【第216回】キャンピングカーの重要装備を考える


ふと、キャンピングカーの重要装備ってなんだろう? と考え、まだ架装間もない新車を見渡してみた。運転席に座ってみると、素っ気無いほどの
ダッシュボード周りであることに気付く。通常なら、空いた箱の様なところにカーナビが入り、オーディオユニットが入り、快適運転のサポート機器が並び、一気ににぎやかさを増すはずである。

しかしながら、今までの経験からそういったものは大金を投入する割にはアッという間に型式遅れになったり機能の充実度に不満を覚えたり、デザインが時代にそぐわなくなったり、長く乗るキャンピングカーとしてはどうかな、と思うこともあった。一度設置すると交換や変更が難しいので。

そんな感覚が強くなってきたのは、今や誰もが日常肌身離さず持ち歩くスマートフォンの性能がビックリするほど向上し、ありとあらゆるとまでは言わないが相当生活に浸透しているから。その使いやすさと普段使いから来る慣れを考えると、別のオペレーションシステムのカーナビなどはある意味使い難い、と思ってしまう程である。

そんな思いを胸に抱きつつ、上手いことダッシュボードにスマートフォンを設置できないかと普段考えていたら、そもそもカーナビなどが無ければあっさりスマートフォンを設置するスペースがあることに気づく。しかもスマートフォンのケースがブックカバータイプなどなら特にマウンターも必要もなく、ほぼ置くだけで対応できてしまうではないか。

海外のバンモデルなどでは、ラジオ1つないあっさりとしたダッシュボードに、スマートフォンやタブレットを設置するマウンターとUSB電源がデフォルトで設置されている物が増えたが、やはり日本ではサードパーティ製オーディオやカーナビメーカーの勢い、ユーザーのニーズが強いのでそういったものが用意されないのは、個人的には少し残念で仕方がない。

ここで感じたこと、最近移動中にラジオを聴いていても受信できないエリアが増えたなぁということ。新しい走りやすい高速道路などは山の中をくり抜いていたりしていて特にそう思う。そういう時に活躍するのが、ネット系配信ラジオアプリによる受信。欲しいのは道路情報だったり天気予報だったり。

テレビも見れないなぁ、コレも同じ理由だが、やはり活躍するのはネット配信の各種アプリ、有料契約モノなどに入っていれば、家庭にいる時同様映画だって見放題だし。確かに、通信量制限などの問題はあるにはあるけど。

もちろん、SNS系コミュニケーションアプリを使って会話もできるし、ご時世柄誰もがハマっているかしょうがなく使っている会議アプリで仕事の打ち合わせだって出来るだろう。コレはさすがにカーナビには出来ない芸当。

実際走り出しても、載せているだけにもかかわらず相当な揺れにも落ちたりズレたりはしない。問題は電源供給コードの形状である。普通のストレートだと結構ハンドルやシフト操作に邪魔になってしまうことが多い。それだけハンドル周りのスペースがタイトである事は間違いない。

そこでL字型のコネクターを探してきて装着してみると、なんと都合の良いことか邪魔にならない差し込みの方向が気になる場合は、自動画面回転機能で反対にしてしまえば問題ない。というわけで解決。

あとは出力音の質の問題になるが、以前にも紹介したことがあるBluetooth接続スピーカーなどを設置すれば、配線も特にいらないし電話にだって出られることがほとんど。そしてそのスピーカーは、キャンプサイトで外に持ち出しサイトそのものを快適音空間に変えてしまうことだって出来てしまう。

今どきは、スマートフォン1つとその周辺機器で日常生活を送っている人も多い様なので、もしかしたら移動の多い、というより移動が基本のキャンピングカーはそういった生活スタイルが向いているのかも、と感じ入るに至った次第。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第207回】車内生活を快適にするキャンピングカーマットのすすめ


キャンピングカー用の室内マットを探しても、車内にあったサイズやデザインのものを見つけるのはなかなか難しくないでしょうか。

 家庭用のものだとちょっと派手だったり、車内用としては厚手だったり、一長一短なものが多い気がします。

 その点、輸入パーツも扱っているキャンピングカーパーツセンターなら、海外のキャンピングカー専用に作られているちょうどいいキッチンマットやエントランスマットがあります。

—————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯516451 キッチンマット ベージュ

アクセサリー内装
♯516451
キッチンマット ベージュ
価格:2,750円

キャンピングカーパーツセンター ♯516451 キッチンマット ベージュ

キッチンマットがあると、調理をしたときの油はねなどを吸収できて汚れが広がるのを防ぎます。キッチンマットがない場合は、すぐに掃除しないと足裏に付いた油汚れが広がってしまい掃除の手間が増えます。

 またマットを使うメリットとして冬場は床からの冷たさを遮る効果もあります。

 キッチンマット(♯516451)はほかにグレーもあり2色展開です。裏面には滑り止め加工済み。大きさは80×50㎝で、キャブコンなどのキッチン前にちょうどいいサイズです。

 イタリア製でキャンピングカーやトレーラーなどのプリントがされています。

—————————-

キャンピングカーパーツセンター ♯51649 キャンピングカーマット キャンピングカー

アクセサリー内装
♯51649
キャンピングカーマット キャンピングカー
価格:2,750円

キャンピングカーパーツセンター ♯51649 キャンピングカーマット キャンピングカー

 エントランスに置くマットも重要です。靴を脱ぐ前に汚れを落とせば、下駄箱の中が汚れず、さらにエントランス回りにも土や砂が落ちることなく掃除の手間を軽減できます。

 キャンピングカーマットはタワシのような繊維でできた足拭き用マットで、靴底をこすることで、汚れを落とせます。サイズは50×25㎝で、エントランス上に置いて使うのにちょうどいいサイズです。

 キャンピングカー柄とトレーラー柄の2種類があります。

—————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第166回】いざというときのために。車載しておくと安心なアイテム


旅先でのトラブルはいやなものです。そんなまさかのときに備えておくと便利なセーフティグッズを紹介します。

安心して旅をするために、準備しておきましょう。備えあれば憂いなし。

キャンピングカーパーツセンター ♯024075 スタック ヘルパーベルト
キャンピングカーパーツセンター ♯024075 スタック ヘルパーベルト

♯024075
スタック ヘルパーベルト
価格:5,400円

 ぬかるみ、雪道、砂浜などに車がはまってしまったときに、脱出を助けてくれるアイテムです。ベルトをタイヤに巻いて固定することでトラクションをかけて脱出できます。ベルト長が95㎝あるので、キャブコンのタイヤにも装着可能。2個セット。収納袋付きです。

 車両重量のある車はスタックするとなかなか脱出ができません。また雨の後のキャンプ場のちょっとした坂がスリップして登れなくなるなんていうこともあります。そんなときのために車載しておくといいでしょう。

キャンピングカーパーツセンター ♯266002 セーフティハンマー

♯266002
セーフティハンマー
価格:1,944円

こちらは1アイテムで5つの機能がありますから、場面に応じていろいろに使えます。

1、懐中電灯

最大36時間の点灯が可能。夜間の車のトラブル時に役立ちます。いまはスマホの明かりなどで代用もできますが、やはり専用品があったほうが安心です。

2、シートベルトカッター

万が一の事故のときに、シートベルトが脱出の妨げになることがあります。頑丈なシートベルトをカットすることができます。慌てて操作して指などを傷つけないように刃の部分にガードが付いています。

3、ハンマー

ウインドウを簡単に割ることができます。万が一の事故で車に閉じこめられたときに威力を発揮。ハンマーの先がとがっているので、わずかな力でウインドウを破砕できます。

4、LED発煙筒

最大48時間点灯するLEDです。強力な明かりで点滅して約200m先からも視認できます。

5、マグネット

本体に内蔵している磁石で車のボディに取り付けができます。手に持たずに使用できるので便利です。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第164回】手の届くちょうどいい場所にドリンクホルダーが欲しい!


これからの季節は車内でお茶などペットボトルに入ったドリンク類を飲む機会も増えるでしょう。ドリンクホルダーがあると便利ですが、ダイネットなど座る位置によっては、ちょうどいい場所にドリンクホルダーがないことがありますよね。そこで今回は後付けドリンクホルダーを紹介します。

キャンピングカーパーツセンター ♯061012 ワンアクション 壁付けドリンクホルダー

♯061012
ワンアクション 壁付けドリンクホルダー
サイズ:100×110×30mm(折りたたみ時)
価格:972円

「ワンアクション 壁付けドリンクホルダー」はその名前の通り、壁面に取り付けるタイプのドリンクホルダーです。使わない時は折りたたんでおけて、つまみを引き出すだけで使えるようになります。取り付けは壁面にネジ止めするだけなので簡単です。ネジは同梱していないので、壁の素材や厚みに合ったネジを用意しましょう。

キャンピングカーパーツセンター ♯061013 シートサイド ドリンクホルダー

♯061013
シートサイド ドリンクホルダー
価格:2,160円

 壁面などドリンクホルダーを取り付けできる場所がない場合に便利なのが「シートサイド ドリンクホルダー」です。取り付けは、シートの透き間や、壁とシートの透き間などに差し込むだけでOK。ドリンク2本と小物が入れられるドリンクホルダーでレザー調仕上げなので高級感もあります。

キャンピングカーパーツセンター ♯061008 カップホルダーステンレス 大 切寸φ74

♯061008
カップホルダーステンレス 大 切寸φ74
価格:540円

 最後に紹介するのは、ダイネットテーブルなどについているものをよく目にするカップホルダーです。「カップホルダーステンレス 大 切寸φ74」は、テーブル板に74㎜の穴を開けて上からはめ込むだけの簡単DIY。シンプルですが、使いやすいカップホルダーのできあがりです。

 以上、3タイプのカップホルダーを紹介しました。DIYが必要なものもありますが、初心者でも簡単に取り付けできて、しかも使いやすさをすぐに実感できますから、満足度の高いDIYとなります。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第114回】キャンピングカーの洗車は大変!?


キャンピングカーは室内の居住空間が広い方が快適に過ごせますが、大きくなれば当然ボディも大きくなり、洗車にもその分だけ手間がかかります。

 九州南部はいつもよりも早く梅雨入りしたそうですが、雨が多くなるとキャブコンなどのボディ側面の汚れが気になります。

 いわゆるバーコード汚れというもので、ルーフ上に溜まった砂埃や、雨が空気中のゴミとともに降ってきて雨だれとともにボディにその跡を残していきます。

 そこで役立つのがボディに装着するドリップモールです。

キャンピングカーパーツ ♯56187 ドリップモールPVC80
「♯56187 ドリップモールPVC80 価格:1,080円」

ルーフの縁などに合わせて両面テープで接着することで、雨が前後に流れるようになって、雨だれが付きにくくなります。これは汚れを付きにくくするための工夫です。

では汚れがついてしまった場合はどうしたらいいでしょうか? そんなときにはお薦めのカーシャンプーがあります。

キャンピングカーパーツ ♯103016 ビックリクリーナー
「♯103016 ビックリクリーナー 価格:2,700円」

その名前の通り、びっくりするほど水アカが落ちるというシャンプーです。実際に使ってみると分かりますが、面白いほど汚れが落ちます。普段は一般のカーシャンプーを使って、汚れがひどいときにビックリクリーナーを使うといいでしょう。

 さらに表面がガサガサでツヤのない状態のFRPやカビ汚れが付いたものには、FRP専用洗浄剤があります。

キャンピングカーパーツ ♯103014 FRP用リストアー&ワックス
「♯103014 FRP用リストアー&ワックス 価格:1,404円」

こちらは新車登録してから3~5年が経過した車用で、しつこい汚れを落としながら、表面にはツヤを取りもどすことができます。

 まずはボディに汚れが付かないように、ドリップモールを装着。洗車をするときにはビックリクリーナー、そしてしつこい汚れにはFRP用リストアー&ワックス。これだけ覚えておけば、洗車も面倒ではなくなります。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp