【第197回】車中泊のほか、災害時にも活躍するポータブル蓄電池


車内で電気を使う方法はいろいろあります。発電機は、大容量を長時間にわたって出力できますが、車内では使えませんし、音や振動が気になります。ガソリンなどの燃料管理の手間もあります。

 インバーターは比較的手軽に電気が利用できますが、大容量になるとサブバッテリーが必要ですし、走行充電システムを組んだり、車内で配線が必要になります。

 ポータブル蓄電池は、車内にポンと置くだけですぐに電気が使えるようになり、もっとも手軽に車内で電気を使うことができるといえます。持ち運びが簡単ですから、電気容量がなくなれば家に持って帰って、AC100Vで充電すればOKです。

ポータブル蓄電池PB450」は容量500Wの蓄電池で、AC100V、USB、アクセサリーソケット(DC12V)が使えます。

キャンピングカーパーツセンター #201060 ポータブル蓄電池PB450

 液晶ディスプレイ搭載で、入力・出力表示の他に使える電気の残り時間が表示されてひと目で分かるので便利です。

 バッテリー容量がなくなると充電が必要ですが、本体の充電はACアダプター、アクセサリーソケット、ソーラー充電に対応しています。ソーラー充電については専用のソーラーパネルがオプション設定になっています。

 ほかにも専用バッグがオプションで用意されていて、本体はもちろんのこと、コード類、ソーラーパネルをまとめることができるので、車内でもコンパクトに収納できます。

 本体の角にはゴムカバーが付いていて、落下などから守る耐衝撃設計。各種ポート部分にはカバーが付き雨やホコリに強いデザインです。

キャンピングカーパーツセンター #201060 ポータブル蓄電池PB450

#201060
ポータブル蓄電池PB450
価格:45,630円
サイズ:304×186×167㎜
重量:5.4㎏

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第156回】アクセサリーソケットから給電できる!USBポート付きポータブルインバーター


車内で家電製品を使う場合、インバーターが必要です。車内のバッテリーは通常DC12Vなので、それをAC100Vへ変換するのがインバーターの役割となります。

 キャンピングカーパーツセンターでは120Wから3000Wを越える容量のインバーターを取り扱っているので使用する電気消費量に合わせて選べます。

キャンピングカーパーツセンター #192142 サイン波インバーター FI-S126FR 12V 125W 50/60Hz切替

インバーター
#192142 サイン波インバーター FI-S126FR 12V 125W 50/60Hz切替
価格:23,760円
サイズ:幅120×高さ62×奥行180㎜
重量:1.25㎏
※50Hz、60Hzの切り替えスイッチ付き

 携帯電話やパソコン用に使うならばアクセサリーソケットに接続するだけで使えるインバーターがお薦めです。サブバッテリーと配線をする手間がなくすぐに使えます。

 以前から小容量タイプとしては、「サイン波インバーターFI-S126FR 12V 125W 50/60Hz切替」がありましたが、2月に幕張メッセで行われたジャパンキャンピングカーショーで新しいモデルが発表になりました。

 小さな容量でコンパクトサイズのサイン波インバーター「サイン波インバーターFI-S122 PORTA 12V122W」の一番の特徴はUSBポートがついたことです。スマホなどの充電がインバーターだけでもできるようになり、これは便利な装備です。

 アクセサリーソケットから電源が取れるのは従来モデルと変わらず。サイズは小さくなり、とくに厚さは約3㎝と薄型なので、ちょっとしたすき間に入れることもできます。

 出力はAC100VコンセントとUSBポート。ヒューズが付いているのが見えますが、これは入力の逆接続をしたときにヒューズが切れるようになっています。

 120W以上の電気を使った場合は内部回路が働いて自動でカットされます。ヘルツフリーではないので、50Hz、60Hzを指定して購入してください。

 また、インバーターにはサイン波(正弦波)と疑似サイン波タイプの2種類があります。疑似サイン波タイプはパソコンなどのデジタル機器が正常に動かない場合や、蛍光灯のコイルの温度が上がり過ぎたり、電気毛布が使えないことなどがあるので注意して下さい。カー量販店などで売っている安いインバーターはほとんどが疑似サイン波タイプです。

キャンピングカーパーツセンター #192150 サイン波インバーター FI-S122 PORTA 12V122W

インバーター
#192150 サイン波インバーター FI-S122 PORTA 12V122W
価格:19,440円
サイズ:幅188×高さ30.5×奥行105㎜
重量:0.45㎏

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第130回】災害時にも活躍するポータブル電源


車内で電源が必要な場合、エンジンがかかっている状態であれば、車のメインバッテリーがつながっているアクセサリーソケットから取ることができます。

 充電することが多いと思われるスマホの場合は、アクセサリーソケットに挿す充電器が使えます。USBカーチャージャーや、シガーソケットUSBチャージャーなどの名前で販売されている充電器です。

 家庭で使っている電気製品(AC100V用)を使う場合はどうしたらいいでしょうか? こちらもエンジン始動中ならば、アクセサリーソケットに挿すタイプのインバーターが使えます。

 ただし使える電気の容量が限られているのと、さらにどちらの場合にもいえることですがエンジンを切っているときにメインバッテリーから電気を取ると、バッテリー上がりの原因になりかねません。

 キャンピングカーユーザーには馴染みのあるサブバッテリーとインバーターの組み合わせであれば、エンジン停止中でも電源を使うことができますが、これは一部車両をのぞいてミニバンなどの乗用車には装備されていないものです。

 そこで車中泊などで気軽に電源を使いたいときに便利なのがポータブルタイプの電源です。「ポータブルパワー電源390Wh」は、DC12Vアクセサリーソケット、DC12Vコンセント、USBポートが備わっていて、スマホやデジタル機器などの充電ができます。

キャンピングカーパーツ #201055 ポータブルパワー電源390Wh

AC100Vコンセントは300Wまで使用できてテレビをつないだり、パソコン、デジカメなどへの充電が可能です。

 電気を使ったら、再チャージします。家庭用電源で6~8時間、車のアクセサリーソケットからは10~20時間で充電ができます。さらに別売のソーラーパネルを接続することで4~6時間で充電可能です。

 万が一のメインバッテリー上がりでは、付属のジャンプスターターを使ってポータブル電源をつなぐことで、エンジンの再始動ができます。

 車中泊はもちろん、万が一の災害時に電気が使えなくなったとき心強い味方となるはずです。

キャンピングカーパーツ #201055 ポータブルパワー電源390Wh

#201055
ポータブルパワー電源390Wh
価格:96,120円
サイズ:235×230×140mm
重量:5kg

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第85回】外部電源利用で快適な生活環境を


多くのキャブコンなどには電子レンジが付いたり、最近ではルームエアコンを装備したりという時代になってきた。それらを利用するのに、サブバッテリーの電力を家庭と同じ交流にするためにインバーターを利用する。

そうすることにより、走行中、キャンプ中を問わず家庭用電源の利用が内部コンセントから行え、生活スタイルが豊かになる。もちろん、外部電源を接続することも可能だ。

ところがこの交流というのは曲者で、直流のように大雑把に電源ソースを並列化する事は基本的にできない。ウッカリつないでしまうと、火花が飛び散ったり接続している機器を破壊してしまったりする。

そこでキャンピングカーで外部電源接続時に、電源ソースが並列状態になって電気の衝突を起こさないようにする装置がオートセレクターの機能だ。

オートセレクター本体は、キャンピングカー内のコンセントへの家庭用電源供給は、通常時インバーター出力に接続。外部電源が入力されると、その電力でオートセレクター内の電磁石が作動してスイッチが切り替わり、外部電源からの供給となる。いわゆる、大容量リレーだ。

バンテックのキャブコンでは、発電機を搭載できる消音箱のアイボックスをオプションで装備すれば、その出力も外部電源同様に切り替えられる。

キャンプ場やRVパークなどでは電源を確保することが普通にできるが、そういった場でない時は発電機の存在はかなり心強いことは、経験的に筆者も理解している所。

こうして外部からの電力供給ができれば、サブバッテリーの電力容量を気にしての使用ではなく、気兼ねなくエアコンや電子レンジをたっぷり使うことが可能で、より日常の家庭生活と変わらない快適さが得られるのだ。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第74回】外部AC電源接続すると自動切り替えできるインバーター


車のバッテリーは一部トラックなどをのぞいて電圧はDC12Vになっている。キャンピングカーの車内で使用するサブバッテリーも同様にDC12Vである。

 そのDC12VをAC100Vに変換して、車内でも家庭用電化製品を使えるようにするのがインバーターの役割だ。

 使用する電気製品のワット数によってインバーターの容量を選ぶことになり、消費電力が大きい電気製品を使うのならばインバーターも大容量タイプを選ぶことになる。

 車内で使うのがテレビくらいならば250W程度で十分だし、1500Wの容量があればドライヤーや電子レンジなども動かすことができてたいていの家電製品に対応する。

 1500Wインバーターというと以前「FI-S1503Aインバーター1500W(♯192115)」を紹介したことがあるが、今回紹介するのは転送スイッチ(リレー)付きのインバーターである。

 前述したとおり、DC12VをAC100Vに変換するのがインバーターの役目であるが、キャンプ場などで電源コードから車内に電気を供給する外部AC電源接続をしたときには、サブバッテリーからの電気ではなく、外部からのAC100Vを車内へ供給することになる。

 このときにサブバッテリーと外部AC電源との切り替えのための転送スイッチ(リレー)が必要で、今回紹介する「サイン波インバーターFI-SU1503C 12V1500W」にはその機能が内蔵されている。外部AC電源を接続すると自動で切り替わるので便利だ。

 また1500Wインバーターを装備して大きな電力を使うならば、サブバッテリーは最低でも2本積み以上必要になる。電気系統についてはトータルで考えることが重要だ。

※ちなみに以前紹介したインバーターにはコンタクタリレー110V-15A MUF10-4(♯181015 価格:4320円)などを使って、外部AC電源との切り替えをする。

キャンピングカーパーツ インバーター・コンバーター ♯192130 サイン波インバーターFI-SU1503C 12V1500W

インバーター・コンバーター
♯192130 サイン波インバーターFI-SU1503C 12V1500W
価格:139,212円(税込)

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp