【第235回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その⑥


車内で快適に過ごすために電気はなくてはならないものです。スマホの充電から照明、さらには電子レンジなどさまざまな電気器具を使います。

 キャンピングカーの場合はサブバッテリーから電気を取りだして使うことが多く、DC12Vをそのままで使う電気製品もありますし、インバーターを介してAC100Vの家電製品を動かすこともできます。

 目に見えないので、どれくらいバッテリーを消費したかを知るためにバッテリーモニターが必要になります。過充電や過放電はサブバッテリーにダメージを与えるので、バッテリーモニターでサブバッテリーを管理することは重要です。

 サブバッテリーの電圧を測ることで残量を予測するものから、デジタルで残量を把握することのできるタイプもあります。

 いま乗っているキャンピングカーに簡易式電圧計が付いている場合、本格的なものに付け替えることで、サブバッテリー管理が容易になりおすすめです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯801060 バッテリーコンピューター 200S

♯801060

バッテリーコンピューター 200S

価格:55,000円

●電圧計だけでは分かりにくいバッテリーの容量をリアルタイムで表示する残量計です。「Ah」表示のほかに「%」表示も可能で、リアルタイムの電流値も分かります。ほとんどのバッテリータイプに対応します。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯185026 VOTRONIC電圧計

♯185026

VOTRONIC電圧計

価格:19,800円

●消費電流はわずか0.05A。タッチ操作によりメインとサブバッテリーの電圧を切り替えて表示します。LEDによる10段階表示で電圧の変化を表します。奥行15㎜の超薄型設計です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯185022 AVモニター110A

♯185022

AVモニター110A

価格:24,200円

●電圧、電流を表示し、サブバッテリーの管理をサポートします。最小電流0.1Aから計測ができるので、器具の電源切り忘れ防止にも役に立ちます。純国産による高い品質と精度の高さに定評があります。最大容量は110A。サイズ:135×85×40㎜

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯185023 AVモニター110A

♯185023

AVモニター110A

価格:28,600円

●電圧が低下すると11.3V、10.5Vの2段階で残量警告ブザーが鳴ります。♯185022と比べると最大容量が増え190Aとなっています。サイズ:135×85×40㎜

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第233回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その⑤


DIYをして車内に装備品を追加するときに欠かせないのがスイッチです。照明器具、水道ポンプ、換気扇のオン・オフなどさまざまな場面で使われます。それぞれ個別の装備にスイッチが必要になる場合や、キャンピングカーの場合だとスイッチ類を1カ所にまとめた集中スイッチもあります。

 さらに変わったところでは足で踏んで操作するフットスイッチもあります。このスイッチをウォーターポンプを作動させるために使うと両手が空いて便利で、しかも水を無駄なく使うことができます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯211107 LED Dimmer スイッチ

♯211107

LED Dimmer スイッチ

価格:2200円

●押すと電源が入り、長押しすることで調光できるLED照明用のスイッチです。スイッチの周りが白く光ります。照明器具によってはうまく調光ができない場合があることと、配線コネクターはカットしてつなぎ直す必要があります。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯182023 LEDスイッチ アイスブルー

♯182023

LEDスイッチ アイスブルー

価格:660円

●はめ込み型のスイッチで、導通時にLEDが点灯する仕組みです。結線には、入力、出力、グランドの3線が必要でギボシ接続します。

キャンピングカーパーツセンター  #182024 アクリルスイッチプレート55×55

#182024の「アクリルスイッチプレート55×55(660円)」と組み合わせて使います。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯182025 Berker ランプ付きスイッチ

♯182025

Berker ランプ付きスイッチ

価格:2640円

●導通時には赤色の動作ランプが点灯します。ベースは55㎜角のプレートで、#831501の「

Berker スイッチ枠 シルバー(1100円)」にはめ込んで使うことができます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯182026 防水ロッカースイッチSPST OFF-ON

♯182026

防水ロッカースイッチSPST OFF-ON

価格:2750円

●防水タイプのスイッチなので、水回りでも使用できます。#182027のスイッチ枠と合わせて使うことでより防水性能を高めます。

キャンピングカーパーツセンター #182027防水ロッカースイッチカバー

#182027

防水ロッカースイッチカバー

価格:814円

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯62039 フットスイッチ

♯62039

フットスイッチ

価格:880円

●ウォーターポンプを動かすためのスイッチです。足で踏むことでオンになります。水の使用量を少なくすることができます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯182003 6連スイッチパネル

♯182003

6連スイッチパネル

価格:9240円

●1つの電源から6個の負荷へのスイッチ操作ができます。各回路ごとにヒューズが付いて、ヒューズが切れるとLEDが点灯。各スイッチごとにもLEDが付いていて通電状態がひと目で分かる仕組みです。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第231回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その④


今回紹介するのはDIYといっても、電球を差し替えるだけの簡単なものです。とはいえ、LEDタイプに交換するので明かりの雰囲気は変わりますし、加えてLEDによる省電力化も図ることができます。

 差し替えるだけですが、電球には口金の規格があるので注意してください。照明器具と電球を接続する部分の形とサイズがそれぞれ異なります。

 今回紹介するのは差し込みタイプで、電球に2本のピンが付いています。そのなかでもG4と呼ばれる規格のものを集めました。

 キャンピングカーではダウンライトやキッチンの照明などによく使われているもので、ハロゲン球を使っているものがほとんどです。

 ちなみにG4の「4」は、ピンとピンの間のサイズで4㎜の間隔が開いているという意味となります。

 また、ハロゲン球の色味が好きという人もいるでしょうから、ハロゲンの替え球も合わせて紹介しておきます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯211121 LED G4 拡散バルブ(クールホワイト)

♯211121

LED G4 拡散バルブ(クールホワイト)

価格:2200円

●G4口金のハロゲンバルブから交換できるDC12Vに対応したLEDライトです。発光色は青味を帯びたクールホワイト。物がはっきりと見えるので作業する場所などに適した明かりです。

キャンピングカーパーツセンター ♯211121 LED G4 拡散バルブ(クールホワイト)

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯211122 LED G4 拡散バルブ(ウォームホワイト)

♯211122

LED G4 拡散バルブ(ウォームホワイト)

価格:2200円

●G4口金のハロゲンバルブから交換できるDC12Vに対応したLEDライトです。発光色は黄色味の強い電球色の設定です。温かみのある光なのでリラックスする場所などに適しています。

キャンピングカーパーツセンター ♯211122 LED G4 拡散バルブ(ウォームホワイト)

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯211093 LED G4タイプ2(クールホワイト)

♯211093

LED G4タイプ2(クールホワイト)

価格:2200円

●G4口金のLEDライトで1球のタイプです。白っぽく昼光色に近い色合いをしています。作業に適した色味なので、キッチンの照明の差し替えなどにもいいでしょう。

キャンピングカーパーツセンター ♯211093 LED G4タイプ2(クールホワイト)

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯211094 LED G4タイプ2(ウォームホワイト)

♯211094

LED G4タイプ2(ウォームホワイト)

価格:2200円

●G4口金のLEDライトで1球のタイプです。白熱球に近い照明色で落ち着きのある明かりが欲しい場所に適しています。

キャンピングカーパーツセンター ♯211094 LED G4タイプ2(ウォームホワイト)

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯83031 ハロゲン球G4 12V 10W

♯83031

ハロゲン球G4 12V 10W

価格:1210円

●G4タイプのハロゲンバルブ。12V10Aで明るい照明です。LEDタイプに比べると電気消費量は大きくなりますが、くっきりとした照明が欲しい人にはお薦めです。

キャンピングカーパーツセンター ♯83031 ハロゲン球G4 12V 10W

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第229回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その③


収納庫などの家具やキッチンなどの装備が満載のキャンピングカー。家と同じような装備品を積んで、しかも走行するわけで、場合によっては家具のきしみ音なども出ることがあります。そんな走行中の気になる音を吸音するためのクッションやテープが存在します。すき間に張ったり、取り付けることで振動を吸収します。

 またDIYで家具を組み付けたり、あらたに装備品を取り付けるときにクッションを使うことで断熱や消音効果を発揮するものもあります。

 今回はそんなクッションやテープなどとともに滑り止めのテープや保護用のテープを合わせて紹介します。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯102040 クッションテープ エプトシーラー グレー 8×15(2m)

♯102040

クッションテープ エプトシーラー グレー 8×15(2m)

価格:286円

●発泡体のゴムはクッション性と耐久性にすぐれています。トビラやドアの縁にテープを貼ることで防振、吸音効果があります。走行中に振動がある部分におすすめです。サイズの大きい「クッションテープ エプトシーラー グレー 12×15(2m)♯102041」もあります。396円。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯124040 エアロフレックス シート 1ロール

♯124040

エアロフレックス シート 1ロール NO.AFSR34

価格:22,000円

●柔らかい材質の断熱材です。幅は約1.2mで1ロールの長さは約9mあります。キャブコンの外壁の断熱材として使われています。消音効果もあり、DIYで重宝します。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯124041 Sound down・コンポジット防音マット

♯124041

Sound down・コンポジット防音マット

価格:28,600円

●厚さ3㎜の高密度PVCを発泡体で挟み、さらにアルミ蒸着したフィルムを表面に貼った防音材です。裏面には強力な粘着シールが付いています。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯102001 セーフティーウォークBタイプ 黒50×1000

♯102001

セーフティーウォークBタイプ 黒50×1000㎜

価格:880円

●表面がざらざらしている滑り止めのテープです。エントランスのステップなど滑りやすいところに貼り付けます。50㎜幅で長さもあるので、いろいろな場所に使えます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯102047 ボディー保護テープ 表面保護シート 白

♯102047

ボディー保護テープ 表面保護シート 白

価格:2,860円

●車の輸送時などにフロントパネルに貼って、汚れや飛び石を防ぐことのできるテープです。はがしても跡が残りません。保護テープ以外にもアイデア次第でいろいろなところに使えます。10㎝幅で、30mの長さがあります。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第227回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その②


車内でスマホやデジタルグッズの充電をすることは必須です。そのほかにも電気製品を使うシチュエーションは数多くあります。

 そのときにダイネットまわりなど、自分の居場所の近くにコンセントがあると便利ですよね。車内で過ごす時間が長くなるほど、コンセントが使いやすい場所にあることは重要です。

 そこでAC100Vコンセント、USB差し込み口を増設するためのソケットなどを中心に紹介します。比較的簡単なDIYで満足度の高い使い勝手が得られます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172108埋込防水DCソケット(単体)12V キャンピングカーパーツセンター♯172108埋込防水DCソケット(単体)12V

♯172108

埋込防水DCソケット(単体)12V

価格:880円

●壁面埋込型のDCソケットです。プラグを挿した後、90度ひねると抜けにくくなる仕組みです。別売りの取り付け用ホールプレートと組み合わせて使います。開口サイズ:29~30㎜

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172107USBソケット DC12→5V キャンピングカーパーツセンター♯172107USBソケット DC12→5V

♯172107

USBソケット DC12→5V

価格:2420円

●防水キャップ付きのUSB電源ソケットです。DC12Vから5Vへ変換して、最大電流2Aに対応しています。取り付け用ホールプレートと組み合わせて使います。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172110埋込USB2連ソケットDC12→5V 1A/2.1A キャンピングカーパーツセンター♯172110埋込USB2連ソケットDC12→5V 1A/2.1A

♯172110

埋込USB2連ソケットDC12→5V 1A/2.1A

価格:1100円

●USBソケットを上下2段に備え、上段が1A、下段は2.1Aの容量があります。取り付け用ホールプレートと組み合わせて使います。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172111取付け 1ホールプレート

♯172111

取付け 1ホールプレート

価格:220円

●「埋込防水DCソケット(単体)12V」、「USBソケット DC12→5V」などを取り付けるためのプレートです。サイズは約60×44㎜となっています。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172112取付け 2ホールプレート

♯172112

取付け 2ホールプレート

価格:330円

●「埋込防水DCソケット(単体)12V」、「USBソケット DC12→5V」などを2個取り付けるためのプレートです。サイズは約105×42㎜となっています。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172113取付け 3ホールプレート

♯172113

取付け 3ホールプレート

価格:440円

●「埋込防水DCソケット(単体)12V」、「USBソケット DC12→5V」などを3個取り付けるためのプレートです。サイズは約150×42㎜となっています。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172006ACスリム2連コンセント100V NN777ZC キャンピングカーパーツセンター♯172006ACスリム2連コンセント100V NN777ZC

♯172006

ACスリム2連コンセント100V NN777ZC

価格:935円

●狭いスペースにコンセントを増設したいときに役立つ埋込タイプ。カバーが付くので仕上がりがきれいで、結線にはコンセントプラグを使うので手軽です。2口合計で1200Wまで使用できます。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp