【第161回】艶出し効果満点、新車の輝き!


前回は、完璧ではないがお手軽なヘッドライトの綺麗化を紹介した。確かにそれだけでかなり車のイメージがシャキッとするのだが、まだ何か足らない。そう、黒がビシッと締まらないと、全体のイメージがシャンとしないのだ。

そこで今回紹介するのは、ちまたでというかごく一部、ネット界隈などで密かな人気、信越シリコン製のシリコンオイルKF-96を取り上げよう。すごい高純度で、ネット通販などでも手軽に手に入るシロモノ。ちなみに写真のもの、1kg缶で2000円ほどである。

車の樹脂やゴム、プラスチック類に浸透させ光沢を蘇らせるシリコン系塗布剤は数あれど、見よこの輝き! もう使ってみるだけで楽しくてしょうがない。この部分は砂汚れなどを洗い流して塗布してみた。

気を良くして、ゴミがいっぱい挟まっているフロントグリルを、軽く水で流しただけでまだ汚れが着いている所にも塗布してみると、みるみる黒くなって汚れも一緒に落ちてしまうすごさ。

車の黒い部分、ウェザートリップなどもまとめて塗布してみて、乗用車1台分に塗り終えるのに30分とかからない。これで1週間以上は、ビックリするほどビシッとしまった黒色がキープされる。まめに連続して塗り込めば、さらなる効果アップが期待できそう。

さらにこれシリコンオイルなので、キャンピングカーにありがちなシリコンシーリングに塗布するのも問題ないはず。経年で硬化してしまう前にしっかり塗り込んで、防水を含めたメンテナンス用として利用しても十分納得できるものではないだろうか。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第159回】超お手軽ヘッドライトメンテナンス


キャンピングカーは、新車のうちはピッカピカで綺麗。白いボディのモデルが多いので、その傾向は強い。その綺麗さをキープしつつ乗り続けるのは意外と大変で、経年変化も当然起こる。

特に最近のアクリル系ヘッドライトと黒いゴムやプラスチックパーツの劣化は避けるのが難しく、中古車を入手した場合などは結構残念な状態だったりもする。

そこで今回は、根本的な解決ではないがお手軽な、それでいて「おおおっ!」とビックリすること間違いない裏技を紹介。それは、スーパーで手に入る「おふろのルック みがき洗い」、200円台で手に入るもの。

使った場所は、ヘッドライト。曇り取りに使用した。そもそもがFRP製の風呂桶を磨くもので、直接肌に触れるものに使うため、素手でも大丈夫だろうと思い濡らしたヘッドライトに直接塗り塗り。研磨剤の感じとしては、クリームクレンザーよりはるかに細かく、クリーミーな感じ。

手袋をしなかったのは、ガサガサになった表面がどうなるかをダイレクトに感じ取りたかったためだが、そのへんはどうだか分からず少し不安に。

ところがである、5分洗っているとおやっ! 10分を超えたあたりで感動。どうでしょう、最初の写真と比較すると黄ばみが劇的に減り、レンズカットもキリリッ! としていないだろうか。ちょっと写真だとわかりにくいかぁ…

確かに、カーショップで手に入る専用品ほどの効果は見込めないが、さらに言えば研磨後のコーティングもできてはいない。でも、お手軽さは画期的だし何しろ取り外し作業もなし。一度だまされたと思っても悔しくないリーズナブルさ。いかがでしょうか~。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第3回】GW前に絶対やっておきたいタイヤチェック!


キャンピングカーシーズン到来。いつも春になるとできるだけ啓蒙したいなと思っているのが、タイヤの話だ。そんな折りに日本自動車タイヤ協会、通称JATMAから連絡をもらった。議題は「キャンピングカーのタイヤチェック」をいかに啓蒙するか。結構詳しいデータを持っているようで、乗用車以上に気を付けてもらうにはどうしたらいいかの作戦会議。

日本自動車タイヤ協会 タイヤ空気圧チェックの様子2

実は、平成12年から4月8日がタイヤの日になった。そこで、JATMAが全国6カ所でタイヤについての啓蒙活動として、運転手に対してお声がけによるチェックを行った。そのひとつ羽生サービスエリアでの結果は最後にデータを貼るとして、その内容に愕然!

何がって言えば、乗用車の25%が指定エア圧に満たないこと。指定エア圧というのは冷間時での指定圧であり、高速道路走行後にタイヤが熱くなってエア圧が随分と上がっているはずでも指定圧以下…。いかに無頓着に乗用車に乗っているかということがわかる。

日本自動車タイヤ協会 タイヤ空気圧チェックの様子3

バンテックユーザーなら、新車中古車に関わらず、タイヤが2~3年経過した車両には春のタイヤ点検のDMが送られてくるはずだ。以前には「メタボチェック」と称し、グッズが載った状態での車両重量測定もしたことがあると聞いた。

脅すわけじゃないですが、これ絶対受けた方がイイですよ。私もダテに25年もモーターホーム転がしているわけではありません、実体験付きです。車両にはいつもコンプレッサー載せているくらいですから。

ただカムロードなどの場合600kPaという高圧のため、ガソリンスタンドのポータブル充てん機では指定圧にするのがなかなか大変。そんなことも含め、アドバイスは受けておいた方がいい、気分的にも楽になるし。

というわけで、気分良く安全で楽しく旅に出かけるには、まずは足元から気をつけなきゃね、というお話でした。

日本自動車タイヤ協会 羽生サービスエリア・タイヤ点検結果

【平成28年4月8日 羽生サービスエリア タイヤ点検結果】
対象になった絶対数は微々たるものだとはいえ、この実態は頭に入れておいた方がいいかも。これが世間一般なのだ。キャンピングカーオーナーだからこそ、空気圧はマメにチェックしたいものだ。
(画像をクリックするとPDFが開きます)

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com