【第257回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その⑰


 車内に置いた荷物が走行中に動かないように固定することは重要です。とくにキャブコンの広いラゲッジルームなどに荷物を置くと、フロアが滑りやすいことも手伝って、車が曲がるたびに荷物も左右に移動することになり、大切な荷物が傷付く原因になります。

 そこで荷物を固定するために便利なショックコードや、コードを止めるためのアイストラップ、フックを紹介します。

————————————-

 

♯087003

フットマン アイストラップ ビニールコーティングなし

価格:262円

 

●25㎜幅のベルトを通して使えるユニクロメッキのパーツです。取り付け穴のピッチは56㎜で、穴は皿もみされているので皿ネジを使うことでフラットに仕上げることができます。

————————————-

 

♯087026

板アイストラップスリム ステンレス

価格:132円

 

●ステンレス製の小型のアイストラップです。取り付け穴のピッチは46㎜となっています。

————————————-

 

♯086004

丸アイストラップ6ミリ ステンレス

価格:198円

 

●6㎜径の丸棒から加工されたステンレス製のアイストラップで、取り付けピッチは46㎜。皿ネジを使うことでフラットに仕上げることができます。

————————————-

 

♯087025

丸アイストラップ8ミリ ステンレス

価格:330円

 

●8㎜径の丸棒から加工されたステンレス製のアイストラップで、取り付けピッチは46㎜です。より強度が欲しい部分に使えます。

————————————-

 

♯084004

ショックコード 6㎜ 白

価格:220円(切り売り/m)

 

●耐久性と強度、そして伸縮性に優れた6㎜径のショックコードです。通常のゴムコードよりも強度があり、アイストラップに通して荷物の固定に使用できます。1m単位での販売です。

————————————-

 

♯084012

ショックコード 8㎜ 白

価格:262円(切り売り/m)

 

●しっかりと荷物を固定したいときに適した8㎜径のショックコード。通常のゴムコードとは違う強度と伸縮性があります。1m単位での販売です。

————————————-

 

♯084006

ショックコード ワンタッチフック黒 6φ

価格:198円

 

●「♯084004」のφ6㎜のショックコードの先端を差し込みロックすると十分な取り付け強度が出るカラビナ風のフックになります。アイストラップへ引っ掛けて取り付けることが簡単になります。

————————————-

 

♯084016

ショックコード ワンタッチフック黒 8φ

価格:253円

 

●「♯084012」のφ8㎜のショックコードの先端を差し込みロックすると十分な取り付け強度の出るカラビナ風フックになります。

 

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第255回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その⑯


キャンピングカーの車内にちょっとした物を置くための棚を作ったり、収納庫を作ったりすることがあります。そんなときに便利なパーツが板と板を直角につなぐことができるコーナー止めや、棚板を止めるのに便利なダボなどです。木口にはめ込むためのモールなどもあり、車内で木工DIYするときの強い味方となります。

とくに「コーナー止め 三角 茶 キャップ付き(10P)」はキャンピングカー製作には欠かせないパーツで、数多くのビルダーで使われているものです。

————————————-

 

♯532300

コーナー止め 三角 茶 キャップ付き(10P)

価格:671円

 

●キャビネットなどを作るときボードの突き合わせ部の内側にビス留めすることで、正確な直角を作り出せる治具的パーツです。強度も出て、さらに目隠しも付属しているので、仕上がりをキレイにすることができます。

————————————-

 

♯532313

コーナー止め 四角型 白 10P

価格:550円

 

●ボードを直角に組み合わせるときに使うビスのガイドにもなるコーナー止めです。幅は38㎜で、皿もみした穴に五本の皿ビスを使用して、強く接合することができます。色違いでブラウンがあります。

————————————-

 

♯054013

ダボ φ9 クロームメッキ オス 9ミリ オン

価格:44円

 

●キャビネットなどに棚板を取り付けるときに使う強度の高い金属性のダボです。♯054014にねじ込んで使用します。軸の径は9㎜です。

————————————-

 

♯054014

ダボ φ9 クロームメッキ メス 9ミリ メン

価格:22円

 

●♯054013のダボを取り付けるために、あらかじめ壁などに打ち込んでおくベースとなるダボです。金属製で取り付け強度があるので、棚の耐荷重も確保できます。

————————————-

 

♯056179

ツバ付T型モール 切売 各色

価格:209円(切り売り/m)

 

●15㎜厚ボードの木口に対応したはめ込み型のモールです。片側にエッジが付いているので、ボードを挟む形になって強度が出てめくれにくくなります。カラーはミディアムグレー、ブラック、ブラウンです。1m単位からの切り売りとなります。

————————————-

 

♯056182

ピン型モール 切売 各色

価格:135円(切り売り/m)

 

●壁とボードの突き合わせ部分などのすき間を埋めるモールです。頭のパイプ部分はφ6㎜で、カラーはミディアムグレー、ホワイト、ライトブラウン、ブラウンの4色。1m単位からの切り売りです。

————————————-

 

♯056107

コーナーモール ブラウン E-622-B 90~120°

価格:2970円(2.2m)

 

●15㎜合板をスリット部分に差し込むことで、簡単に90~120度の角度で箱形のコーナーに成型できるモールです。カラーはブラウン。頂点部分にはクッション性があります。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第253回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その⑮


キャンピングカーは移動が多い乗り物なので、シートはとくに重要です。身体に合ったシートは旅の疲れを半減してくれるので、ホールド性や乗降性などが重要になります。またベッドを兼ねたシートでは寝心地が気になりますよね。キャンピングカー用のシートは前後スライドしたり、背もたれが倒れてフルフラットになります。今回はそんなシートを紹介していきます。

————————————-

♯062273

RECARO LX-F IL110H(シートヒーター付)

価格:162,800円

 

●サイドにレザーをあしらい、中央部分にはメッシュ素材を採用、さらにシートヒーターとポンプ式のエア・ランバーサポートを装備しています。

————————————-

 

♯062275

RECARO ERGOMED-MV

価格:158,400円

 

●腰痛予防と疲労軽減を重視したスタンダードなレカロのエルゴノミクスシートです。シートクッションにフラットタイプを採用。

————————————-

 

♯062278

RECAROシート用シートレール

価格:24,200円

 

●レカロシートを車体に取り付けるための専用レールです。フィッティングには欠かせないパーツで、シート座面は少し高くなります。

————————————-

 

 

♯062290

FASP対面対座シート W900 台座付

価格:250,250円

 

●キャンピングカーでポピュラーなシート台座で、前後スライド、横スライド、座面のバラフライ機構を備えています。幅の違いで3タイプあります。シートベルト付属。

 

————————————-

 

♯062300

i-seat T-REVO(アイシート ティーレボ)

価格:要問い合わせ

 

●スタンダードタイプのバタフライシート。前向き、フルフラット、格納状態へと動かすことができます。

————————————-

 

♯062301

i-seat REVO(アイシート レボ)

価格:要問い合わせ

 

●標準的なレボシート。安心の国産商品で三点式シートベルトを装備。前向き乗車状態では成型された座面、ベッド状態ではフラット面になるように調整ができます。

————————————-

 

♯062302

REVO seat(レボシート)

価格:要問い合わせ

 

●純国産のキャンピングカー用ベッド兼用シート。前・後ろ向きシート、ベッドになり、展開操作も簡単。ベッド展開時の高さは390㎜、340㎜から選べます。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第251回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その⑭


 ハイエース専用のDIYアイテムを紹介します。「アルミステップカバー」は、穴開け加工など不要、超簡単なDIYでステップ部分に上から貼り付けるだけですが、スライドドアを開けたときの足もとをスタイリッシュに見せることができます。ステップ部分は意外と面積があるので、がらっと雰囲気が変わります。さらにキズ防止にもなり一石二鳥です。ハイエースのグレードなどに注意して注文してください。

————————————-

 

♯247001

200系ハイエース TRAVOIS アルミサイドステップ DX用右 純正ステップカバー無し

価格:15,714円

 

●純正ステップカバーのないハイエースDX用運転席側のアルミステップカバーです。装着は両面テープで固定するだけ。

————————————-

 

♯247002

200系ハイエース TRAVOIS アルミサイドステップDX用左 純正ステップカバー無し

価格:15,714円

 

●純正ステップカバーのないハイエースDX用助手席側のアルミステップカバーです。装着は両面テープで固定するだけ。

————————————-

 

♯247003

200系ハイエース TRAVOIS アルミサイドステップパワースライドドア用左

価格:11,524円

 

●パワースライドドア装備の助手席側アルミステップカバーです。装着には両面テープを使います。

————————————-

 

♯247004

200系ハイエース TRAVOIS アルミサイドステップSGL用右

価格:11,524円

 

●スーパーGLに対応した運転席側のスライドドア部分のアルミステップカバーです。装着には両面テープを使います。

————————————-

 

♯247005

200系ハイエース TRAVOIS アルミサイドステップSGL用左

価格:11,524円

 

●スーパーGLに対応した助手席側のスライドドア部分のアルミステップカバーです。装着には両面テープを使います。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第249回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その⑬


キャンピングカーの装備品として人気のソーラーパネル。価格も安くなってきたこともあって購入を検討している人も多いでしょう。

 なかにはソーラーパネルをクルマの上に載せて、サブバッテリーと接続するだけでいいと思っている人もいるようですが、合わせてチャージコントローラーが必要になります。コントローラーがサブバッテリーへの充電を調整し最適な制御をしてくれるのです。

 コントローラーは大きくわけてPWM制御とMPPT制御の2種類があって、ソーラーパネルの容量に合わせて制御方法を選びます。目安としては100W以上ならばMPPT制御のコントローラーを選びましょう。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯202028 ソーラーパネル92W

♯202028

ソーラーパネル92W

価格:62,700円

●単結晶シリコンで最大開放電圧23.38V。キャンピングカーのサブバッテリーの充電に適しています。サイズ:1200×527×35㎜ 重量:7.6㎏

————————————-

♯202032

ソーラーパネル135W

価格:132,000円

●開放電圧22.1V、DC12V系のバッテリーシステムに適したソーラーパネルです。135Wでキャンピングカーに使いやすい容量です。サイズ:1500×668×36㎜ 重量:12.5㎏

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯202040 ソーラーパネル226W

♯202040

ソーラーパネル226W

価格:116,160円

●大出力ソーラーパネルで、電流制御にはMPPTタイプのチャージコントローラーと組み合わせることをおすすめします。

————————————-

♯202033

MPPT制御型ソーラーコントローラー

価格:62,700円

●最大75Vのソーラーパネルからの入力に対応したMPPT制御のコントローラー。ベースシステム電圧は12Vと24Vを自動判別します。

サイズ:169×64×73㎜ 重量:0.6kg

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯202025 ソーラーコントローラー12V30A

♯202025

ソーラーコントローラー12V30A

価格:26,510円

●ソーラーパネルの容量約360Wまで対応し、充電と負荷制御は30Aのコントローラーです。充電方式はPWMマイコン制御で過充電や放電保護をします。

サイズ:177×71.5×83.8㎜ 重量:0.92kg

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp