【第217回】サイドオーニングの補修パーツ①


前回に続いて、サイドオーニング関連のパーツを紹介します。今回は、アクセサリーではなく補修部品です。

 サイドオーニングは、外装の高い位置に取り付けてあるので樹木にぶつけて破損することがあります。また経年変化によって劣化して色あせたり、欠けたりする部分もあります。そんな部分の交換パーツもいろいろと出ています。本体のエンドキャップカバー、ウインチカバー、本体と脚をつなぐレッグジョイントなどさまざまです。

 サイドオーニングを使うとき、基本的には出した脚はペグなどで地面に固定して使いますが、アスファルトや砂利などでペグが打てないときには、車のボディに付いたウォールフッキングレグに固定することができます。

 サイドオーニングに標準で付属しているウォールフッキングレグは、プラスチック製で紫外線による経年変化などで、劣化して動きが固くなったり、欠けたりします。

 破損した場合、同じものに交換してもいいですが、アルミ製のものに交換すると強度が上がるとともに動きがスムーズになります。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021270 フィアマ ウォールフッキングレグ2P

♯021270 
フィアマ ウォールフッキングレグ2P 
価格:4,400円

●オーニングの張り出し量が少ないときや、地面がアスファルトなどでペグが打てないときなどに使うボディマウントのフック。脚の先端を引っ掛けた後に、ロック部分をスライドさせて固定します。サイドオーニングに標準で装備されているものと同じものでプラスチック製です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021362 フィアマ アルミウォールフッキングレグ2P

♯021362 
フィアマ アルミウォールフッキングレグ2P
価格:5,060円

●ウォールフッキングレグと同様の機能がありますが、より強度のあるアルミで作られています。プラスチック製のものよりも動きが滑らかで、脚の取り付け外しも簡単に行えるようになります。アルミウォールフッキングレグの車両への固定には同梱のネジを使うほか、ブラインドリベット(通称タコリベット)で固定することもあります。

キャンピングカーパーツセンター ♯021362 フィアマ アルミウォールフッキングレグ2P

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第215回】サイドオーニングを活用するプラスα


キャンピングカーらしい装備品のひとつがサイドオーニングです。キャンプ場に到着したら、サイドオーニングを出すだけで、オーニング下は広いキャンプ空間になります。

 たとえばフィアマ製サイドオーニング「F45iTi350」の場合、幅が3.35mで出幅が2.5m。その面積は2坪を超える広々としたスペースです。

 そのオーニング下をさらに快適にするのがサイドオーニングアクセサリーで、オーニングのCレールを使って固定するテントやサンシェードなど、さまざまな商品がラインナップされています。

 オーニングの前と左右の3面を覆うことでテントルームにしたり、オーニングを地面にしっかり固定するためのタイダウンキットなども販売されています。

 そんな数多くあるアクセサリーのなかから、今回はシェードを紹介します。サイドオーニングの前側にセットして使い、日除け、雨よけなどに役立ちます。

 ちなみに今回紹介するのは輸入パーツとなるので、商品が手元に到着するまでは注文から4か月前後かかる場合があります。欲しいと思ったら、早めにご注文を。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021516 ドメティック サンプロテクター フロント 3.0m

外装パーツ
♯021516
ドメティック サンプロテクター フロント 3.0m
価格:30,800円

●ドメティックのサイドオーニングPW-1500の張り出しケース部分に取り付けるサンプロテクター。メッシュ状になっていて風を通しながらも日差しを遮ります。下部にはグロメットがあって、張り綱を通して固定することができます。撥水性のあるメッシュ生地は風を通し、サイドオーニング下に日陰を作ります。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021511 ドメティック ローロプラス ホワイト 3.5m

外装パーツ
♯021511
ドメティック ローロプラス ホワイト 3.5m
価格:57,200円

●サイドオーニングの張り出し部分のアルミフレームのCレールに通してセットするロールブラインドです。引き出した状態で使います。ブラインド部分は自動で収納されます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021416 フィアマ ブロッカーPRO 260 VAN

外装パーツ
♯021416
フィアマ ブロッカーPRO 260 VAN
価格:27,500円

●フィアマ製サイドオーニングの前面に取り付けるブロッカーPROは、窓を設けることで開放感があります。耐久性の高い生地を使い、風よけとともに日差し除けに役立ちます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021421 フィアマ ブロッカー300

外装パーツ
♯021421 フィアマ ブロッカー300
価格:17,000円

●オーニング前面のレールに取り付ける、薄手の防水生地でできた日除けです。オーニング下の空間を快適にするとともに、サイドオーニングのタイダウン代わりにもなります。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第213回】電池式だから欲しいところに手軽に照明を付け足せる


車内の照明は思っている以上に重要です。家庭と比べると照明との距離が近いので、影響を受けやすいためです。運転で疲れた目には、明るすぎる照明だとリラックスできません。また自分がくつろぐ場所のいい位置に照明があるとも限りません。

 そこで照明の増設が必要になりますが、電気配線を新たに内装に組み込むというのは、モケットをはがしたり、配線を取り回したりが必要で面倒な場合もあります。

 そこで、今回おすすめしたいのは、電池式の照明です。電池式ならば面倒な配線は一切必要なく、自分の好きな場所に取り付けることができます。紹介する3タイプはすべてLED照明で、それぞれ用途の違うタイプなので、使う場所に合わせて選ぶことができます。

 とくにセンサーライトは、夜中に起きたときに足もとなどを照らしてくれて便利な照明でおすすめです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯211128 フレキシブルマップライト3段階調光付き

電装パーツ
♯211128 フレキシブルマップライト3段階調光付き 電池式
価格:2200円

キャンピングカーパーツセンター ♯211128 フレキシブルマップライト3段階調光付き

●クリップでどこにでも気軽に取り付けができるマップライトです。しかもアームが自在に動くので好きな場所を照らすことができます。明かりは3段階に調整可能で、読書灯から常夜灯的な使い方までいろいろ。単四電池3本を使用します。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯211130 無段階調光LEDライト 電池式

電装パーツ
♯211130 無段階調光LEDライト 電池式
価格:2200円

キャンピングカーパーツセンター ♯211130 無段階調光LEDライト 電池式

●照明部分横にあるスライドスイッチを操作することで、明るさを無段階に調節できます。面全体にLEDが付いていて比較的明るいライトです。バンコンなどで車内全体の照明として使うのにもおすすめです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯211129 LED人感センサーライト 電池式

電装パーツ
♯211129 LED人感センサーライト 電池式
価格:2200円

キャンピングカーパーツセンター ♯211129 LED人感センサーライト 電池式

●まわりが暗くなったときに、人の動きを感知して明かりが点くセンサー式ライトです。スイッチの操作をしなくても点灯するので、夜間の非常灯としても使えます。エントランスや足もとを照らすセンサーライトとして便利です。単4電池を3本使用します。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第211回】キャンピングカーのスペアキーを作るために必要なブランクキー


キャンピングカーにはカギを掛ける場所がたくさんあります。ドアロックをはじめとして、エントランスドア、バゲージドア、給水口、カセットタンク出し入れのためのドアなど、さまざまな場所にカギが必要です。

 最近のキャンピングカーはカギを共用できるようにして本数を減らす傾向にありますが、少し前の車に乗っている人にとっては、ジャラジャラとカギの付いた束はお馴染みでしょう。そんなカギ束のなかのスペアキーを作ろうと思ったことはありませんか? 

 家のスペアキーならば町の鍵屋さんへ行けば作ることができます。ところがキャンピングカー専用のカギは町の鍵屋さんにはブランクキーがありません。カギをコピーする機械はあっても、元になるブランクキーがないために、カギが作れないのです。そこでまずはブランクキーを手に入れることが必要です。

 ここではキャンピングカーパーツセンターで取り扱っている6種類のカギについて紹介します。カギの形を参考にして注文して下さい。

————————————-

外装パーツ
♯031092 エントランスドア デッドロックブランクキー(KS201)
価格:1100円

●エントランスドアロックアッシー(♯031091)のサブロックに使われているドアキーです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯031093 エントランスドア ブランクキー(KS101)

外装パーツ
♯031093 エントランスドア ブランクキー(KS101)
価格:1100円

●エントランスドアロックアッシー(♯031091)のメインロックに使われているドアキーです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯031048 エントランスドア デッドロックブランクキー(KS601)

外装パーツ
♯031048 エントランスドア デッドロックブランクキー(KS601)
価格:1100円

●旧型のドアロックアッシーのサブロックに使われているドアキーです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯031049 エントランスドア ブランクキー(バーグマン)

外装パーツ
♯031049 エントランスドア ブランクキー(バーグマン)
価格:1320円

●旧型のドアロックアッシーのメインロックに使われているドアキーです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯031079 エントランスドア デッドロックブランクキー(KS700)

外装パーツ
♯031079 エントランスドア デッドロックブランクキー(KS700)
価格:1320円

●旧型のドアロックアッシーのサブロックに使われているドアキーです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯031080 エントランスドア メインロックブランクキー(KS200)

外装パーツ
♯031080 エントランスドア メインロックブランクキー(KS200)
価格:1100円

●旧型のドアロックアッシーのメインロックに使われているドアキーです。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第209回】車内の防音化に役立つクッション性の高いテープ


キャンピングカーの車内には家庭と同様の装備が詰まっています。キッチンにはシンク、コンロ、冷蔵庫、そしてトイレやエアコンなど大型の装備もあります。ダイネットの上には生活用品を収納するためのコンソールがあるなどさまざまです。

 車内で快適に過ごせることはもちろん、車として移動もするわけですから、それらの装備品や家具は、走行中の振動を考えて設計、製造されています。

 ですが、経年変化によって、素材が伸びたり縮んだり、装備品に歪みがでたりすると、その部分が振動して走行中に音がするようになることもあります。

 とくにトビラやフタとなる部分は、音がしがち。走行中のビビリ音や振動は気になるものですが、そんなときに役立つテープを紹介します。

「クッションテープ エプトシーラー グレー ♯102040」は、発泡体のゴムでできたクッションテープです。クッション性と耐久性に優れていて吸音効果があります。

 クッションテープの片側が両面テープになっていて、音が気になる部分に簡単に貼り付けることが可能。

 マルチルームのトビラから聞こえる音が気になるのであれば、テープをトビラの長さに合わせてカットして貼り付けるだけ。トビラにできていたすき間を埋めて振動を抑えてくれます。

 ほかにもアイデア次第で使い方はいろいろ考えられます。例えばアウトドアグッズを収納するフタ付きの大きなケースの場合など、フタの外周にぐるりとテープを貼り付けることで、密閉度の高いケースになります。

 テープは発泡ゴム製で防水性能もあるので、多少の雨からは中味を守ることもできます。

キャンピングカーパーツセンター ♯102040 クッションテープ エプトシーラー グレー

その他
♯102040
クッションテープ エプトシーラー グレー 
8㎜×15㎜×2メートル
価格:260円

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp