【第227回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その②


車内でスマホやデジタルグッズの充電をすることは必須です。そのほかにも電気製品を使うシチュエーションは数多くあります。

 そのときにダイネットまわりなど、自分の居場所の近くにコンセントがあると便利ですよね。車内で過ごす時間が長くなるほど、コンセントが使いやすい場所にあることは重要です。

 そこでAC100Vコンセント、USB差し込み口を増設するためのソケットなどを中心に紹介します。比較的簡単なDIYで満足度の高い使い勝手が得られます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172108埋込防水DCソケット(単体)12V キャンピングカーパーツセンター♯172108埋込防水DCソケット(単体)12V

♯172108

埋込防水DCソケット(単体)12V

価格:880円

●壁面埋込型のDCソケットです。プラグを挿した後、90度ひねると抜けにくくなる仕組みです。別売りの取り付け用ホールプレートと組み合わせて使います。開口サイズ:29~30㎜

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172107USBソケット DC12→5V キャンピングカーパーツセンター♯172107USBソケット DC12→5V

♯172107

USBソケット DC12→5V

価格:2420円

●防水キャップ付きのUSB電源ソケットです。DC12Vから5Vへ変換して、最大電流2Aに対応しています。取り付け用ホールプレートと組み合わせて使います。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172110埋込USB2連ソケットDC12→5V 1A/2.1A キャンピングカーパーツセンター♯172110埋込USB2連ソケットDC12→5V 1A/2.1A

♯172110

埋込USB2連ソケットDC12→5V 1A/2.1A

価格:1100円

●USBソケットを上下2段に備え、上段が1A、下段は2.1Aの容量があります。取り付け用ホールプレートと組み合わせて使います。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172111取付け 1ホールプレート

♯172111

取付け 1ホールプレート

価格:220円

●「埋込防水DCソケット(単体)12V」、「USBソケット DC12→5V」などを取り付けるためのプレートです。サイズは約60×44㎜となっています。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172112取付け 2ホールプレート

♯172112

取付け 2ホールプレート

価格:330円

●「埋込防水DCソケット(単体)12V」、「USBソケット DC12→5V」などを2個取り付けるためのプレートです。サイズは約105×42㎜となっています。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172113取付け 3ホールプレート

♯172113

取付け 3ホールプレート

価格:440円

●「埋込防水DCソケット(単体)12V」、「USBソケット DC12→5V」などを3個取り付けるためのプレートです。サイズは約150×42㎜となっています。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター♯172006ACスリム2連コンセント100V NN777ZC キャンピングカーパーツセンター♯172006ACスリム2連コンセント100V NN777ZC

♯172006

ACスリム2連コンセント100V NN777ZC

価格:935円

●狭いスペースにコンセントを増設したいときに役立つ埋込タイプ。カバーが付くので仕上がりがきれいで、結線にはコンセントプラグを使うので手軽です。2口合計で1200Wまで使用できます。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第226回】B.B.Q.大好きっ!炭の火起こしを考察 その1


夏から秋にかけてみんな一度はバーベキュー、などしてみるのではないだろうか。その時大事なのが、いかにきれいに炭を起こすかである。通常は炭の火起こし専用の道具がありそれを使えばいいのだが、それ以外が使えないかという考察である。

バーベキューで最も便利だと最近感じているのが、ホームセンターなどでも取り扱っていて数百円で売っている使い捨てのテーブルコンロ。燃料、着火剤、網、アルミのコンロ本体が一体のもので着火も簡単、掃除いらずで捨てるだけでお手軽。だが、なんと百円ショップで0.5kgパッケージや着火剤がワンコイン…、この圧倒的な価格破壊的要素はちょっと見逃せないとも感じている。そこで高級炭ではなく、それを用意しテストしてみる事に。

まず間違いなく成功するだろうと思われるのが、ウッドストーブ。写真はバーゴ製のもので、上部が絞ってある分火の点きが良好な形状をしている。個人的にはソロキャンプで多用しているもので、焼き物をする時ひっくり返して底板を鉄板代わりに使用するというマニアックな要素を持たせるため重量はかさむがステンレス製、そんな用途には軽量で便利なチタン製はいま1つ向いていない。

折りたためば非常にコンパクトで、バーベキューグリルの隙間に忍ばせておくと炭起こしが簡単にできるのではないかという算段。

今回は着火状態を統一するため着火剤2欠けとし、それに火を点けてから炭を上に載せていった。割ときつめに詰めていっても、底面と側面には空気取り入れ口が開いているので、かなり強力な炎が立ち上り、炎は炭に続々と移っていく。

15分もすると立ち上っていた炎が治り始め、しっかりとした燠火状態になり、バーベキューには最適。もちろんウチワで煽ったり火吹き棒で空気を送ったりはまったく皆無。もっと早く起こしたければ、ウッドストーブの上に空き缶などをくり貫いて煙突として載せるとグッと燃焼速度が上がる。

確かに1回で作れるいい炭の状態は少なめだが、これでできた燠火をバーベキューグリルに移しその上に炭を追加し倍々に増やしていける。またはウッドストーブごとバーベキューグリルに移し、中半分を抜きそこへ新たに炭を追加しさらに着火させてもいい。

というわけで、意外とかさばる、結構お高い炭の火起こし専用品でなくても、多分持っている道具でどうにかなるよというお話でした。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第225回】DIY心をくすぐるキャンピングカーパーツ その①


キャンピングカーを使っているうちに、使い勝手をよくするため棚や収納をDIYで作りたいと思う人もいるでしょう。新たに荷物の収納場所が欲しくなったり、ここにちょっとした棚があったら便利だなと思うようなこともあります。

 そんなアイデアを実現するのが、ヒンジや金具など内装パーツです。今回紹介するのは、収納庫のトビラやシート下の収納のための金具などです。アイデア次第でいろいろな使い方が考えられます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯054037 がんじょう棚受 小小 白 150mm

♯054037 
がんじょう棚受 小小 白 150mm
価格:900円

●天板などを新しく設けたいときに壁に設置して、天板を固定すると、簡単に拡張テーブルが作れます。簡単なロック機構が斜めになっている支え棒にあります。テーブルを作るためには2本以上必要です。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯062089 椅子収納金物 小 D2-D

♯062089
椅子収納金物 小 D2-D
価格:3,500円

●シートの座面を跳ね上げて、台座内を収納庫として使うために使う金具です。座面を跳ね上げた状態で保持することができます。左右取付用の2個セットです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯062090 椅子収納金物 レギュラー

♯062090
椅子収納金物 レギュラー
価格:6,000円

●シート座面を跳ね上げた状態で保持できる金具です。ダイネットシートやソファにも対応できる大型のサイズで左右取り付け用の2個セットです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯532106 プラスティック タスキ ベージュ

♯532106
プラスティック タスキ ベージュ
価格:220円

●キャビネットのトビラを開放したときに保持するためのヒンジで、トビラを開けたままキープできます。プラスチック製のため軽量のトビラ用として使えます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯054043 フラップステー L=200mm 右

♯054043
フラップステー L=200mm 右 
価格:1,500円

●上ヒンジのキャビネットトビラなどを開放した状態でキープするためのステーです。キープ状態からさらにトビラを持ち上げるとトビラを閉めることができます。トビラの右側に取り付けるタイプです。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯054045 つり棚 扉ダンパー

♯054045
つり棚 扉ダンパー
価格:4,600円

●上ヒンジのオーバーヘッドキャビネットのトビラに取り付けることで、トビラの開きとともに、閉める際にもダンパーの力でスムーズな動きになります。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第224回】虫盛んな時期の対策はお早めに


キャンプで意外に忘れがちなグッズが、虫除け対策品の数々。ところが最近は、100円ショップでかなりの種類が手に入り便利。と言うより、誰しも蚊取り線香などは用意しているだろうが、とにかくたくさん用意しないとアウトドアでの効果が薄く、リーズナブルに多数手に入れられる事は便利この上なし。

そして最近気に入っているのが、ハーブ系のアロマオイル。シトラスやミントなどが無難だろうか。テーブルキャンドルに垂らして使え、蚊取り線香のように煙たくならないのがいい感じ。手持ちのキャンドルランタンで利用するのが、屋外では都合がいいだろう。

キャンドルランタンを持っていない場合、キャンドルスタンドなどを利用するのも手だし、見た目もおしゃれになる。コレらも100円ショップで手に入るもので十分だ。風にも相当強く、消える事は余り無いようだ。

そして真打蚊取り線香だが、小さい巻のものがあちこちにおいて置くのにちょうどいい。それは、着火してからだいたい2時間の燃焼ということも一因。通常の巻だと8時間ほどなので、都合よく使い切るのが面倒なのだ。もちろん折って上手に使うこともできるのだが、最初から使いやすいサイズの方が便利なのは明白。

そして出入り口には虫除け効果のある物を置いておこう。さらに網戸などにスプレータイプのものを噴霧して置くのもいい。とにかく虫の出入りする場所に虫がよって来ないようにするのが大事。

実は個人的に虫刺されにめっぽう弱くいつも過剰なほど用意するのだが、それでも完全に刺されるのを食い止める事は不可能。予防と同時に、痒み止めも多数用意している。それが夏である。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第223回】システムキャリヤを使ってサイドオーニングを取り付ける


サイドオーニングの取り付けは基本的には同梱されている取り付けブラケットを使い、キャンピングカーのボディに穴開け加工して取り付けます。

 キャブコンなどはボディ側面が平面なため取り付けも比較的容易ですが、バンコンやミニバンなどに取り付けようとすると特殊なブラケットが必要になります。

 今回紹介するのはシステムキャリヤを使っって取り付けるためのブラケットで、クルマにシステムキャリヤを取り付けることができれば、ボディには穴開け加工をしなくてもサイドオーニングを取り付けることができます。

 ボディ加工があるためにちゅうちょしていたサイドオーニングの取り付けが気軽にできます。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021310 システムキャリヤ用オーニングブラケット

♯021310 
システムキャリヤ用オーニングブラケット
価格:7,700円(1個)

●THULEもしくはINNOのシステムキャリヤにサイドオーニングを取り付けるためのブラケットです。サイドオーニングの長さが2.5mまでは2個、3.5mまでは3個必要で、キャリヤバーは指定されているものよりも、ワンランク長いものを用意して下さい。

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021312 フィアマ KIT ROOF RAIL 1P

♯021312
フィアマ KIT ROOF RAIL 1P
価格:19,800円(1個)

●システムキャリヤ用のオーニング取り付けブラケットです。汎用性があってキャリヤのレール幅最大5.5㎝まで対応しています。(1個から販売しているので必要数に応じて注文してください)

————————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯021337 フィアマ KIT AUTO ADAPTER(2P)

♯021337
フィアマ KIT AUTO ADAPTER(2P)
価格:13,530円

●システムキャリヤの横バーを利用して、F45シリーズのサイドオーニングを装着するためのブラケットキットです。角度調節のアジャスト量があって、より軽量モデルのF35にも対応しているので、取り付け可能車種の範囲が広がります。ブラケット2個のセットとなります。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp