【二風谷アイヌ文化博物館】貴重な資料と展示物で アイヌの文化や歴史を学べる


北海道沙流郡の平取(びらとり)市街から国道237号線を沙流川沿いに4 kmほどさかのぼった場所にあるのが、北海道でアイヌの比率がもっとも高い地域とされる二風谷(にぶたに)地区。沙流川流域に広がる二風谷は、北海道の先住民族アイヌの伝統が色濃く残る“アイヌ文化発祥の地”として知られています。

二風谷エリアを通る国道237号線は、道中に「かなやま湖」「富良野」「美瑛」などの観光スポットが多く点在することから、クルマ旅ユーザーにとってもなじみ深い道路。近くを通る際は、ぜひ二風谷に立ち寄ってアイヌの伝統と文化にふれてみることをお勧めします。

アイヌ文化の中心地「二風谷コタン(集落)」を訪れたら、まずは「二風谷アイヌ文化博物館」を見学してみてください。館内には、重要有形民俗文化財「北海道二風谷及び周辺地域のアイヌ生活用具コレクション」をはじめとした手作りの民具や貴重な資料が数多く展示されていて、アイヌの人々の暮らしや伝統工芸、信仰などを多角的に学ぶことができます。また、屋外には復元されたチセ(アイヌの伝統的家屋)が一般開放されており、アイヌ工芸作家が木彫りや刺繍などの作業を行っている様子を見学することも可能です。

周辺には、「沙流川歴史館」「萱野茂二風谷アイヌ資料館」、アイヌの伝統的な手作り工芸品店や工房が並ぶ「匠の道」、アイヌ工芸の体験プログラムを提供する「アイヌ工芸伝承館ウレㇱパ」などのアイヌ文化継承施設が点在しているので、ゆっくり時間をかけて散策するのがお勧め。二風谷地区には、ほかにもオートキャンプを楽しめる「二風谷ファミリーランド」や日帰り入浴可能な「びらとり温泉」などの娯楽施設があるので、キャンプと温泉を楽しみながらアイヌ文化にふれてみるのもいいかもしれません。

(データ)

住所 北海道沙流郡平取町二風谷55

入館料 大人400円、小・中学生150円

営業時間 9:00~16:30

休館日 12/16~1/15、月曜日(冬期間)

駐車場 無料

問い合わせ 01457-2-2892

http://www.town.biratori.hokkaido.jp/biratori/nibutani/

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【二風谷ファミリーランドキャンプ場】アイヌ発祥の地「二風谷」で 快適なオートキャンプを!


北海道日高市から国道237号線を沙流川(さるがわ)に沿って北上した場所にある、平取(びらとり)町の二風谷(にぶだに)地区。大自然に囲まれたこのエリアは、アイヌ文化発祥の地であり、現在もアイヌの伝統が色濃く残っています。そんな歴史ある地域の豊かな自然の中にあるのが、「二風谷ファミリーランドキャンプ場」。25ha以上の広大な敷地に、キャンプ場、バンガロー、温泉宿、パークゴルフ場、テニスコートなどの施設が整備されています。

美しい芝生のキャンプサイトは、クルマ乗り入れ不可のテントサイトとクルマを横付けできるオートサイトに分かれています。電源なしオートサイトは1泊2000円、電源付きオートサイトは1泊3000円、キャンピングカーサイトは1泊4000円と、利用料金は本州と比べてかなりリーズナブル。電源付きオートサイトは20A、キャンピングカーサイトは40Aの大容量AC電源が完備されているので、ルーフエアコンやウインドーエアコンなど消費電力の大きな電気製品も安心して使用できます。

オートサイトやキャンピングカーサイトは、1区画が広くとられているので開放感も抜群! 傾斜を活かした段々状のレイアウトで、キャンパーが多い日でもプライベート感はしっかり確保できます。場内には、パークゴルフ場や遊具広場など、大人も子供も楽しめるも遊びの施設も充実。キャンプサイトから徒歩5分の「びらとり温泉ゆから」では日帰り入浴(500円)ができるほか、館内のレストランで「びらとり和牛」「びらとりトマト」などの地場産食材を使った料理も楽しむことができます。直売店でA5・A4ランクの「びらとり和牛」の購入もできるので、ここで食材を手に入れてキャンプサイトで贅沢なバーベキューを満喫するのもお勧めです。

キャンプ場の周辺には、「萱野茂二風谷アイヌ資料館」や「二風谷アイヌ文化博物館」、「平取町アイヌ工芸伝承館」などのアイヌにまつわる施設が点在しているので、ぜひキャンプを楽しみながら二風谷エリア伝統のアイヌ文化に触れてみてください。

 

(データ)

住所 北海道沙流郡平取町字二風谷92番地38

電話番号 01457-2-3807(現地管理棟)

開設期間 4月下旬~10月下旬

営業時間 チェックイン13:00~/チェックアウト~11:00

料金(1泊) オートサイト2000円、電源付きオートサイト3000円、キャンピングカーサイト4000円

※ペット不可、燃えるごみ以外は持ち帰り

http://www.town.biratori.hokkaido.jp/kankou/spot/spot3/camp/

 

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【きりたっぷ岬キャンプ】無料で使用できる 車中泊OKの絶景キャンプ地


北海道の厚岸と根室の間に位置する浜中町は、手つかずの自然が残るエリア。なかでも、雄大な太平洋に突き出した霧多布半島の東端に位置する霧多布岬(きりたっぷみさき)は、北海道の大自然を体感できる景勝地として人気を集めています。周辺には売店や食堂、駐車場が整備され、太平洋の荒波を見下ろす展望台や岬突端の灯台からは、タイミングがよければ野生のラッコやアザラシの姿を観察することもできます。

そんなワイルドなロケーションの霧多布岬から徒歩5分の場所にあるのが、「きりたっぷ岬キャンプ場」です。北海道には数えきれないほどのキャンプ場が点在していますが、その中でもここのロケーションは随一! 高台に開かれたキャンプ場の、18棟のバンガローに囲まれた広大な草原のテントサイトから、太平洋の大海原を一望することができます。場内には、水洗トイレ、炊事場、ドッグランが完備されていて、設備は決して新しくはないものの清潔に管理されているので、旅人には十分です。

驚きなのは、これだけロケーション抜群のキャンプ場なのに無料で使用できるということ! 海を見下ろす草地にはテント100張ほどのスペースが確保されていて、キャンプ料金は無料。キャンプサイトにクルマを乗り入れることはできませんが、キャンピングカーは駐車場での車中泊が許可されています。バンガローは有料になりますが、1泊1760円と格安なので、たまには趣向を変えてバンガローに泊まってみるのもいいかもしれません。

周囲に何もない、ある意味北海道らしい環境が魅力のキャンプ場ですが、ゴミ処理可能(町指定の有料袋を使用)、ペットOK、温泉施設まで2.5kmと、利便性も文句なし。キャンプ場に集うのは、ライダーやチャリダー、車中泊ユーザーなどが多く、旅人同士で交流や情報交換をする光景がよく見られます。

波の音を聞きながら眠りにつき、夏の早朝は漁船のエンジン音で目を覚ます。そんな贅沢な時間の過ごし方をしてみたい人にピッタリの、北海道らしいフィールドです。

 

(データ)

住所 北海道厚岸郡浜名町湯沸41番地

電話番号 0153-62-3726(霧多布温泉ゆうゆ)

開設期間 6月上旬~10月上旬

営業時間 チェックイン/チェックアウト:指定なし

料金(1泊) テント・車中泊:無料、バンガロー:1760円

※ペット可、ごみ処理可

https://www.townhamanaka.jp/

 

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【ニセコサヒナキャンプ場】自然の中で焚き火を楽しめる 通年営業のキャンプ場


羊蹄山(標高1898 m)とニセコアンヌプリ(標高1308 m)の雄大な山容を間近に望む北海道・ニセコ町は、豊かな自然を味わえるスポットとして人気の高いエリアです。尻別川のラフティングやキャニオニングなどのアウトドア体験のほか、雪質抜群のスキー場も充実していることから、1年を通して国内外から多くの観光客が訪れます。

「ニセコサヒナキャンプ場」は、そんなニセコエリアにある民営の老舗キャンプ場。テントサイト15区画、カーサイト9区画のこじんまりとしたフィールドですが、自然豊かなロケーションと静かにキャンプを楽しめる雰囲気の良さから、道内はもちろん本州からも多くのキャンパーが訪れる、道央エリア屈指の人気キャンプ場になっています。

オーナーがコツコツと作り上げたフィールドは、豊かな緑に囲まれた落ち着きのある雰囲気が特徴です。最大の魅力は、テントサイト、カーサイトのすべてに石を並べて作った焚き火用の炉が完備されていて、直火で焚き火を楽しめること。北海道では焚き火自体を禁止しているキャンプ場が多く、ましてや直火OKのフィールドとなると数えるほどしかありません。そのため、キャンプ場には「ゆっくり焚き火をする」ことを目的としたリピーターが、季節を問わず訪れます。

北海道では珍しい通年営業のキャンプ場なので、ウインターシーズンに雪中キャンプを楽しむことも可能です。雪が積もった静寂のキャンプサイトで、焚き火の揺らめく炎を眺めながら、ゆっくりと流れる時間を過ごす……。このキャンプ場なら、アウトドア好きが一度は憧れるそんなシチュエーションを、リアルに体験することができます。

大自然に囲まれた静かなフィールドで“キャンプ本来の楽しみ”を味わえるのが、「ニセコサヒナキャンプ場」の大きな魅力。「北海道でしかできない極上のキャンプを体験してみたい」というアウトドア派のキャンピングカーユーザーは、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

(データ)

住所 北海道磯谷郡蘭越町字湯里224-19

電話番号 0136-58-3465

開設期間 通年

営業時間 チェックイン13:00~、チェックアウト~翌11:00

料金(1泊) 利用料:大人1000円・4歳~小学生700円+カーサイト:3000円

※ペット可、ごみ持ち帰り(生ゴミのみ処理可)

https://sahina-camp.com/

 

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【旭山動物園】大人も子供も楽しめる 「日本最北」の動物園


旭川市は、札幌市に次ぐ北海道第2位の都市。中心部はマンションや大型店舗が建ち並ぶ大都会ですが、クルマで少し走れば北海道らしい豊かな自然に出会うことができ、魅力的な観光スポットも点在しています。なかでも、旭川市を訪れた際にぜひ一度は立ち寄っていただきたいのが、旭川駅からクルマで30分ほどの場所にある「旭川市旭山動物園」です。

「旭山動物園」は、旭川市が運営する日本最北の動物園。NHK「プロジェクトX」で紹介されたり、旭山動物園をテーマにしたテレビドラマや映画が制作されたりと、メディアでも数多く取り上げられている北海道屈指の観光スポットです。その人気の理由は、ただ動物の姿を見せるだけの「形態展示」ではなく、動物本来の行動や生活を自然のまま見せる「行動展示」を導入していること。旭山動物園の代名詞ともなっている独創的な「行動展示」は、野生に近い環境づくりを行うことで動物のストレスを軽減し、動物たちの生き生きとした姿を見せるのがコンセプトとなっています。

とくに人気を集めているのが、目の前の円柱水槽でアザラシの特徴的な泳ぎを観察できる「あざらし館」、透明なカプセルでアザラシの視点からホッキョクグマを観察できる「ほっきょくぐま館」、100年前の北海道の自然を再現した「オオカミの森」、さまざまな角度からライオン、トラ、ヒョウ、エゾヒグマを観察できる「もうじゅう館」など。

ほかにも、飼育スタッフがエサを与えながら動物たちについて解説する「もぐもぐタイム」をはじめ、飼育展示係の職員自らが担当動物の解説を行う「なるほどガイド」「ワンポイントガイド」、普段はなかなか見られない動物たちの夜の行動を見学できる「夜の動物園」など、さまざまなアイデアで魅力的な展示を実現しています。

子供から大人まで幅広く楽しめる動物園ですので、クルマ旅で旭川エリアを訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてください。

 

(データ)

名称 旭川市旭山動物園

住所 北海道旭川市東旭川町倉沼

入場料金 高校生以上1000円、中学生以下無料

営業時間 9:30~17:15(季節により変動)

営業期間 通年(4月・11月・年末年始に休業期間あり)

駐車場 無料(500台)

問い合わせ 0166-36-1104

https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

 

 

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/