【第267回】暑い時のチョット小腹が…、にオススメ!?


 コレは何か? 実は即席袋麺を水戻しして食べようと言う代物。えっ! と思われるかもしれないが、意外にいけたりする。しかも、1人前だと多いなぁという時にちょこっと作ることもできて便利この上なし。お湯で戻すとか煮込まなくても大丈夫なの? と聞こえてきそうだが、袋麺やカップ麺は基本すでに熱加工された麺をなんらかの方法で乾燥させたもの。なので、熱処理しなくても基本大丈夫なはず。風味という点では、やっぱり熱い方が良いとは思われるけどね。そもそも熱い環境のキャピングカー車内で、コンロに火を付けてお湯を沸かすのも嫌だなとか、まだしばらくはそういう気温が続くわけで。

 今回用意したものは、見ての通りのもの。イロイロ試してみたが、多分何処でも手に入る超有名品が一番具合がよろしいかと。あと、普通のカップ麺も用意してみた。

  

 某有名鶏ラーメンは、お湯をかけて戻すときは400ccとなっているので、200ccの水をメスティンに入れた。自分のメスティンには、炊飯用に目安となる印を付けてあるのでそれに従ったが、まあシェラカップなりなんなりで計ろう。量はきちんとした方が味がおかしくならない。

  

 なぜ袋麺をオススメするかと言えば、バリっと半分に分けられるから。と言うよりさらに小分けも可能。そして某鶏ラーメンが都合がいいのが、小袋のスープなどがなくすでに麺に味が染み込ませてあること。手間がかからなくて最高である。水に浸けて全体がふやけてくる様にひっくり返し、大体20分くらい経ったら食べ頃の始まり、3分ではどうにもならない。1時間放置しても、相当水分は麺に吸い上げられるが伸びちゃった状態にはなかなかならないので、麺の硬さの好みのあたりで時間調節するのが吉。

 試しというか比較に普通のカップ麺も用意した。コレも同様に規定量まで水を注ぎ20分以上放置するだけ。ここからが問題で、写真のように後入れの油があるとしてコレを投入すると、ベタベタするし白く固まってしまうこと。油的風味が欲しければごま油か何かにした方がいい。 実は、某鶏ラーメンの場合そもそも含まれている油が少ないので、仕上がりにベタベタ感が少ないのも向いていると言えそう。後は好みでネギやワカメなど載せ頂くだけ。レモン汁などを振りかけると、より夏の暑さにサッパリとした状態で楽しめる。気分は山形の冷やしラーメン。 邪道と言えばそれまでだが、キャンプで撤収を終えた後にカップ麺を食べるという比率は相当高いらしく、それは手間と洗い物などを少なくしたいという欲求からだろう。こんな方法もあるよという一工夫として、頭の中に入れておくといいかも。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【納沙布岬】北方領土を間近に望む 日本最東端の岬


日本の本土最東端にあたるのが、北海道根室市にある「納沙布(のさっぷ)岬」です。岬までは、根室駅から約23km。根室市街を抜けて道道35号線を東に走り、クルマ通りが減って最果て感が最高潮に達したあたりで、日本最東端の納沙布岬にたどり着きます。

岬から望む海では、夏にはラッコ、春から冬にかけてはイルカやミンククジラなど、四季を通してさまざまな野生動物を観察できます。また、「日本でもっとも早く朝日を見ることができるスポット」としても知られ、毎年元旦には日本一早い初日の出を見ようと、全国から大勢の観光客が集まってきます。

「日本の灯台50選」にも選ばれた「納沙布岬灯台」など、大自然に囲まれた素晴らしい景観も魅力ですが、ほかの観光地と大きく異なるのは、海の向こうに北方領土の歯舞群島、国後島を望み、肉眼でも確認できるほど近い場所に貝殻島や水晶島があることです。

納沙布岬を訪問した際にぜひ訪れてほしいのが、「根室市北方領土資料館」と「北方館・望郷の家」。「根室市北方領土資料館」には北方四島(択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島)に関する資料やパネルが展示され、戦前の歴史・事実、島の人々の当時の暮らしぶりなどを知ることができます。「北方館・望郷の家」では、北方領土問題の資料を閲覧できるほか、2階の展望室にある無料の望遠鏡では、貝殻島の灯台、水晶島に設置されたロシアの監視塔やレーダー施設まで確認することができます。

岬の周囲には、世界平和と北方領土返還を祈念するために作られた高さ13mのシンボル像「四島(しま)のかけ橋」や、北方領土の返還を願うモニュメント「きぼうの鐘」などもあり、ほかの観光地とは違う独特の雰囲気が漂っています。道東エリアを旅する際は、ぜひ根室まで足を伸ばして日本最東端の納沙布岬を訪れてみてください。

 

(データ)

住所 北海道根室市納沙布

電話 0153-24-3104(根室市観光協会)

駐車場 無料

http://www.nemuro-kankou.com

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【第266回】DIY心をくすぐる キャンピングカーパーツ その㉒


 キャンピングカーに自転車を積んで出かける人の必需品がサイクルキャリヤです。サイクルキャリヤはクルマの外装に取り付けられているので、紫外線の影響を受けやすく、サイクルキャリヤ本体のフレームよりも先に、プラスチックやゴム系のパーツが劣化します。自転車を固定するために重要なパーツなので、割れたり、欠けたりしたら、すぐに交換しましょう。ゴムバンドなどは見た目は普通に見えても、弾性がなくなっていることもあります。キャンピングカーパーツセンターではフィアマ製とオムニ製のサイクルキャリアの取り扱いがあります。まず今回はフィアマ製キャリーバイクの交換パーツについて紹介します。

————————————-

♯023123

フィアマ バイクレール クイックセーフ

価格:1100円

●キャリーバイクレールクイックに付属する専用のアタッチメントで、タイヤを固定します。締め上げるための機構が組み込まれていて簡単な操作で確実に自転車をレールに固定できます。

————————————-

♯023125

フィアマ キャリーバイクラックホルダー

価格:1870円

●キャリーバイクは自転車を載せないときにはレール部分を跳ね上げておくことができます。そのときにフレームを上げたままの状態でキープするために使うホルダーです。走行時の振動でも開かなくなります。

————————————-

♯023151

フィアマ キャリーバイクブロックPRO 1 Black

価格:2970円

●キャリーバイクの標準セットに付いているパーツで、一番車体側にある自転車のフレームを固定するためのパーツです。ベルトの欠損や脱落などによる紛失、劣化した場合の交換パーツとして。

————————————-

♯023152

フィアマ キャリーバイクブロックPRO 2 Black

価格:3564円

●キャリーバイクを拡張するときにレールを増設するとともに必要なアタッチメントです。プラスチック部分の劣化があったら交換します。

————————————-

♯023126

フィアマ バイクレール エンドキャップ

価格:1210円

●キャリーバイクレールクイックPro Blackに標準で装備されるエンドキップです。はめ込み式で簡単に交換ができます。欠けたり、割れたりしたときの交換部品となります。

————————————-

♯023118

フィアマ キャリーバイクストリップ 赤 2本組

価格:1870円

●クイックセーフだけでは固定できないような場合に使うストラップで、より安定した固定ができます。長さ39㎝。

————————————-

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【夕張市石炭博物館】リアルな炭鉱のジオラマ展示で タイムスリップ気分を味わう


夕張メロンの産地として有名な北海道夕張市は、1800年代後半から1900年代後半にかけて炭鉱で栄えた地域としても知られています。「夕張市石炭博物館」は、炭鉱時代の生活や仕事、石炭と炭鉱の歴史について学べる、国内最大の炭鉱ミュージアム。夕張エリアを代表する観光地として、ぜひお勧めしたいスポットです。

2018年に全面リニューアルオープンした館内の展示エリアは、本館展示室と地下展示室、模擬坑道に分かれていて、どれも見ごたえ十分。まず本館展示室では、当時の貴重な写真、映像、音声、展示品など約1万5000点の収蔵資料によって、石炭とともに歩んだ夕張市の歴史や、炭都で暮らした人々の生活ぶりを学ぶことができます。

このミュージアムの最大の見どころは、炭鉱で栄えた時代にタイムスリップしたような感覚を味わえる「地下展示室」です。炭鉱時代の立坑ケージを模したエレベーターで地下まで移動すると、冷え冷えとした空気と炭鉱のジオラマが来場者を出迎えます。坑内で実際に使用していた鉱山機械や器具が数多く展示され、当時の炭鉱での作業の様子がリアルなジオラマで再現されています。

展示の一部となっている国登録有形文化財の「旧北炭夕張炭鉱模擬坑道」は、実際に使われていた坑道を利用した人気の展示エリアですが、2019年に発生した火災の影響で残念ながら現在は見学不可能となっています(2021年7月現在)。

周辺には、農産物直売所が併設された「道の駅 夕張メロード」や、「ゆうばりキネマ街道」「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」などのスポットもあるので、ぜひ博物館見学と併せて夕張の魅力を味わってみてください。

(データ)

住所 北海道夕張市高松7番地

入館料 中学生以上720円、小学生440円、未就学児無料

営業時間 【4~9月】10:00~17:00 【10月~】10:00~16:00

営業期間 4月上旬~11月初旬

休館日 火曜日

駐車場 無料

問い合わせ 0123-52-5500

https://coal-yubari.jp/

 

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【第265回】フィールドにナイフを持ち出そう


 普段キャンプに行く時、家からナイフを持ち出している。使っているのはモラーという輸入品で、日本で言えば肥後守的存在のもの。価格も安く使い勝手も含め納得の出来で、薪割りをこなすため出来るだけ刃厚のあるものを選んだ。ただこの手の刃渡り10cm以上になるナイフは、街を歩くときに持っていると銃刀法違反になってしまうのが悩みの種。そこで、よく行く出先にはあらかじめ使いやすいものを用意して置いてあったりもする。それらが写真のもの、刃厚は3mmほど。

 刃厚は見ての通り。左側のナイフはフルタングといい、刃先から柄の終わりまで1本ものになっていて、非常に使いやすい。ただこの手のタイプは多少価格が張る。バリバリ使うのではなくキャンプでちょこっとという程度なら、右のようなフルタングではない普通の柄が付いているものでも十分。入門で使うなら手に入れやすいこの手のもの、それでいて滑りにくい加工がしてあるものがいいだろう。

 言うまでもないが、作業をする時はグローブを使用しよう。ナイフを手に入れたらまずやってみたいと誰もが思うのがバトニング。 いわゆる薪割りだが、キャンプ場に売っている薪などなら、刃厚が 3mmの簡易なナイフでも十分使える。もちろんもっと刃厚があったほうがサクッと気持ちよく薪を裂けるのは間違いなし。その様子は斧や鉈のそれである。正直言ってバトニング程度の薪割りなら、多分鉈が一番便利、大型ではなく刃渡り10cmそこそこのものならなおさらである。しかしナイフだと、薪割り以外にも落ちている枝でタープやテントのポールを作ったり三脚を作ったり、料理にだって使えるので、腰に一本ぶら下げておくと何かと便利である。 危ない道具だけに慣れは必要だが、使っているうちに慣れてくると本当に心強く、ますますアウトドアを楽しめる相棒になってくれること間違いなしだ。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com