【あとい食堂】日本最北の離島・礼文島で 絶品の生ウニを味わう


筆者は15年以上に渡って、毎年家族とキャンピングカーで北海道を旅してきました。これまでの北海道旅を合計すると、その日数は300泊以上。そんな経験もあって、キャンピングカーユーザーから「北海道で一番おいしかった海鮮のお店は?」という質問をよく受けます。そんな時に必ず紹介するのが、礼文島の「あとい食堂」です。

北海道稚内市の西方60kmの日本海上に位置する最北の離島「礼文島」は、約300種類の高山植物が咲く「花の島」。登山やトレッキング、キャンプなどのアウトドアレジャーや、ここでしか味わえない絶品の海鮮グルメを求めて、全国から毎年約30万人を超える観光客が島を訪れます。

「あとい食堂」は、 “食の島”としても有名な礼文島北部の金田岬にある小さな海鮮食堂です。地元の船泊(ふなどまり)漁協が経営する食堂だけあって、素材の鮮度はお墨付き。礼文島ならではの新鮮な海の幸を、思う存分味わうことができます。海鮮丼、舟盛定食、いくら丼、焼魚定食などの海鮮メニューがそろっていますが、ぜひここで味わっておきたいのが夏季限定の礼文島産ウニ丼セット。その日の朝に獲れた生ウニが別皿にたっぷり盛られ、海苔とウニをお好みの量でご飯に載せて、ワサビをあえた昆布醤油をかけて贅沢にいただきます。旬の時期に食す朝獲れの生ウニは、言葉をなくすほどのおいしさ! 濃厚な味わいのエゾバフンウニを味わいたいなら、6~7月の訪問がお勧めです。

 

食堂がある金田岬は、アザラシ見物ができることでも有名なスポット。日本最北の離島にポツンと建つ小さな海鮮食堂で朝獲れの絶品ウニ丼をお腹いっぱい味わい、食後はお店のすぐ隣の岩場でのんびりと昼寝をしている野生のアザラシを眺める。そんな日本離れした体験ができるのが、この食堂の魅力です。礼文島観光の際はぜひ「あとい食堂」を訪れて、“一生忘れられない味”に出会ってみてください。

 

(データ)

食事処あとい

住所 北海道礼文郡礼文町大字船泊村金田岬

営業期間 4月~9月

営業時間 11:00〜14:30

定休日 無休

TEL 0163-87-2284

駐車場 あり

https://funadomari.jp/hpgen/HPB/entries/3.html

 

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【トロッコ王国美深】トロッコで緑の中を駆け抜ける 全長10kmの大冒険!


北海道旭川市と日本最北端の町・稚内市のほぼ中間に位置するのが、美深町です。過去に国内最低気温の‐41.5℃を記録したこともある特別豪雪地帯ですが、夏の観光シーズンには、南北にかけて天塩川が流れ、周囲を天塩山地と北見山地に囲まれた、美深町の豊かな自然を求めて多くの観光客が訪れます。そんな美深町にあるイチオシスポットが、JR宗谷本線の美深駅からクルマで30分ほど走った山あいにある「トロッコ王国美深」です。

「日本一の赤字ローカル線」として全国にその名を知られ、昭和60年に廃止された旧国鉄・美幸線。その当時に使われていた本物の線路を利用してトロッコを運行しているのが、「トロッコ王国美深」の大きな特徴です。普通免許があれば、エンジン付きのトロッコを運転することができます。

往復10キロ(約40分)の線路を自らの運転で走れるテーマパークは、全国でもここだけ! 白樺や木々のトンネル、渓谷や野原など、自然いっぱいの景色を眺めながら、本物のレールの上をトロッコで風を切って走る。観光シーズンには日本国内はもちろん海外からも多くの観光客が訪れ、往復10キロの爽快な大冒険を笑顔で体験していきます。

美深町は、道北エリアを南北に縦断して旭川市と稚内市をつなぐ国道40号線の中間地点にありますので、最北端の町・稚内を目指す際には、ぜひ「トロッコ王国美深」に立ち寄ってみることをお勧めします。周辺には、「道の駅びふか」をはじめ、オートキャンプ場やテニスコート、パークゴルフ場などの設備が整った「森林公園びふかアイランド」、低価格で日帰り入浴できる「びふか温泉」など、魅力的な施設が数多くありますので、そうした施設を併せて利用して、美深町の魅力を肌で感じてみてください。

 

(データ)

住所 北海道中川郡美深町字仁宇布215番地

料金 大人1800円、中・高生1200円、小学生700円、未就学児無料

営業時間 8:30~16:00

営業期間 4月下旬~10月下旬 ※ 2021年度の営業は終了しました。現在は冬季休業中です。来年度の営業開始日は確定次第掲載いたします。※ 更新 2021年10月25日                                                                                                                            

定休日 なし(期間中は毎日運行)

駐車場 無料

問い合わせ 01656-2-1065

https://www.torokkobihuka.com/

 

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【びふかアイランド】全国からキャンパーが集う 旅人のパラダイス!


海道・道北エリアの中心部にある美深町。そこに、全国からキャンパーが集まる旅人のパラダイス「びふかアイランド」があります。この施設は、東京ドーム約17個分にあたる総面積76haの広大な敷地内に、天然温泉施設のほか、キャンプ場、テニスコート、カヌーポート場、パークゴルフ場などのアウトドア施設を備えた水と緑の森林公園。暖かい季節になると、年配の長期滞在者、自転車ツーリスト、バイカー、ファミリーキャンパー、ソロキャンパーなど、様々なスタイルの旅人が敷地内のキャンプ場に集います。

キャンプ場の人気の理由は、1泊400円(大人1名)という格安料金! サイトはクルマ乗り入れ可能なオートフリースタイルで、空いている場所を選んで自由にテントやタープを張ることができます。チェックイン8:30~、チェックアウト~翌15:00と、時間設定にゆとりがあるので、1泊でもバタバタせずにゆったり過ごせるのも魅力です。

「びふかアイランド」の敷地内には、区画サイトにAC電源と水道を完備したオートキャンプ場もあるので、キャンプ初心者や快適にキャンプを楽しみたい人にはこちらがお勧めです。料金は、1泊1サイト(1台)2700円! 本州でこのレベルのオートキャンプ場だと、間違いなく1泊6000~7000円はかかりますので、AC電源・水道完備で1泊2700円は驚きの格安料金です。

キャンプ場の目の前には日帰り入浴可能な「びふか温泉」があり、歩いて温泉を楽しむことができます。「ロケーション抜群」「料金が安い」「温泉がある」と、ただでさえ好条件がそろったフィールドですが、ほかにテニスコートやパークゴルフ場、ターフゲレンデなど、遊びのスポットも盛りだくさん! 生きた化石と呼ばれるチョウザメを間近で見学できる、入場無料の「チョウザメ館」も必見です。道北エリアを訪れた際は、ぜひ「びふかアイランド」で快適なキャンプライフを味わってみてください。

 

(データ)

住所 北海道中川郡美深町字紋穂内139番地

電話番号 01656-2-3688(管理棟)

開設期間 5月上旬~10月下旬

営業時間 【キャンプ場】チェックイン8:30~/チェックアウト~翌15:00 【オートキャンプ場】チェックイン13:00~/チェックアウト~翌12:00

料金(1泊) 【キャンプ場】大人400円、小人200円、幼児無料 【オートキャンプ場】2700円(AC電源・水道付き)

※ペット可、ごみ処理可(有料)

https://www.bifukaonsen.com/areainfo/

 

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【ハーベスター八雲】絶品フライドチキンが味わえる 丘の上のレストラン


北海道函館市から、国道5号線を北上して約1時間半。右手に雄大な噴火湾を眺めながら八雲町で国道5号線を左に折れ、美しい白樺並木の道を上っていくと、噴火湾を見渡す丘陵地に「道立公園噴火湾パノラマパーク」が整備されています。そのすぐそばにあるのが、丘の上のレストラン「ハーベスター八雲」。一般道のほかに、道央自動車道・八雲パーキングエリアにクルマを止めて、徒歩2分でアクセスすることも可能です。

 

 

この施設は、1988年に創設されたケンタッキー・フライドチキンの試験農場「ケンタッキーファーム」を前身とする、国産ハーブ鶏の発祥地です。現在は「ハーベスター八雲」として独立し、敷地内のレストランでオリジナルスパイスのフライドチキンなどを提供しています。ファンから「高級ケンタッキー」と絶賛される国産ハーブ鶏を使ったフライドチキンは、ほかの店では絶対に食べられない美味しさ! ケンタッキー・フライドチキンのファンなら、ぜひ一度味わってみることをお勧めします。

 

 

レストランは、ショーケースの中から好きなメニューを選ぶカフェテリア形式になっていて、フライドチキンのほかにもローズマリーを効かせてじっくり焼き上げたグリルドチキン、甘辛ソースを絡めたエスニックチキンなどが並んでいます。注文後に1枚1枚焼き上げる本格窯焼きピッツァも絶品! パスタやカレー、スペアリブ、ハンバーグなど、フライドチキンのほかにも地元の食材をふんだんに使ったメニューが豊富にそろっています。

 

 

料理も魅力ですが、その美味しさをさらに引き立ててくれるのが、レストランの目の前に広がる雄大な景色。テラス席から眺める緑豊かな牧場と噴火湾は、北海道らしさを感じられる道南エリア屈指の絶景です。視界いっぱいに広がる牧歌的な風景を堪能しながら、ここでしか食べられない絶品フライドチキンをじっくりと味わってみてください。

 

(データ)

住所 北海道二海郡八雲町浜松365

営業時間 10:00~19:00(季節・曜日によって変動)

定休日 3~11月:無休、12~2月:月曜日 (祝日の場合は翌日火曜日) 

TEL 0137-64-3113

駐車場 あり

https://harvester-yakumo.com/

 

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/

【北防波堤ドーム】最北の町・稚内市にある 美しく壮大な歴史的建造物


北海道のもっとも北に位置する稚内市には、日本最北端の地・宗谷岬、壮大な景観が魅力の宗谷丘陵、夕陽の名所・ノシャップ岬など、最北の町ならではの絶景スポットが点在しています。なかでも、稚内市を訪れた際にぜひ足を運んでほしいのが「北防波堤ドーム」です。

1936年に建設された「北防波堤ドーム」は、北埠頭が旧樺太航路の発着場として使われていたとき、船着場に向かう乗客に波のしぶきがかかるのを防ぐ目的で建設された、半アーチ構造の巨大な防波堤です。高さ13.6m、長さ424mに渡ってドーム型の屋根が伸び、6メートル間隔で配された合計72本の太い円柱がその屋根を支えています。最大の特徴は、古代ローマ時代の建築物を思わせる美しく壮大なデザイン。2001年には「北海道遺産」のひとつに選定され、映画やCM、テレビドラマのロケ地としても利用されるなど、最北の町・稚内市のシンボル的存在として人気を集めています。

北海道を旅する際、「壮大な景色と一緒に愛車のキャンピングカーをファインダーに収めたい」というユーザーも多いと思いますが、「北防波堤ドーム」はそんな人にピッタリのフォトジェニックなスポットです。世界的にも珍しい構造を持つ、その美しいフォルムを写真に収めようと、若者から年配者まで幅広い層の観光客が全国から集まってきます。「道の駅わっかない」や日本最北端の鉄道駅「稚内駅」から徒歩5分という好立地にあるので、散策コースとしてもお勧めです。

最北の地でしか味わえない景色をバックに愛車を撮影したいという人は、ぜひ一度「北防波堤ドーム」を訪れてみてください。その際は、周囲の迷惑にならないように交通状況を確認し、安全に留意して撮影を行うように心がけましょう。

 

(データ)

住所 北海道稚内市開運

電話 0162-23-6161(稚内市役所)

https://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/midokoro/spot/domu.html

 

岩田 一成
著者:岩田 一成
キャンピングカーライフ研究家/キャンピングカーライター。累積1000泊以上のキャンプ・クルマ旅の経験を活かし、雑誌やWEBでコラムや記事を多数執筆。キャンピングカー専門誌やイベントのアドバイザー、講演会、テレビ・ラジオ番組出演など、幅広い分野でキャンピングカーの魅力を伝えるべく奮闘中。著書『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門』 http://www.iwata-kazunari.com/