【第243回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その⑩


ボクがこれまで車中泊してきた経験からいうと、車内でベッドと同じくらい重要な装備品がカーテン、シェードです。

 RVパークなどを利用して車中泊をしているときに、車の外を歩く人がいると視線が気になってリラックスできません。車の中でくつろぐためには外からの視線を遮る必要があります。カーテンやシェードを使うだけで、車内が自分だけの個室になりますし、もちろん夏の日差しや、冬の冷気を遮る役割もあります。

 市販されているキャンピングカーならばシェードやカーテンが付属していますが、これからミニバンなどで車中泊をはじめようとしている人におすすめのカーテンレールなどDIYパーツを紹介します。

 カーテン生地は自分で好みのものを車のウインドウサイズにカットして使ってください。その際には遮光生地を選ぶことをお忘れなく。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯071027 スリムカーテンレールランナー付セット1550ミリ HMS-15

♯071027

スリムカーテンレールランナー付セット1550ミリ HMS-15

価格:2,200円

●樹脂製ランナー12個、取付ブラケット4個、ビス4本、エンドキャップ2個のほかに、レールを切断するためのノコギリもセットになっています。カーテンレールはある程度の曲げ加工にも対応します。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯071042 カーテンレールアルマイト付き 実寸2990 G-19009

♯071042

カーテンレールアルマイト付き 実寸2990 G-19009

価格:1,980円

●実寸で2990㎜の長いカーテンレールです。取り付けたときに目立ちにくいデザイン。曲げ加工にもある程度は対応するので、継ぎ目なくカーテンを設置したいときにおすすめです。もちろんカットしても使えます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯56110 カーテンランナー(スライダー)20P

♯56110

カーテンランナー(スライダー)20P

価格:1,089円

●カーテンレール(♯071042)に取り付けるカーテンランナーで20個1セットになります。フック付きです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯071033 グレイス16 ポール2.1m(シルバーサテン)

♯071033

グレイス16 ポール2.1m(シルバーサテン)

価格:2,860円

●カーテンをセットするためのアルミ製ポールです。直径16㎜で長さは2.1mあります。専用のリングランナーを使ってカーテンを吊り下げます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯071034 グレイス16 キャップC(シルバーサテン)

♯071034

グレイス16 キャップC(シルバーサテン)

価格:880円

●カーテンポール(♯071033)を好みのサイズにカットした後にポールエンドにはめ込み固定するキャップです。専用品のため色も揃っていて一体感があります。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯071035 グレイス16 天井付きシングルブラケット(シルバーサテン)

♯071035

グレイス16 天井付きシングルブラケット(シルバーサテン)

価格:1,760円

●カーテンポール(♯071033)を天井に固定するためのブラケットです。まずはブラケットを天井に固定した後、ポールをはめ込みビスで締め込む構造になっています。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯071036 グレイス16 TOSOリングランナーバック(大)10個入り

♯071036

グレイス16 TOSOリングランナーバック(大)10個入り

価格:770円

●カーテンポール(♯071033)にカーテンを下げて使うのにちょうどいいサイズのランナーです。ポールに固定した後でも脱着できるのでカーテンのメンテナンス作業が簡単です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯56220 カーテンワイヤー(スパンフレックス)ライトグレー

♯56220

カーテンワイヤー(スパンフレックス)ライトグレー

価格:220円(切り売り/m)

●カーテンレールを設置できない場所などに取り付けることができるカーテンワイヤーです。工夫次第でいろいろな取り付け方法が考えられます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯56120 カーテンホルダーライトグレー

♯56120

カーテンホルダーライトグレー

価格:231円

●カーテンをまとめるために使う房掛けです。ビスで留めて固定します。車内でも邪魔にならない小さなサイズです。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第241回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その⑨


前回のシンクに引き続き、水回りパーツとして重要なフォーセット(Faucet・蛇口)を紹介します。大きく分けるとシングルタイプと混合栓タイプの2種類あります。

 温水器を装備しているキャンピングカーはあまり多くないと思うので今回はシングルタイプのみを取り上げます。

 フォーセットで電源スイッチ(マイクロスイッチ)を内蔵したものならば、蛇口をひねることで水中ポンプが連動します。電源スイッチを内蔵していないものは、別途電源スイッチが必要になります。

 フォーセットは色や形などいろいろとあるので車内の雰囲気に合わせて交換することができます。クロームタイプならば豪華な印象になりますし、細身のタイプや、首振りタイプなどさまざま。

 ホースタイプのものならば蛇口を伸ばして車外でシャワーとして使うこともでき、泥汚れの付いたアウトドアグッズを洗ったりするのに便利です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯630013 フォーセットサイドノブホワイト

♯630013

フォーセットサイドノブホワイト

価格:4,840円

●スタンダードなマイクロスイッチ内蔵の蛇口です。ホースは専用のクランプ付きでしっかりと固定され耐久性に定評のあるタイプ。

————————————-

フォーセットHahn Keram.Mono ブラック/クローム

♯630357

フォーセットHahn Keram.Mono ブラック/クローム

価格:6,380円

●マイクロスイッチ内蔵の低圧タイプ。単水栓で蛇口は左右に回転するので、洗面台などに適しています。カラーはシャンパンゴールドに近いつや消しです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯63002 フォーセット ライヒ 自在型 グレーST付き

♯63002

フォーセット ライヒ 自在型 グレーST付き

価格:4,620円

●蛇口が細身でシンプルなスタイルのため狭いところにも設置できるタイプです。ホースには専用のクランプが付属。マイクロスイッチ内蔵の低圧タイプです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯631283 ライヒ シャワーホース付きフォーセット スルー ホワイト

♯631283

ライヒ シャワーホース付きフォーセット スルー ホワイト

価格:7,920円

●カウンタートップに取り付けて蛇口として使えるほか、ホースを引き出すことで外部シャワーとして使うことができます。シャワーヘッド部分で水の出方を切り替えられます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯133028 シングルレバーフォーセットロンドンクローム

♯133028

シングルレバーフォーセットロンドンクローム

価格:6,050円

●マイクロスイッチ内蔵でレバー操作がしやすいデザイン。クロームメッキ調の仕上がりで豪華な雰囲気のある蛇口です。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第239回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その⑧


キャンピングカーの構造要件を満たすための水道設備には、10ℓ以上の水が溜められるタンクと洗面台が必要です。今回はその設備のうちの洗面台=シンクについて取り上げようと思います。

 輸入車やキャブコンなど車内スペースに余裕のある車はトイレルーム内に専用の洗面台が装備されているものがあります。

 車内空間が限られた車の場合はキッチンのシンクを兼ねるものがほとんどで、バンコンなどで使われる省スペースで場所をとらない極薄のシンクもあります。

 紹介するシンクは大きく分けると角型と丸型の2タイプでさまざまなサイズがあります。

 中古でキャンピングカーを手に入れた人ならば古くなったシンクを新しく交換することでキッチンの雰囲気を一新。ほかにも少し大きめのものに付け替えたり、新たにDIYでシンクを取り付けるなどアイデアに合わせて活用してください。

————————————-

♯141006

角シンクセット ステン 419×314×H127

価格:14,000円

●使いやすい角型のステンレスシンク。キャンピングカーパーツセンターで取り扱うもののなかでは大型サイズです。排水ホースは内径30㎜で長さ800㎜。排水口にはゴミトラップの付いた止水栓が付属しています。

————————————-

♯141008

ミニシンクセット ステン 320×265×H100

価格:7,800円

●浅めのシンクでキッチンよりも洗面などに使うのに適したシンクです。排水ホースは内径30㎜で長さ800㎜のものが付属しています。

————————————-

♯141032

ミニミニシンクセットNO.2 325×176×H65

価格:4,200円

●ミニシンクセットよりもさらに浅く、シンクやキッチンのスペースを極小にしたいときに適したサイズです。排水ホースは内径19㎜で長さ800㎜のものが付属。

————————————-

♯141022

丸型シンク SH-250CP

価格:3,590円

●洗面器としてトイレルームへの設置にも適している丸型シンクです。排水口は「TO-110J(#141010)」の排水口共栓に対応しています。

————————————-

♯161013

折り込みシンク(白)

価格:18,000円

●壁面に取り付けるタイプの洗面器です。折りたたみ式で跳ね上げることによって裏側に排水される仕組みになっています。

■収納時:500×155×350㎜

■展開時:500×195×195㎜

■取付部:500×195㎜

————————————-

♯141010

排水口共栓 TO-110J

価格:1,000円

●シンクの排水口にはめ込んで裏からナットを締めて取り付けます。内径30㎜の排水ホースに対応。止水栓は90度回転させることで機能します。

————————————-

♯141011

排水ホース 普通ネジ TO-192 L800㎜

価格:400円

●「TO-110J(#141010)」の排水口共栓に対応した排水ホースです。接続部分にはゴムパッキンが内蔵されてねじ込むだけで接続完了。直下にポリタンクを置いてホースを差し込めばそれだけで排水設備の設置ができます。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第237回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その⑦


前回に引き続き、電気関連のパーツを紹介します。今回紹介するのは、車内へ外部AC電源を取り入れるために必要なプラグや車内のコンセントなどです。

 サブバッテリーからインバーターを介して電気を使うこと以外に、外部AC電源が使えるようになると、オートキャンプ場やRVパークなどでサブバッテリーに充電ができたり、消費電力の大きな家電などを利用できたりと便利です。

 またボディに取り付けるためのソケットやコンセントなどのキャンピングカーならではの特殊なパーツについても紹介していきます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯172100 防水プラグ

♯172100

防水プラグ

価格:198円

●ゴムのカバーで覆われている防水タイプのコンセントプラグ。外部電源を取り込むためのコードなどに使われます。1500W、15Aの電流量に対応。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯172010 外部防水ACコンセント

♯172010

外部防水ACコンセント

価格:4,180円

●車体外壁に設置するコンセントのセットで、250V15Aに対応しています。ワンタッチロック機構の付いた屋外で使える防水コネクタで、耐候性に優れています。結線にはハンダ作業が必要です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯172081 角型コンセント

♯172081

角型コンセント

価格:198円

●車内壁面に簡単に取り付けができる角型コンセントです。125V、15Aに対応しています。電源配線は取り付け開口部を通して裏側から取り出すことで、表側に配線が見えず、きれいに仕上げることができます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯172082 15-20A兼用接地角型コンセント

♯172082

15-20A兼用接地角型コンセント

価格:891円

●通常の15Aコンセントとともに、アース線組み込みの3芯20Aにも対応するコンセント。2芯のほかにアース線の設置が必要になります。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯172006 ACスリム2連コンセント100V NN777ZC

♯172006

ACスリム2連コンセント100V NN777ZC

価格:935円

●幅の狭いスペースにコンセントを増設したいときに役立つ埋込型のタイプです。2タップ合計で1200Wまで使用できます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯820103 外部電源インプットソケット70×135×65ホワイト

♯820103

外部電源インプットソケット70×135×65ホワイト

価格:3,080円

●ヨーロッパタイプのキャンピングカーに多く採用されている外部AC電源取り入れ用のパーツです。電流量15Aまで対応しています。#82032のプラグと合わせて使用します。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯82032 CEE 外部電源インプットプラグ

♯82032

CEE 外部電源インプットプラグ

価格:880円

●#820103のソケットと合わせて使用します。キャンピングトレーラーなどに使われることの多いパーツで、経年変化によって割れたり、欠けたりした場合の交換用部品としても利用できます。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第235回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その⑥


車内で快適に過ごすために電気はなくてはならないものです。スマホの充電から照明、さらには電子レンジなどさまざまな電気器具を使います。

 キャンピングカーの場合はサブバッテリーから電気を取りだして使うことが多く、DC12Vをそのままで使う電気製品もありますし、インバーターを介してAC100Vの家電製品を動かすこともできます。

 目に見えないので、どれくらいバッテリーを消費したかを知るためにバッテリーモニターが必要になります。過充電や過放電はサブバッテリーにダメージを与えるので、バッテリーモニターでサブバッテリーを管理することは重要です。

 サブバッテリーの電圧を測ることで残量を予測するものから、デジタルで残量を把握することのできるタイプもあります。

 いま乗っているキャンピングカーに簡易式電圧計が付いている場合、本格的なものに付け替えることで、サブバッテリー管理が容易になりおすすめです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯801060 バッテリーコンピューター 200S

♯801060

バッテリーコンピューター 200S

価格:55,000円

●電圧計だけでは分かりにくいバッテリーの容量をリアルタイムで表示する残量計です。「Ah」表示のほかに「%」表示も可能で、リアルタイムの電流値も分かります。ほとんどのバッテリータイプに対応します。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯185026 VOTRONIC電圧計

♯185026

VOTRONIC電圧計

価格:19,800円

●消費電流はわずか0.05A。タッチ操作によりメインとサブバッテリーの電圧を切り替えて表示します。LEDによる10段階表示で電圧の変化を表します。奥行15㎜の超薄型設計です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯185022 AVモニター110A

♯185022

AVモニター110A

価格:24,200円

●電圧、電流を表示し、サブバッテリーの管理をサポートします。最小電流0.1Aから計測ができるので、器具の電源切り忘れ防止にも役に立ちます。純国産による高い品質と精度の高さに定評があります。最大容量は110A。サイズ:135×85×40㎜

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯185023 AVモニター110A

♯185023

AVモニター110A

価格:28,600円

●電圧が低下すると11.3V、10.5Vの2段階で残量警告ブザーが鳴ります。♯185022と比べると最大容量が増え190Aとなっています。サイズ:135×85×40㎜

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp