【第193回】アウトドアでもいつも決まった場所にゴミ箱があると便利


キャンプ中の「ゴミ」どうしていますか? キャンプサイトでよく見かけるのは、テーブルの脚などにスーパーのレジ袋を結び付けて、そこにゴミを入れている様子です。

 たいていキャンプ場の前にスーパーへ行って買い出しをするので、食材の入っていたレジ袋があり、それを使うのでしょう。段ボールにレジ袋を入れてゴミ箱にしていることもあります。

 ですが、どの場合でもキャンプサイトがあまりスマートに見えません。最近はインスタ映えなどを狙って、道具にこだわって作り込んでいるキャンプサイトをよく見かけますが、レジ袋が写っているだけで、マイナスポイントですよね。家からわざわざゴミ箱を持っていくのもかさばって面倒です。

キャンピングカーパーツセンター ♯023133 フィアマ パックウェイスト

サイドオーニングで有名なフィアマからは、アウトドア専用のゴミ箱が発売されています。

フィアマ パックウェイスト

一番の特徴は使わない時に小さく折りたたむことができること。これなら移動時にはコンパクトになってかさばりません。

キャンピングカーパーツセンター ♯023133 フィアマ パックウェイスト

 使うときには上ぶた側を持ち上げると簡単にゴミ箱になります。しかも約30㎝四方の開口部があるので、大きさも十分。高さは42㎝なので大きなゴミも問題なく収まります。

 ゴミ箱といっても自立するタイプではなく、ひっかけてつるして使うので、その点はご注意。付属しているフィックスオーガナイザーをたとえば車のボディに取り付けると、そこにゴミ箱を引っ掛けるだけでセッティングできます。

キャンピングカーパーツセンター ♯023133 フィアマ パックウェイスト

 フィックスオーガナイザーは4個同梱されているので、異なる2ヵ所にゴミ箱を取り付けることが可能です。キャブコンなど室内空間が広い車であれば、車内にも取り付け場所を設けることでさらに便利に使えそうです。

キャンピングカーパーツセンター ♯023133 フィアマ パックウェイスト

♯023133
フィアマ パックウェイスト
価格:8,800円
サイズ:295×295×420㎜(折りたたみ時 295×295×42㎜)

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第148回】荷物はどこにしまう? 車内収納について考える


出かける人数が多くなればそれだけ荷物も増えます。遊び道具はもちろんのこと、着替えなどもかさばるので、限られた車内空間があっという間に荷物だらけになってしまうことも…。

 以前キャブコンで長期の旅をしたときには、昼間はバンクベッドに荷物を押し込んで、寝るときになると荷物をダイネットに移動させて寝る空間を確保していました。

 そんな荷物問題ですが、大人数になったときに意外と困るのが靴置き場です。シューズボックスが装備されている車もありますが、人が増えるとシューズボックスからはみ出て、エントランスが靴でいっぱいになってしまいます。バンコンなどはそもそも靴を置く場所がなく、スライドドアを開けるたびにシューズが下に落ちて困る経験をした人も多いでしょう。そこでシューズオーガナイザーを使うとスマートに収納できます。

Camp-4シューズオーガナイザー」は吊り下げ式の収納で、10足分の靴が収納できます。サイズが高さ860×幅480㎜と大きく、キャブコンなど車内空間の広いキャンピングカーに向いています。

キャンピングカーパーツ ♯919239 Camp-4シューズオーガナイザー

♯919239
Camp-4シューズオーガナイザー
価格:6,480円

 キャンピングカーパーツセンターから発売になったオリジナル商品はもっとスマートに収納ができます。5足分が収納できる「フレキシブル シュー オーガナイザー」はバンコンなどにぴったりのサイズです。

 高さ800×幅255㎜と横幅が狭いので、助手席の背面などにピッタリ収まります。ヘッドレストの金具部分に引っ掛けて取り付けられます。靴だけでなく鍵などの小物の収納にも便利です。

キャンピングカーパーツ ♯266017 C.P.Cオリジナル フレキシブルシューオーガナイザー

♯266017
C.P.Cオリジナル フレキシブルシューオーガナイザー
価格:4,860円

 まずは車内の収納スペースに合わせて、荷物をコンパクトにすることが重要ですが、シューズオーガナイザーのような収納アクセサリーを使って工夫することもできます。

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp

【第88回】車内に散乱する洗面用具をまとめてひとつにパック


車内の収納スペースは限られているので、使う道具を小型のものにしたり、収納スペースを無駄なく使う工夫が必要だ。

とくに収納スペースの少ないバンコンなどでは収納グッズを使うと荷物が整理され車内生活が快適になる。

フィアマ パックオーガナイザー洗面具用」は、その名前の通り、洗面用具をまとめるのに便利なパックだ。

使うときは、本体のフタ部分を上下に広げ、付属のフックを使って好きなところに吊るして使うことができる。

吊るすことで収納時の約3倍の約118㎝になり、上下合わせて4か所のポケットにさまざまな洗面用具を分割して収納することができる。ハブラシ、歯磨き粉、ハンドソープ、洗顔料、化粧水、乳液、綿棒、爪切りなどなど家族分の洗面用具を収納可能だ。

ポケットにはフタを広げるときに中身が飛び出さないようにそれぞれにファスナーが付属。小さな鏡も付いているので化粧直しにも便利に使える。

メインのコンパートメントには、ドライヤーなどの大きな物も収納でき、さらにファスナー付きのポケットが付くので、小物が収納できる。

フタを折りたたむと縦37×横30×厚さ11㎝とコンパクトにまとまり、持ち手を使って持ち運び可能。

本体は防水素材を使っており、濡れ物の収納に適しているが、たとえば濡れたままのタオルなどをそのまま収納しているとカビなどの原因になるので、使ったらできるだけ早く乾かし、水分を拭き取るようにする。

洗面用具のほかにもアイデア次第では、さまざまな収納に使えそう。キャンピングカーのなかで使うのはもちろんのことだが、出張用のこまごましたグッズを整理するのにも便利に使えそうだ。

キャンピングカーパーツセンター ♯023129 フィアマ パックオーガナイザー洗面具用キャンピングカーパーツセンター ♯023129 フィアマ パックオーガナイザー洗面具用

アクセサリー
♯023129 フィアマ パックオーガナイザー洗面具用
価格:6,264円(税込)

浅井 佑一
著者:浅井 佑一
キャンピングカー専門誌「オートキャンパー」編集部を経て、現在は旅とキャンピングカーをテーマにしているフリーライター。キャンピングカーで車中泊しながら、全国の道の駅をまわっている。旅の様子は「オートキャンパー」にて連載中。 http://rvtravel.jp