛の牛乳を使ったスイーツを味わうことができます。

人気メニューは、新鮮な牛乳で作ったアイスクリームとソフトクリーム。さまざまなフレーバーを取りそろえたアイスクリームは2色盛りができ、ソフトクリームもミルク、チョコ、コーヒー牛乳、クリームチーズなどから好みの味を選ぶことができます。それぞれ子供サイズが用意されているので、小さな子供連れのファミリーはもちろん、アイスクリームとソフトクリームを一度に味わってみたいという欲張りな人にも最適。テラス席で雄大な風景を眺めながら絶品スイーツを味わえるのは、北海道旅ならではの醍醐味です。

店内で販売している「元山牧場」製の牛乳やコーヒー牛乳、数量限定のプリン、焼き菓子などは、お土産にもピッタリ! 店舗の前にある白樺並木の1本道はフォトスポットとしても人気なので、ぜひキャンプや公園遊びと併せて極上のスイーツを味わってみてください。

 

(データ)

店舗 元山牧場直営店 ELFIN(エルフィン)

住所 北海道二海郡八雲町浜松366-10

TEL 0137-62-2078

営業時間 夏期/10:00~19:00 冬期/10:00~17:00

定休日   不定休

駐車場 あり

https://motoyamabokujyou.com/

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【美瑛放牧酪農場】とれたての牛乳を使ったラクレットトーストとソフトクリームが絶品!


北海道の人気観光地・美瑛エリアを訪れた際にぜひ足を運んでいただきたいのが、美瑛の中でもとくに自然豊かな環境にある「美瑛放牧酪農場(美瑛ファーム)」です。約20ヘクタール(東京ドーム4個分)の広大な放牧場には、ジャージー種、ブラウン・スイス種、ホルスタイン種、モンベリアード種の4種類・約120頭の牛が放牧されていて、緑豊かな丘陵地と大きな青空、のびのびと生活する牛たちが、北海道らしいのどかな風景を織りなしています。

最大の魅力は、敷地内に併設されたカフェ&ショップ。名物の「ラクレットトースト」(1200円)は、美瑛放牧酪農場の牛乳で作ったラクレットチーズを、美瑛産の材料にこだわった食パンにたっぷりのせた逸品です。アツアツのラクレットチーズと香ばしく焼き上げたトーストのコラボレーションは、言葉を失うほどの美味しさ! シンプルなメニューだからこそ、チーズやパンの素朴な味わいが際立ちます。

ラクレットトーストと並ぶ名物の「ソフトクリーム」(カップ400円/コーン500円)は、牛乳本来の風味を活かした濃厚な味わいが特徴。ソフトクリームに使用するワッフルコーンも、美瑛産小麦と自社製造のバター&生クリームを使用して店内で焼きあげた、こだわりの一品です。

カフェ内にあるショップでは、「フロマージュド美瑛」「ラクレット」「フロマージュブラン」などのチーズを量り売りしているほか、低温殺菌製法で牛乳本来の風味を活かした「美瑛低温殺菌牛乳」や、飲むヨーグルト、ミルクプリン、有塩バターなど、魅力的な商品がそろっています。ここでしか買えないできたての乳製品ばかりなので、お土産としても喜ばれること間違いなしです。

 

(データ)

店舗 美瑛放牧酪農場(美瑛ファーム)

住所 北海道上川郡美瑛町字新星平和5235

TEL 0166-68-6777

営業時間 5月~10月/10:00~17:00、11月~4月/10:00~16:00

定休日   年中無休(年末年始を除く)

駐車場 あり

https://biei-farm.co.jp/

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【くまうし 弟子屈本店】地元素材を活かした美味しい豚丼と手打ちそばを一度に味わえる人気店


秘伝のたれで香ばしく焼き上げた豚肉をご飯の上にたっぷり載せた豚丼は、北海道・帯広エリアのソウルフードです。本場の豚丼を味わいたいなら豚丼専門店で食べるのがベストですが、そうなるとメニューは必然的に豚丼のみ。家族やグループで来店する場合、「豚丼以外のメニューを食べたい」という人もいるかもしれません。そんな時にオススメなのが、道の駅摩周湖のすぐそば(クルマで2分)にある「くまうし 弟子屈本店」です。

ここは、地元の食材を活かした美味しい豚丼と手打ちそばを一度に味わえるお店。観光客はもちろん、舌の肥えた地元住民からも人気があり、常に多くの人でにぎわっています。北海道の一流シェフやカリスマバイヤーなどが選考する「北のハイグレード食品」を受賞した経歴もあり、その味はお墨付きです。

 

名物の豚丼は、厳寒の地で飼育された北海道産豚を素朴な調理法で焼き上げた逸品。肉のうまみを引き出すように調合された秘伝の醤油たれも、本場帯広の豚丼ファンをもうならせる美味しさです。豚丼は脂質の評価が高い「バラ」、赤身にほどよく脂肪が入った「ロース」、ロースとバラを同時に味わえる「ミックス」があり、子供向けのハーフサイズやチーズ、キムチ、温卵のトッピングも用意されています。

豚丼と並ぶ名物の「摩周そば」は、道産石臼粗挽き粉を使用したこだわりの手打ち。あえて挽きぐるみと呼ばれる蕎麦の皮部分も加えており、蕎麦に載せる種ものも可能な限り地元の素材を使用しています。

 

豚丼と摩周そばのセットメニューが用意されていて、絶品の豚丼とこだわりの摩周そばをリーズナブルな価格で贅沢に味わえるのもうれしいポイントです。豚丼を豪快にかきこむもよし、摩周そばをじっくり味わうもよし、豚丼と摩周そばを一度に味わうもよし……。道東を旅する際にぜひ立ち寄りたい、隠れた名店です。

 

(データ)

店舗 くまうし 弟子屈本店

住所 北海道川上郡弟子屈町鈴蘭1丁目8-6

TEL 015-482-2688

営業時間 1~2月/11:00~15:00・17:00~20:30、3〜12月/11:00~20:30

定休日   火曜日

駐車場 あり

https://kumaushi.jp/

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【噴火湾パノラマパーク】海を一望できる丘陵地に作られたビッグスケールのプレイスポット


函館港を利用してフェリーで北海道に渡る旅人のほとんどが、函館から海沿いの国道5号線を北上して道央を目指します。その途中にぜひ立ち寄りたいスポットが、函館から70km(約1時間半)ほど走った場所にある「噴火湾パノラマパーク」。東京ドーム13個分以上の広大な敷地を持つ、北海道らしさが詰まったプレイスポットです。

看板に沿って国道5号線を曲がると、フォトスポットとしても人気がある美しい白樺並木の1本道が、訪れる人を出迎えます。噴火湾を一望できるなだらかな丘陵につくられた62.7haの公園は、まさに北海道ならではのビッグスケール! 芝生に寝転んで大きな青空を眺めているだけでも、北海道旅の醍醐味を味わうことができます。一般道からだけではなく、道央自動車道・八雲PAから徒歩でアクセスできるのもポイントです。

敷地内には、フワフワドームやエンドレスターザンロープなどの大型遊具がそろった「まきばの冒険広場」をはじめ、パークゴルフ場やディスクゴルフ場、無料で利用できるバーベキューコーナー(予約制)、インドアプレイスペース「キッズアリーナ」、軽食を楽しめるカフェなどがあり、大人も子供も1日中楽しめます。

4か所ある駐車場はどれも広くて無料で利用できるのが魅力ですが、車中泊や閉門時間過ぎの駐車は禁止。キャンピングカーで宿泊する際は、敷地内にある道内屈指の高規格オートキャンプ場「オートリゾート八雲」を利用しましょう。丘の上のレストラン「ハーベスター八雲」も隣接しているので、ランチやディナーに絶品フライドチキンや本格窯焼きピッツァを味わうのもオススメです。先を急いで通り過ぎてしまいがちですが、八雲エリアにも魅力的なスポットが集まっています。函館~道央を移動する際に、ぜひ「噴火湾パノラマパーク」に立ち寄ってみてください。

(データ)

名称 噴火湾パノラマパーク

住所 北海道二海郡八雲町浜松368-8

電話番号 0137-65-6030

開設期間 4月下旬~11月上旬(一部施設は通年営業)

営業時間 10:00~18:00

駐車場 無料(4か所)※車中泊不可

http://panorama.town.yakumo.hokkaido.jp/

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【あさひかわラーメン村】旭川市内の人気店が集まったラーメンのテーマパーク


北海道旅の醍醐味は、北の大地ならではの美味しいグルメを味わえること☆ 新鮮な海の幸やスープカレー、ジンギスカン、豚丼のほか、B級グルメからスイーツまで、北海道にはさまざまなグルメがありますが、なかでも不動の人気を誇っているのがラーメン!   函館塩ラーメン、札幌味噌ラーメン、旭川しょうゆラーメン、室蘭カレーラーメンなど、その土地によって異なる味を楽しむことができます。しかし、人気の個人店や老舗店は混雑しているし、周囲にキャンピングカーを止められる場所があるか不安……。そんな人にオススメなのが、旭川市にある「あさひかわラーメン村」です。

この施設は、旭川市内の人気ラーメン店が集まったラーメンのテーマパーク。旭川が誇るラーメン文化を広く知ってもらいたいというコンセプトで、1996年に誕生しました。ショッピングセンター「パワーズ」の一角に位置しており、広い無料駐車場も完備しているのでキャンピングカーでの訪問も安心♪ 入場無料で、施設内の店舗から好きなお店を選んで極上の旭川ラーメンを味わうことができます。

営業している店舗は、64年の歴史を持つスープが自慢の老舗店「青葉」、丸1日煮込んだスープと2日間かけてつくるチャーシューが自慢の「いってつ庵」、すね骨の豚骨スープにこだわった「いし田」、昔ながらの味わい深いラーメンを楽しめる「天金」、全国的に有名な「山頭火」、健康・美人になる烏骨鶏ラーメンを提供する「さいじょう」、秘伝のスープに自家製中細ちぢれ麺を合わせた王道旭川ラーメン「梅光軒」の7店舗(2024年4月現在)。

施設内には、あさひかわラーメン村神社やラーメンにちなんだ顔出しパネル、丼と割りばしをモチーフにした休憩ベンチなど、記念写真スポットも盛りだくさん。絶品の旭川ラーメンとあわせて、ラーメン文化発信地ならではの雰囲気も味わってみてください。

 

(データ)

店舗 あさひかわラーメン村

住所 北海道旭川市永山11条4丁目119-48

TEL 0166-48-2153

営業時間 11:00~20:00

定休日 なし

駐車場 無料

https://www.ramenmura.com/

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/