「北海道最高所の峠」から望む 赤い橋と樹海が織りなす大絶景


北海道には、豊かな自然を味わえるスケールの大きな絶景スポットが数多く存在しています。なかでも、上川郡上川町と河東郡上士幌町の境にある「三国峠」は、北海道らしい雄大な景色を眺められる人気のビュースポット。広大な敷地を誇る「大雪山国立公園」の中にあり、「北海道で一番標高の高い峠」(標高1139m)として知られています。

「三国峠」があるのは、層雲峡と糠平湖をつなぐ国道273号線。人気観光地をつなぐ国道の中間地点にあるので、層雲峡から上士幌方面、上士幌から層雲峡方面のどちらからでも、時間のロスなく絶景を満喫することができます。

 

峠の頂上には駐車場とトイレ(冬季閉鎖)を完備した休憩施設があり、敷地内の「三国峠café」では店主自慢の自家焙煎コーヒーやソフトクリームが人気を集めています。展望台からは、大きく広がる樹海と雄大な山々を一望することができ、オンシーズンには観光客がひっきりなしに訪れます。

周辺には、さまざまな木々が生い茂った大海原のような樹海が広がっています。最大のみどころは、広大な樹海をバックに全長330mの松見大橋が赤色のカーブを描く壮大な風景。休憩所から上士幌方面に少し道を下った左手にも駐車スペースがあり、その周囲から松見大橋を中心とした絶景を眺めることができます。

春・夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、1年を通して異なる趣を味わえる三国峠ですが、とくにお勧めなのは9月下旬~10月上旬の紅葉シーズン。紅葉に染まった樹海と松見大橋が織りなす幻想的な風景を、ぜひ一度堪能してみてください。

 

 

(データ)

名称 三国峠

住所 北海道上士幌町三股

電話番号 01564-7-7272(上士幌町観光協会)

駐車場 20台(無料)

https://www.kamishihoro.jp/page/00000140

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

幻想的な夕景を味わえる 最北の町・稚内の絶景スポット


日本最北の町・北海道稚内市の北側にあるのが、稚内エリア屈指の景勝地として知られる「ノシャップ岬」です。本土最東端にあたる北海道根室市の「納沙布(のさっぷ)岬」と名前が似ていますが、こちらは「ノシャップ岬(野寒布岬)」。「波の砕ける場所」「岬がアゴのように突き出たところ」を意味するアイヌ語の「ノッ・シャム」が、その語源となっています。

日本最北端の宗谷岬と対峙する形で、日本海から宗谷湾を区切る「ノシャップ岬」は、稚内駅前から道道254号線を北側に4kmほど走った場所にあります。北防波堤ドーム、道の駅わっかない、稚内森林公園キャンプ場などの観光スポットからも近いので、稚内エリアを訪れた際はぜひ立ち寄ってみることをお勧めします。

「ノシャップ岬」からは、利尻島や礼文島が一望でき、空気の澄んだ日には海を挟んで北側にロシア・サハリンの島影を望むことができます。岬の目の前に広がる雄大な景色は、まさに最北の町ならではのスケール感! とくに夕暮れ時は、ノシャップ岬がもっとも美しく映える時間です。日本海の水平線に夕日が沈みだすと、岬のシンボルであるイルカのモニュメントが鮮やかなオレンジ色に染め上げられ、言葉を失うほどの幻想的な光景に出会うことができます。

周辺には、ボリューム満点の海鮮丼を味わえる有名店「樺太食堂」をはじめ、幻の魚イトウをはじめとする北方系の魚たちが大回遊水槽で群遊する「ノシャップ寒流水族館」、日本第2位の高さを誇る「稚内灯台」、天体観測や南極観測の資料を展示した「青少年科学館」など魅力的なスポットが点在しています。最北の町・稚内市を訪れた際には、ぜひほかの観光地と併せて「ノシャップ岬」に足を運んでみてください。

(データ)

名称 ノシャップ岬

住所 北海道稚内市ノシャップ2

電話 0162-23-6161(稚内市役所)

駐車場 無料

https://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/midokoro/spot/noshappumisaki.html

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

無料でオートキャンプができる オホーツク海沿いの広大なフィールド


北海道は、キャンプ天国。豊かな自然に恵まれたフィールドが多数存在するのはもちろん、本州に比べて利用料金が安く、無料で利用できるオートキャンプ場も道内各地に点在しています。

 

なかでも、とくに「北海道らしさ」が強く感じられる素晴らしいロケーションのフィールドが、枝幸町の「ウスタイベ千畳岩キャンプ場」です。日本最北端の宗谷岬まで1時間半。オホーツク海に沿って果てしなく続く国道238号線沿いにあるこのキャンプ場は、毛がに籠漁日本一の枝幸町が運営する無料のオートキャンプ場です。

「ウスタイベ千畳岩キャンプ場」の魅力は、オホーツク海を眺めながら最高の開放感を味わえるロケーションの素晴らしさ! 道立自然公園「ウスタイベ千畳岩」の敷地内に併設された広大な芝のオートフリーサイトにクルマを乗り入れて、北海道らしい開放的な景色の中で至福のキャンプを満喫できます。

管理人不在の無料キャンプ場のため、予約も不要で、チェックイン・チェックアウトの時間もなし。目の前に広がるオホーツク海を眺めながら、多忙な日常を忘れてゆっくりと流れるぜいたくな時間を過ごせます。畳を敷き詰めたような岩が連なる「ウスタイベ千畳岩」で、散策や磯遊びをするのも楽しみのひとつ。毎年7月第1週目の週末に開催される「枝幸かにまつり」では、全国から集まった大勢のキャンパーやキャンピングカーが、広大なサイトを埋め尽くします。

設備は水洗トイレと炊事場、バーベキュー炉のみですが、コンビニまでクルマで2分、日帰り入浴可能な「ホテルニュー幸林」までクルマで5分と利便性も抜群。オホーツク海を望む最高のロケーション、美しく整備された広大な芝生サイト、クルマの乗り入れも可能で、しかも無料! 北海道ならではの最上級のフィールドを末永く守るために、マナーを守って利用しましょう。

 

(データ)

住所 北海道枝幸郡枝幸町岬町

電話番号 0163-62-4242(枝幸町役場観光課)

開設期間 6月1日~8月下旬

営業時間 チェックイン/チェックアウト時間なし

料金(1泊) 無料

※ペット可、ゴミ持ち帰り(枝幸町指定ゴミ袋に分別されているゴミのみ廃棄可)

https://esashi-kankou.com/stay/camp-ustaybe/

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

湖を見下ろす段々状のサイトで キャンプ、パークゴルフ、温泉を満喫


北海道旭川市から国道40号線を北上して50分ほど走った場所にあるのが、絵本の里として知られる剣淵町です。絵本の里づくり活動の拠点となる「絵本の館」には、世界中の絵本約4万5000冊が収蔵され、全国への絵本貸し出しのほか、絵本原画展、読み聞かせ、絵本づくり、親子教室など、様々な活動を行っています。

そんな剣淵町にある「けんぶち絵本の里家族旅行村キャンプ場」は、桜岡湖を一望できる高台の斜面を切り開いた、絶景のフィールドです。19区画あるオートキャンプサイトは、広さや設備の異なるA~Fの6タイプが用意されています。

広さ120㎡のカーサイトA~Cは、1泊2200~3300円というリーズナブルな料金が魅力。カーサイトBはAC電源付き、カーサイトCはサイト内に流し台が完備されています。本州の一般的なオートサイトの4倍以上(400㎡)の広さを誇るカーサイトD~Eは1泊4400円、広さ350㎡のカーサイトFは1泊3300円で、サイト内にはAC電源が完備されています。どのサイトも十分過ぎる広さが確保され、手入れの行き届いた芝生の上で快適なキャンプを楽しめます。

このキャンプ場の最大の魅力は、段々状に切り開かれたサイトから桜岡湖を見下ろすロケーションの素晴らしさにあります。桜岡湖では、夏は釣りやカヌー、冬はワカサギ釣りを楽しめるので、アウトドア好きのアクティブなユーザーにピッタリ。入浴は、キャンプ場の隣りにある「レークサイド桜岡」(日帰り入浴料:大人600円、小人300円)で、大浴場とサウナを完備した気持ちのいい温泉を堪能できます。

キャンプ場に面した高台には、国際パークゴルフ協会公認の「桜岡パークゴルフ場」が完備されています。丘陵地帯の起伏を活かした道内一の本格コースで、開放感も眺望も抜群です。利用料金は、ナント無料!(協力金1日100円)。レークサイド桜岡のフロントでクラブ・ボールのレンタル(1組200円)も行っているので、初心者でも大自然の中でプレーを満喫できます。

 

(データ)

住所 北海道上川郡剣淵町東町5173番地

電話番号 0165-34-3535

開設期間 4月下旬~10月下旬

営業時間 チェックイン13:00~、チェックアウト~翌11:00

料金(1泊) カーサイト2200円~4400円

※ペット可、ゴミ処理可(有料)

http://www.kenbuchi.jp/facilities/campground/

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

網走市街を見下ろす天都山(てんとざん)の絶景キャンプ場


北海道・網走エリアの中心部から、南西に向かってクルマで10分ほどの場所にあるのが、国の名勝にも指定された絶景スポット「天都山(てんとざん)」です。斜里岳・海別岳・知床連山・オホーツク海など、360度の大パノラマを楽しめる天都山の中腹には、東京ドーム23個分の広大な「北海道立オホーツク記念公園」があり、公園のメイン施設として北海道でも有数の高規格オートキャンプ場「てんとらんど」が整備されています。

キャンプサイトはオホーツク海や知床半島を望む斜面に開かれていて、どのサイトからでも絶景を楽しむことができます。100㎡の広さを持つ「プライベートサイト」は、AC100V電源(15A)と個別のシンク付き。駐車スペースは5.5m×2.5mの広々サイズなので、ほとんどのキャンピングカーは問題なく利用できます。ほかに、15m×3mの駐車スペースを備えた「キャンピングカーサイト」も用意されていて、大型キャンピングカーやキャンピングカートレーラーも利用可能。こちらも、各サイトにAC100V電源(15A)と個別シンクを完備しています。プライベートサイトとキャンピングカーサイトの両方にペットサイトが用意されているので、ペット連れのキャンピングカーユーザーも安心です。

屋外に遊具広場やドッグランが完備されているほか、センターロッジ(管理棟)にも、無料で遊べる卓球台、ビリヤード台、キッズコーナーがあり、遊び盛りの子どもがいるファミリーにも最適。無料で利用できるシャワールーム(男女各4ブース)やフリーWi-Fi、コインランドリーなど、設備の充実度は文句なしです。

美しく整備されたキャンプサイトで、オホーツク海の絶景を眺めながら快適なキャンプを楽しみ、夜には高台のサイトから息をのむほど美しい網走の夜景を堪能する……。そんな素晴らしいロケーションにありながら、市街地までクルマで10分ほどなので、食材などの買い出しにも不便を感じることはありません。初心者からベテラン、ファミリー、2人旅まで、幅広い層のキャンパーにお勧めできる、道内最高ランクの高規格キャンプ場です。

 

(データ)

住所 北海道網走市字八坂1番地

電話番号 0152-45-2277

開設期間 4月下旬~10月中旬

営業時間 チェックイン13:00~、チェックアウト~翌10:00

料金(1泊) 施設維持費:中学生以上600円~・小学生300円~+プライベートサイト1400円~/キャンピングカーサイト2000円~(料金はシーズンによって変動)

※ペット可(オートサイトの一部のみ)、ゴミ処理可

https://www.tentland.or.jp/

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/