【第280回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その㉙


 車内でくつろぐときに重要な装備がテーブルです。大きければ食事のときに食器が載りきらないなんていうことはなくなりますが、車内で移動するときに邪魔にならない適度な大きさが重要です。クルマに備え付けのものが合わない場合は、テーブルをDIYすることをおすすめします。壁面に天板を固定するためのスライドレールや、テーブルを固定するためのロックなどを紹介します。

————————————-

 

#570620

オートマチックテーブルレグ

価格:27,830円

 

●サイドにあるレバーを引くことで、テーブルの高さを二段階に調整できるテーブル脚です。高さは699㎜と359㎜になり、低くしたときは一般的なシートマットの高さに合わせることができます。

————————————-

 

#57014

テーブルサポートピラー675㎜グレー

価格:5,060円

 

●天板の下に取り付ける折り畳みできる脚で高さが675㎜あります。取り付け金具のすぐ下で折れ曲がります。脚の下側を切って長さを調整することが可能。色違いでブラウンがあります。

————————————-

 

#061044

テーブルレグ ブラウン オリジナル

価格:13,200円

 

●テーブル下に取り付けるための折り畳みの脚で、脚そのものを引いてロックを外す機構が付いているので簡単に操作できます。高さ:690㎜

————————————-

 

#061045

折り込み片足テーブルレッグ

価格:5,940円

 

●高さ675㎜の脚として利用するとともに、中央部分で折ることができます。折ると高さ315㎜になるのでベッドを作るときのベースとして天板を使えるようになります。

————————————-

 

#57055

テーブル片側サポートパイプスライド式グレー

価格:5,060円

 

●テーブルを支えるために壁面に取り付けるパイプです。天板側にテーブルサポートパイプロックを付けて、サポートパイプに引っ掛けるようにしてからロックして固定します。スライドパイプの幅の分だけテーブルを移動することができます。パイプ長:950㎜ パイプ径:約14㎜

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第276回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その㉗


今回紹介する照明は、車の外装回りに取り付けるためのものです。車の視認性をよくしたり、オーニング下などを照らすことでキャンプサイトの快適性をアップ。またキャンプ場など夜間照明の少ないところで、車をバックさせるときなどに便利なドッグライトなどさまざまなものをピックアップしました。車の外装回りの照明を刷新して、さらに快適なキャンピングカーライフを送りましょう。

————————————-

♯212026

LEDマーカーランプ アンバー(12LED)

価格:1,650円

●キャンピングカーのルーフ前側に取り付ける夜間用目印です。LEDを採用したことで消費電力が0.1Wと、同様の照明と比べて格段に少なくなり、メインバッテリーへの負担を軽減します。

————————————-

♯212025

LEDマーカーランプ レッド(12LED)

価格:1,650円

●キャンピングカーのルーフ後側に取り付ける夜間用目印です。

————————————-

♯211033

JC-285 オーニングライトホワイト12V10W

価格:2,640円

●ボディ外壁のサイド上部に取り付けて、エントランスやオーニングの下を明るく照らすための照明です。DC12Vのハロゲン球を使っています。取付用ビス付き。

————————————-

♯211083

LEDライセンスランプ 10-30V

価格:1,925円

●夜間走行時に後部ナンバープレートを照らして視認性を上げるためのランプです。LEDを使っています。

————————————-

♯211079

セキュリティLEDオーニングライト

価格:8,800円

●エントランスドアなどの上に取り付け、サイドオーニングの下を照らすライトです。人感センサー内蔵で消し忘れ防止になります。

————————————-

♯241183

スリム流星路肩灯8LED 12/24V ホワイト

価格:3,564円

●LED8球で非常に明るく点灯する防水性に優れたドッグライトです。夜間、車の幅を確認するために非常に便利な照明です。DC12・24Vに対応。別途点灯用のスイッチの取り付けが必要です。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第270回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その㉔


 首都圏の気温は連日30℃を越える夏日を記録し、暑い日が続いていますね。基本的にキャンピングカーは好きなところに移動して宿泊できるので、暑ければ涼しいところへ行けばいいのですが、移動中の車内の温度管理も重要です。猛暑になり外気温が35℃を越えると、車内は50℃近くになり、エアコンの効きも悪くなります。

 最近はキャンピングカーの車内に家庭用エアコンを設置するクルマが増えています。キャンピングカー以外のクルマだとポータブルクーラーが人気です。室外機のある本格的なタイプから冷風機までさまざまなタイプがあって、クルマの大きさや予算によって選ぶことができます。

 そこで今回は暑い夏を快適に過ごすためのエアコンとその関連パーツを紹介します。

————————————-

♯165720

200系カムロード用サブコンデンサー

価格:121,968円

●既存のコンデンサーに合わせて設置することで、エアコンの吹き出し口からの温度を2~4℃下げることのできるパーツです。

※取り付けには専門の技術と知識が必要なので、専門店へご依頼ください。

————————————-

♯165717

コールマン ルーフエアコンMACH8

価格:302,940円

●後付けクーラー「ルーフエアコンMACH8」は、本体の高さが21㎝に抑えられているので、空気抵抗が少なく、木の枝などにもひっかかかりづらい設計です。一体型のため、高い耐久性があります。

————————————-

♯165507

エアーダクトφ64 1m切り売り

価格:1,320円

●エアコンの吹き出し口の使われるエアーダクトです。ダクトをつないで冷たい空気を好きな場所へ排出することができます。結露による湿気に強い素材でできています。

————————————-

♯165509

ルーバー マルチキング用 145×63

価格:2,200円

●エアーダクトφ64 1m切り売り(♯165507)に対応する吹き出し口です。風向きを上下左右に切り替えるルーバーが付いています。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第255回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その⑯


キャンピングカーの車内にちょっとした物を置くための棚を作ったり、収納庫を作ったりすることがあります。そんなときに便利なパーツが板と板を直角につなぐことができるコーナー止めや、棚板を止めるのに便利なダボなどです。木口にはめ込むためのモールなどもあり、車内で木工DIYするときの強い味方となります。

とくに「コーナー止め 三角 茶 キャップ付き(10P)」はキャンピングカー製作には欠かせないパーツで、数多くのビルダーで使われているものです。

————————————-

 

♯532300

コーナー止め 三角 茶 キャップ付き(10P)

価格:671円

 

●キャビネットなどを作るときボードの突き合わせ部の内側にビス留めすることで、正確な直角を作り出せる治具的パーツです。強度も出て、さらに目隠しも付属しているので、仕上がりをキレイにすることができます。

————————————-

 

♯532313

コーナー止め 四角型 白 10P

価格:550円

 

●ボードを直角に組み合わせるときに使うビスのガイドにもなるコーナー止めです。幅は38㎜で、皿もみした穴に五本の皿ビスを使用して、強く接合することができます。色違いでブラウンがあります。

————————————-

 

♯054013

ダボ φ9 クロームメッキ オス 9ミリ オン

価格:44円

 

●キャビネットなどに棚板を取り付けるときに使う強度の高い金属性のダボです。♯054014にねじ込んで使用します。軸の径は9㎜です。

————————————-

 

♯054014

ダボ φ9 クロームメッキ メス 9ミリ メン

価格:22円

 

●♯054013のダボを取り付けるために、あらかじめ壁などに打ち込んでおくベースとなるダボです。金属製で取り付け強度があるので、棚の耐荷重も確保できます。

————————————-

 

♯056179

ツバ付T型モール 切売 各色

価格:209円(切り売り/m)

 

●15㎜厚ボードの木口に対応したはめ込み型のモールです。片側にエッジが付いているので、ボードを挟む形になって強度が出てめくれにくくなります。カラーはミディアムグレー、ブラック、ブラウンです。1m単位からの切り売りとなります。

————————————-

 

♯056182

ピン型モール 切売 各色

価格:135円(切り売り/m)

 

●壁とボードの突き合わせ部分などのすき間を埋めるモールです。頭のパイプ部分はφ6㎜で、カラーはミディアムグレー、ホワイト、ライトブラウン、ブラウンの4色。1m単位からの切り売りです。

————————————-

 

♯056107

コーナーモール ブラウン E-622-B 90~120°

価格:2970円(2.2m)

 

●15㎜合板をスリット部分に差し込むことで、簡単に90~120度の角度で箱形のコーナーに成型できるモールです。カラーはブラウン。頂点部分にはクッション性があります。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第253回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その⑮


キャンピングカーは移動が多い乗り物なので、シートはとくに重要です。身体に合ったシートは旅の疲れを半減してくれるので、ホールド性や乗降性などが重要になります。またベッドを兼ねたシートでは寝心地が気になりますよね。キャンピングカー用のシートは前後スライドしたり、背もたれが倒れてフルフラットになります。今回はそんなシートを紹介していきます。

————————————-

♯062273

RECARO LX-F IL110H(シートヒーター付)

価格:162,800円

 

●サイドにレザーをあしらい、中央部分にはメッシュ素材を採用、さらにシートヒーターとポンプ式のエア・ランバーサポートを装備しています。

————————————-

 

♯062275

RECARO ERGOMED-MV

価格:158,400円

 

●腰痛予防と疲労軽減を重視したスタンダードなレカロのエルゴノミクスシートです。シートクッションにフラットタイプを採用。

————————————-

 

♯062278

RECAROシート用シートレール

価格:24,200円

 

●レカロシートを車体に取り付けるための専用レールです。フィッティングには欠かせないパーツで、シート座面は少し高くなります。

————————————-

 

 

♯062290

FASP対面対座シート W900 台座付

価格:250,250円

 

●キャンピングカーでポピュラーなシート台座で、前後スライド、横スライド、座面のバラフライ機構を備えています。幅の違いで3タイプあります。シートベルト付属。

 

————————————-

 

♯062300

i-seat T-REVO(アイシート ティーレボ)

価格:要問い合わせ

 

●スタンダードタイプのバタフライシート。前向き、フルフラット、格納状態へと動かすことができます。

————————————-

 

♯062301

i-seat REVO(アイシート レボ)

価格:要問い合わせ

 

●標準的なレボシート。安心の国産商品で三点式シートベルトを装備。前向き乗車状態では成型された座面、ベッド状態ではフラット面になるように調整ができます。

————————————-

 

♯062302

REVO seat(レボシート)

価格:要問い合わせ

 

●純国産のキャンピングカー用ベッド兼用シート。前・後ろ向きシート、ベッドになり、展開操作も簡単。ベッド展開時の高さは390㎜、340㎜から選べます。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp