【第203回】テレビを好きな位置で見るためのスタンドとアーム


車内でテレビを見る人は多いようで、キャンピングカーの車載用テレビアンテナは相変わらず人気のパーツです。

そんな車内でのテレビ観賞のときに、テレビアンテナとともに、もうひとつ重要なパーツがテレビスタンドやアームです。

 車内は限られた空間ですから、テレビを設置する場所や、シートのある場所が必ずしも最適なポジションとは限りません。そこでテレビスタンドやアームが役に立ちます。

 自分が座りたい場所に腰掛けたら、テレビを動かして、好きな位置に固定。ベストポジションで視聴できます。

—————————-

 キャンピングカーパーツセンター #054047 TVスタンド 15インチ用

#054047
TVスタンド 15インチ用
価格:14,000円

 15インチサイズまでのTVに対応したスタンドです。左右90度に首を振ることができ、さらに上に15度、下に20度傾けることができます。支柱のベースをボルトで取り付けて固定する必要があります。耐荷重5.5㎏。

—————————-

キャンピングカーパーツセンター #054055 液晶TVステー ロックピン付き

#054055
液晶TVステー ロックピン付き
価格:14,000円

 チェーンの先にあるロックピンを外すことでステーが動き、ロックピンを止めることでステーを固定。好きな位置でテレビを見ることができます。ステー本体は壁面に取り付けます。ステーは国際基準の75×75mm、100×100mmに対応しているのでほとんどのモニターに取り付けできます。耐荷重11㎏。

—————

キャンピングカーパーツセンター #054058 TVアーム DACP-TVS

#054058
TVアーム DACP-TVS
価格:11,000円

 回転可動部分が3ヵ所あって、それぞれが動くので、車内のほとんどの場所へテレビ画面を向けることができます。

 液晶サイズ32インチ以下、重量22㎏まで対応していますから、かなり大きなテレビまでOKです。アーム本体は壁面に取り付けます。収納時にはアームを折りたためるので邪魔にならず、しかもロックできるので安心。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第191回】TVアームを付ければ、車内どこでもテレビのベストポジション


車のなかでテレビを見る人は多いでしょう。とくにキャンピングカーの場合、旅先で気になる天気を確認したり、毎週欠かさないドラマを旅先でも見たいなんていう人もいて、装備率はかなり高いはず。

 液晶テレビが主流なので、薄型にはなりましたが、やはり大きなものなので設置する場所は限られてきます。

 そうなるとテレビの位置によって、ダイネットの座る場所が決まってしまいます。しかしテレビが見やすい位置が、必ずしも座りやすいとは限りません。

 本当はゆったりと座れるシートがあるのに、テレビが見やすいからという理由で、隅っこに座らなければならないことにもなりかねません。

 そこで便利なのがTVアームです。これなら自分が座りたい場所に腰掛けたら、テレビをアームごと動かして、好きな位置に固定できます。

キャンピングカーパーツセンター ♯054058 TVアーム DACP-TVS

「TVアームDACP-TVS #054058」の場合、アームは最大で39㎝伸びます。回転可動部分は3ヵ所あってそれぞれが動くので、車内のほとんどの方向にテレビ画面を向けることができます。液晶サイズ32インチ以下、重量22㎏まで対応していますから、かなり大きなテレビまでOKです。

 収納時にはアームを折りたためるので邪魔にならず、しかもロックすることができるので、走行中にアームが勝手に伸びるようなこともありません。

 またテレビを壁掛け金具やアームなどに取り付ける際の国際標準規格があります。VESA規格と呼ばれるものですが「TVアームDACP-TVS」は、その規格の75×75㎜、100㎜×100㎜に対応しているので、ほとんどのモニターを取り付けることが可能です。

キャンピングカーパーツセンター ♯054058 TVアーム DACP-TVS

♯054058
TVアーム DACP-TVS
価格:12,100円
本体重量:約1.4㎏

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第154回】BS/CSアンテナの新製品登場!従来品にないメリットはどこか?


キャンピングカーパーツセンターではパーツを販売するだけでなく、オリジナル商品の開発もしています。専門メーカーと組んでBS/CSアンテナ、地デジアンテナ、ショックアブソーバーなど新たなキャンピングカー用商品を開発し、販売しているのです。

 2018年末に発売されたKYBとの共同開発商品「KYB Vサスペンションシステム」は1年半の開発期間、そして約2万キロの走行テストを経て作り上げたものです。

 無線機のアンテナで有名なダイヤモンドアンテナとはテレビアンテナ類を共同開発。キャンピングカーパーツセンターの売れ筋商品として年間を通して人気があります。

 そして2019年2月に幕張メッセで行われた「ジャパンキャンピングカーショー」のブースで発表した新しいBS/CSアンテナが注目されています。

キャンピングカーパーツセンター #231083 BS/CS フラットパッチアンテナ DACP-3510

キャンピングカーパーツセンター #231083 BS/CS フラットパッチアンテナ DACP-3510

BS/CSフラットパッチアンテナ DACP-3510
価格:47,520円
サイズ:355×100×60㎜
重量:1.7㎏
使用可能地域:日本国内(沖縄県、一部離島を除く)

 最新のBS/CSアンテナは従来品よりもサイズが小さくなり性能がアップしました。さらにこれまでにはなかった「サテライトファインダー」が付属されています。以前はアンテナを調整する際に、アンテナを南西方向の空に合わせながら、テレビに実際の映像が映っているかどうかを確認。電波が受信できるかを確認していました。

 車外にセットしたアンテナを調整し、車内に戻って映像が映っているかどうか確認作業が必要だったのです。

 サテライトファインダーがあれば、アンテナの調整をしたら目盛りをチェックするだけで電波が届いているかどうかを確認できるので簡単です。

 また本体とベース部分が別パーツになりました。アンテナ部分だけを回転させることができるようになったので、より電波の調整が簡単になりました。

 基本的には屋外に設置するものですが、窓際やFRP部分であれば、キャンピングカーの室内でも受信ができます。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第126回】アンテナはテレビを見るための必需品。性能が重要だ。


キャンピングカーの中でテレビを見るために重要なのがテレビアンテナです。

 家庭のアンテナならば一度調整すればいつでも同じ条件で見ることができますが、旅で移動するキャンピングカーの場合はそうはいきません。テレビ放送は地デジとBS・CSがあるので、両方見たければアンテナは2種類必要です。

 まず地デジですが、一般的に家庭で使っているアンテナは指向性アンテナで、テレビ電波の方向に向かってアンテナを向ける必要があります。魚の骨のようなアンテナが家の屋根の上に付いているのを見かけることがあると思います。

 家庭用のアンテナをキャンピングカーに取り付けることもできますが、車中泊場所に着いたら、そのたびにいちいち電波の方向を探して合わせる調整が必要です。

 そこで車載用に作られた無指向性のアンテナを使うことで、面倒な調整なしに電波を受信することができます。車用に専用設計されているので防水、振動対策もされています。

キャンピングカーパーツ #231058 DIAMOND 無指向性地デジアンテナ DACP-225

#231058
DIAMOND無指向性地デジアンテナDACP-225
価格:21,600円

キャンピングカーパーツ #231067 DIAMOND 無指向性地デジアンテナ DACP-115

#231067
DIAMOND無指向性地デジアンテナDACP-115
価格:19,980円

もうひとつがBS・CSアンテナです。BS・CSアンテナは、南西方向の空にある通信衛星に向かって方向を合わせる必要があって、手動で調整するタイプと自動で合わせる2タイプがあります。

 自動で合わせる自動追尾式だと本体内のモーターが回って常に衛星の方向にアンテナを向けることによって走行中でも放送を見ることができます。

 最近は価格も下がってきて購入しやすくなりました。テレビを見る頻度が多かったり、クルマで走行中でも見ることがあるのならば、自動追尾式をお薦めします。

 とくに2018年7月に発売になったフルオートアンテナDACP330は、従来品よりもコンパクトで軽量になり、しかも価格も安くなりました。

キャンピングカーパーツ #231075 自動追尾型BS/CS フルオートアンテナ DACP-330

#231075
自動追尾式BS/CSフルオートアンテナDACP-330
価格:216,000円

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第62回】キャンピングカー用に開発された地デジアンテナ。キャブコンのルーフにぴったり。


旅行先でも車内でテレビを見たいなら、アンテナは重要だ。せっかくテレビを装備していてもアンテナの感度が悪ければ映らない。以前のアナログテレビであれば、電波が弱くても、なんとか映像が見えたりしたものだが、地上デジタルになってからは、映るか映らないかがはっきりしている。だから余計にアンテナの性能が重要になるのだ。

DIAMOND無指向性地デジアンテナDACP-225」はバンテックと第一電波工業が共同開発したキャンピングカー用のアンテナ。高性能受信アンプとブースターを内蔵しているので、電波を安定して受信。しかも無指向性なので、走行中でも電波を受信することができる。

屋外用のアンテナなので車のルーフにつけることになるが、本体の高さは約13㎝で全高を抑えた作りになっているので邪魔にならない。取り付けにはルーフへの穴開け作業、防水のためのコーキングが必要になる。

取り付けビスはサビに強いステンレスを使用したものが同梱され、さらに同軸ケーブル1m、パワーインサーター、パワーインサーター用電源コードが付属している。

アンテナからテレビまでの配線が1m以上になるのであれば、付属の同軸ケーブルでは長さが足りないので、車内配線に必要な長さのF型コネクター付き同軸ケーブルが別途必要になる。その際には同軸ケーブル同士を接続するためのジョイントコネクターも用意しよう。

パワーインサーターには電源が必要になるので、コードをサブバッテリーに接続するなどしてDC12V電源を取る。もしもアクセサリーソケットから電源を取りたいならば、別途ユニバーサルプラグ シガーソケット用(価格:1、080円 ♯172103)を購入。

工具は電動ドリル(穴開け)、プラスドライバー、コーキングセットを用意すれば取り付け可能だ。

キャンピングカーパーツ ♯231058 DIAMOND無指向性地デジアンテナDACP-225

テレビアンテナ
♯231058 DIAMOND無指向性地デジアンテナDACP-225
価格:21,600円(税込)
サイズ:アンテナ部直径223㎜、取り付け部直径145㎜、高さ132㎜
重量:560g
周波数:UHF13~62ch
利得:17dB(±3dB)

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp