【第268回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その㉓


 前回に引き続き、今回もサイクルキャリアの交換パーツを紹介します。自転車の積み下ろしで欠けたりすることがあるプラスチック製パーツ、そして自転車のフレームを固定するためのバイクホルダーは長さの違いで4種類あります。サイクルキャリアは紫外線の影響を受けやすく、本体よりも先に、プラスチックやゴム系のパーツが劣化します。クルマの走行中に自転車を固定するために重要なパーツですから、割れたり、欠けたりしたら、すぐに交換しましょう。

————————————-

 

♯023104

オムニバイク用ラックホルダー2P

価格:1,760円

 

●自転車を載せていないときにラックを折りたたんで固定するためのホルダーです。ベースフレームとラックのあいだに渡してはめることでラックが開くことを防ぎます。

————————————-

 

♯023105

オムニバイク用クリップ

価格:660円

 

●ベースフレームとラックを固定するためのクリップです。U字フレームのエンドキャップも兼用しています。

————————————-

 

♯023109

オムニバイクホルダー140mm

価格:7,700円

 

●自転車のフレームを固定するための長さ140mmのパーツです。自転車をクルマのボディ側に近いところに固定することができます。

————————————-

 

♯023110

オムニバイクホルダー280mm

価格:9,020円

 

●自転車のフレームを固定するための長さ280mmのパーツです。

————————————-

 

♯023113

オムニバイクホルダー420mm

価格:9,900円

 

●自転車のフレームを固定するための長さ420mmのパーツです。

————————————-

 

♯023111

オムニバイクホルダー560mm

価格:10,450円

 

●自転車のフレームを固定するための長さ560mmのパーツです。

————————————-

 

♯023114

オムニバイクストラップ(布製)

価格:550円

 

●自転車のタイヤをレールに固定するためのストラップです。バックルがプラスチック製なので自転車にキズが付きにくくなっています。

————————————-

 

♯023116

オムニバイクストラップ(ゴム製)

価格:990円

 

●自転車のタイヤをレールに固定するためのストラップで、ゴム製です。留める穴によって長さを調整し、適度な張力でしっかりと固定できます。

————————————-

 

♯023115

オムニバイクVレール エンドキャップ現行型

価格:550円

 

●自転車を載せるレールの端に装着するエンドキャップで、現行型レールに対応します。脱落しないようにビスで固定します。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第266回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その㉒


 キャンピングカーに自転車を積んで出かける人の必需品がサイクルキャリヤです。サイクルキャリヤはクルマの外装に取り付けられているので、紫外線の影響を受けやすく、サイクルキャリヤ本体のフレームよりも先に、プラスチックやゴム系のパーツが劣化します。自転車を固定するために重要なパーツなので、割れたり、欠けたりしたら、すぐに交換しましょう。ゴムバンドなどは見た目は普通に見えても、弾性がなくなっていることもあります。キャンピングカーパーツセンターではフィアマ製とオムニ製のサイクルキャリアの取り扱いがあります。まず今回はフィアマ製キャリーバイクの交換パーツについて紹介します。

————————————-

♯023123

フィアマ バイクレール クイックセーフ

価格:1100円

●キャリーバイクレールクイックに付属する専用のアタッチメントで、タイヤを固定します。締め上げるための機構が組み込まれていて簡単な操作で確実に自転車をレールに固定できます。

————————————-

♯023125

フィアマ キャリーバイクラックホルダー

価格:1870円

●キャリーバイクは自転車を載せないときにはレール部分を跳ね上げておくことができます。そのときにフレームを上げたままの状態でキープするために使うホルダーです。走行時の振動でも開かなくなります。

————————————-

♯023151

フィアマ キャリーバイクブロックPRO 1 Black

価格:2970円

●キャリーバイクの標準セットに付いているパーツで、一番車体側にある自転車のフレームを固定するためのパーツです。ベルトの欠損や脱落などによる紛失、劣化した場合の交換パーツとして。

————————————-

♯023152

フィアマ キャリーバイクブロックPRO 2 Black

価格:3564円

●キャリーバイクを拡張するときにレールを増設するとともに必要なアタッチメントです。プラスチック部分の劣化があったら交換します。

————————————-

♯023126

フィアマ バイクレール エンドキャップ

価格:1210円

●キャリーバイクレールクイックPro Blackに標準で装備されるエンドキップです。はめ込み式で簡単に交換ができます。欠けたり、割れたりしたときの交換部品となります。

————————————-

♯023118

フィアマ キャリーバイクストリップ 赤 2本組

価格:1870円

●クイックセーフだけでは固定できないような場合に使うストラップで、より安定した固定ができます。長さ39㎝。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第264回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その㉑


「フィアマFIXオーガナイザー2P(♯023130)」は、フィアマ製のバッグやオーガナイザーを吊り下げて使用できるようにするフックです。主に車外で使えるようにするためのもので、あらかじめボディ外装などにビスで固定しておきます。たとえばサイドオーニング下にテーブルやイスを出してくつろいでいるときに、外装にバッグを吊しておき、車外でよく使う物を入れておけば、いちいち車内に取りにいく手間が省けて便利。フィアマFIXオーガナイザー2Pを取り付けることができれば、そこが収納場所に早変わりします。

————————————-

 

♯023130

フィアマ FIXオーガナイザー2P

価格:1100円

 

●パックオーガナイザーなどを吊り下げて使えるようにするためのフックです。ボディ外装などにビスで固定して使います。2つで1組です。キャブコンのバンクベッドラダー受けとしても使われています。ビスは固定する場所の素材に合わせて用意してください。

サイズ:30×55×10mm

————————————-

 

♯023136

フィアマ パック オーガナイザーS

価格:5500円

 

●小物入れとして使えるパックで持ち運びが簡単な折りたたみ式です。

サイズ:500×840mm

重量:0.4㎏

————————————-

 

♯023138

フィアマ パック オーガナイザーL

価格:4730円

 

●Sサイズのものに比べると大きめサイズのものが収納できます。横長なので、高さが足りない場所に吊り下げるのに適しています。

サイズ:880×390mm

重量:0.5㎏

————————————-

 

♯023128

フィアマ パック オーガナイザー 靴用 黒

価格:8140円

 

●靴入れとして作られたソフトケースでポケットは10か所。ファスナー付きのカバーを掛けられます。

サイズ:840×540×10mm

————————————-

 

♯023133

フィアマ PACK WASTE

価格:8800円

 

●組み立て式のゴミ箱で、折りたたんだときのサイズは295×295×42㎜。使わないときはとてもコンパクトに収納できます。この商品には「フィアマFIXオーガナイザー2P(♯023130)」が付属しています。

サイズ:295×295×420mm

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第262回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その⑳


前回はプッシュロックを紹介しました。今回もまたキャビネットやオーバーヘッドコンソールに使うためのもので「ドアキャッチ」を紹介します。プッシュロックとは異なり、キャッチにはドアノブが必要ないので、扉の表面がシンプルです。クルマの外装に取り付けるためのバゲージドアキャッチなども合わせて紹介しています。

————————————-

 

♯052064

ボックスローラーキャッチ TL-95

価格:308円

 

●ケースとツメに金属を使い耐久性を高めたボックスタイプのキャッチ。キャッチ部分がケースで囲まれているので荷物などに干渉されることがなく扉の開け閉めができます。サイズ:48.5×14×13mm。

————————————-

 

♯052067

耐震用タッチラッチ TL-191

価格:660円

 

●走行中で車内が揺れているときなどにはロックが掛かって開かなくなる耐震用のキャッチです。割れ物などを収納して、走行中に開いて欲しくないような扉に取り付けます。

————————————-

 

♯052068

マグネットキャッチ TL-75S

価格:440円

 

●磁石を使ったキャッチはシンプルな構造で、故障する要素がほとんどありません。軽い物を収納した棚の扉などに取り付けるのに適しています。

————————————-

 

♯052080

バゲージドアキャッチ 白

価格:550円

 

●クルマのボディ外板にビスで直付けして、跳ね上げ式のバゲッジドアなどを開けた状態で保持できるようにするキャッチです。フック部分にはバネが入っていて、通常は収納されていて走行中に開いたりしません。

————————————-

 

♯052043

ロータリーキャッチ TL-117-1

価格:66円

 

●ビスで簡単に取り付けができるプラスチック製のドアロック。ネジピッチは25mmで本体そのものが小さいので、サイズの小さなキャビネットに取り付けることができます。

————————————-

 

♯052022

ジュラコンキャッチ TL-118

価格:44円

 

●プラスチック樹脂の中でも特別に滑りのいいジュラコン製のキャッチです。かみ合い形状がピッタリなのでガタ付きが出ません。取り付けネジピッチは約20mm。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第260回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その⑲


車内にはキャビネット、オーバーヘッドコンソール、収納棚、マルチルーム、トイレルームなどに扉が付いています。

その扉のドアノブに多く使われているのがプッシュロックです。ノブ部分を押し込むことでドアロックがかかり、もう一度押すことで解除されます。

 収納棚などでは外側から開け閉めできればいいので、ノブは外側だけにあれば問題ありませんが、トイレルームのように内側からも開け閉めするものは、両側にドアノブが必要です。新しく車内にドアを取り付けるときにはもちろん、既存のドアノブの修理交換に役立つパーツを紹介します。

♯53272

プッシュロックS ゴールド

価格:1760円

●金色のノブのプッシュロック。取り付け可能な板の厚さは15~17mm。φ25mmの穴開けが必要です。サイズ:78×53×58mm

————————————-

 

♯53273

プッシュロックW ゴールド

価格:2420円

 

●♯53272と同様のカラーのプッシュロックですが、裏側にもドアノブが付いていて両側から操作ができます。サイズ:78×53×76mm

————————————-

 

♯532700

プッシュロックS ブラウン

価格:1100円

 

●♯53272と同一のパーツですが、ノブの色が異なります。落ち着いた車内にしたいときにおすすめです。サイズ:78×53×58mm

————————————-

 

♯532710

プッシュロックW ブラウン

価格:1760円

 

●♯53273と同一のパーツですが、ノブの色が異なります。サイズ:78×53×76mm

 

————————————-

 

♯53274

プッシュロック ミニ シルバー

価格:1320円

 

●シルバーで小型タイプのプッシュロック。取り付け対応板厚は11~17mm。φ20mmの穴を開けて取り付けます。サイズ:48×35×52mm

 

————————————-

 

♯052020

セーフラッチB211型ブラウン

価格:869円

 

●つまみの中央にあるプッシュボタンを押し込むとラッチボルトが解除されるノブです。キャビネットの扉など軽量部分への装着に向いています。取付用ビス6本付属

 

 

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp