【第113回】トランジスターラジオを持ち出そう


手前味噌で恐縮だが、写真は自分のキャンピングカーでの枕元。ジェットストリームを聴きながら、ナイトキャップをするのが楽しみなのである。キャンプだからこそ、日常のテレビ生活から離れたいという希望もかなりある。今時はみな、スマホでラジオの配信を聴いている人がほとんどらしいのだが、自分的にはコッチ。ほぼ自分と同年齢の半世紀もの、何石ラジオと呼ばれていた頃の代物…のはずだ。

なぜこれをキャンピングカーに載せているかといえば、まずコーンスピーカーから流れる懐かしい音が大事。クリア過ぎる現代のスマホから流れる音だと、ラジオ感が無いような気がしてしょうがないから。もちろん昼間などは、表のテーブルに置いて利用している。スマホで電波エリアを外れているような場所でも、普通に聴けてしまうのもお気に入りの理由。

ただ問題があって、いくら消費電力が少ないからといっても乾電池で動かしている以上廃棄電池が出てしまう。音量を大きめにしていると、電池の消耗も激しくなってくるのが悩みのタネ。そこで、充電電池を利用しようとなるわけだ。

最近では100円ショップでも充電器が買えてしまう時代になり、当然充電電池も手に入るのだが、過去にカメラ用に大量に使っていた充電電池が余っているので、現在はそれを利用している。トランジスターラジオを鳴らす程度なら、高価で高性能な充電電池はさして必要ないだろう。

充電そのものは、インバーターで発生した電力をコンセントに流せるようにしているので、普通に車両内のコンセントに挿して行なっている。電源ソースとなるサブバッテリーは、ソーラーパネルによる充電を行なっているので、実質電気料金はタダ。このオフグリッド感がたまらない。

インバーターは小さなもので、ファンの無いものを利用している。なぜなら、冷却ファン付きだと作動音が気になってしょうがないから。

そして大問題が発生するのが、この手のお安いインバーターによるノイズの問題。ラジオはこのノイズに影響されやすく、特にAMなどでは受信ができなくなるほど。設置位置を考慮したり、アルミホイルで電波の遮蔽物を用意したりしないといけない。

自分のキャンピングカーは外装がアルミなので、室内にノイズの発生源があるとそれが室内で反射しまくるのか強烈なノイズ状態になる。そんなこともキャンピングカーでは考えなければならない問題になってくるのだ。インバーターを設置したら、色々電気機器が妙な動きをし始めたと思う人は、チェックすることをお勧めする。

もちろん、高価でノイズ発生の対策がされているようなインバーターなら、こういった現象は起こらないだろうとは思う。

さて充電完了した電池を入れる。昔のトランジスターラジオのいいところは、電圧に関して相当アバウトであること。単3乾電池では1.5Vだが、ニッケル水素などの充電電池は大抵1.2V、でも何の問題もなく使える。というより、1.0Vを割ったあたりでもまだまだ動作してくれるくらいなのだ。そして1度充電すると、ビックリするくらい長い時間利用できてしまう、これはスマホではまずできない。

確かにスマホやタブレットは便利だが、昔からのながら族に徹するのもキャンプでは面白い。というより、スマホやテレビで画面を見ているとほかの事が出来なくなってしまうし、せっかくの外生活がもったいない。ニュースや天気予報は十分ラジオだけでも対応できるよ。

というわけで、押入れの片隅で肥やしになっているトランジスターラジオを見つけたら、ぜひキャンピングカーに載せフィールドへ連れ出してあげよう。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第111回】2台目格安スマホのススメ


今時の世の中、まだガラケーで頑張る! という猛者もいるのは分かっているが、ほとんどの人はスマホを持っているに違いない。その便利さから、ついついネットを楽しんで月末は速度制限がかけられ苦しむ人も少なからずいるに違いない。そんな時代のキャンピングカーユーザーに適した通信環境は何かを、最近自分で実践している方法を披露してみようと思う。もしかすると、ガラケー猛者には美味しい話かも。

最初の写真は、スマホのウェブブラウザでNHKニュースのページにアクセスし動画配信ニュースをかなり辺ぴな旅先で見ているところ。当たり前の画像に見えるだろうが、このスマホに挿してあるSIMはいわゆる格安のもので600kbps縛りの低速タイプであり、月額使用量制限がかかっていないものであ
る。もちろん音声通話ができないデータ通信タイプであり、ショートメール機能は付加しているものの月額で800円くらいだろうか。

最近では、1Mbps程度の低速回線で使用量制限のかかっていないタイプもちらほら出始め、場合によっては音声通話機能を追加オプションで足せるようになっているようなので、そういったものを利用するといいのではないかと思う。

そしてそのスマホをベースにしUSBでテザリングをかけ、手持ちのiPadMiniをマウントしネット放送のradikoでラジオを聴いているのがこの状況。

なぜこのような面倒なことをしているかといえば、テザリング親機は電波の送受信に専念してもらい再生をiPadに任せることにより、充電無しの長時間連続使用をしたいから。

テザリングをWi-Fi経由ではなく電力消費量のより少ないUSBで行なっているところがミソで、確かに通信速度は遅くなってしまうが、それでもUSBの通信速度はSIMに付帯された通信速度よりはよっぽど早いのである。そしてスマホ1つで何でもやらせてしまうと、電池の消耗が激しいのはスマホユーザーならよく知っているところだろう。

もちろん、この手の格安低速SIMでは、youtubeをバリバリ鑑賞するなどということは出来ないが、テレビ局やラジオ局から配信されるデータの圧縮技術が優れているのかサーバーが優れているのかは分からないものの、問題を感じることなく利用することができるのである。キャンプで大事な天気予報だってすごく普通に見ることができるはずだ。

そもそも旅の深夜をどうするか、これは自分の中で問題だった。なぜなら非日常を楽しみたいこともあり、自分のキャンピングカーにテレビを載せていないから。もちろん電気の消費量を抑えたいという大義名分は元々あり、装備が増え続けるのも避けたかったという理由はある。

そこで、劇的に進化したスマホ環境のあり方を考えてみたわけである。最近では、1~2万円台で充電用バッテリーかとも思える4000mAhを超える充電池を内蔵したSIMフリー機も発売され、メモリーも大きく音楽ソースのためにCD持ち歩く必要など皆無である。緊急時を考えたらガラケー・スマホに関わらず電話はまず絶対的に旅の時に必要であろうから、それ以外の遊びの部分に格安機種と格安SIMで済まそうという訳。

ただ問題も起こった。計画的に購入した機種が自分の思う通りなら問題ないのだが、充電するための端子形状がまちまち。そのため、様々な機種を充電できるよう装備を追加することになった。ただこちらもそれほど高額ではないので、キャンピングカーに専用として置きっ放し用として用意しておけばいいだろう。

もっとマニアックな話をすると、日本の通信環境ということに触れなければならなくなる。それはガラケーの時代のFOMA回線がまだ生きている地域がかなりあるということ。というより人が少ないところは大体こちら。この回線ではデータ通信の速度がそもそも上がらない3Gや2Gであるため、いくらリッチな通信速度が掴めるSIMだとしても物理的に無理なのである。

そう2台目スマホで大事なのは、以前主流だったFOMAやFOMAプラスを送受信でカバーしているという条件かもしれない。それと格安SIMの相性はかなりキャンプで役に立つと思われる。ちなみに筆者が選択したのは、ASUS Zenfone 4 Maxで、その辺りをクリアしているモデルだ。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第109回】ロープワーク2+1で快適サイト作り


ロープワークは本当に多種有り、それでいて普段手を動かしておかないとなぜか忘れちゃう…シロモノのような気がする。

そこで今回は、これまで数回にわたって書いてきたサイトでのタープ利用・拡張の話の締めくくり、縄の結び方・ロープワークをやってみよう。もちろんサイトでオーニングを使うときにも、風が強く張り綱で補強をかけるようなときにも使えるもの。

厳選するからにはたった2つ、それとちょっと難し目の1つ。これだけ知っていれば、実際かなり役に立つはずだ。

まずは基本のボーライン・ノット、もやい結びと呼ばれるもので、作った輪は綱を引っ張っても変化しないタイプ。タープのグロメットなどに綱を結ぶのに有効である。輪が縮まらないため、救命時に人をつりさげたりするのにも使え、その時は自分の体に回して素早く結ぶやり方もあるのだが、まずは手元で確実に結べるようになることが先決。

なぜグロメットがある所に有効かと言えば、タープなどでそういったところは張り具合を直したり風によって揺れたりする場所であり、接点となる部分の動きはスムーズな方が都合がいいから。

次はエバンス・ノット、こちらは作られた輪の部分が綱を引っ張るとグイグイ締まるタイプ。ポールの先のピンにタープのグロメットを通し、その上に作られた輪を通すように使うと効果的。地面に引っ張る形で設置すれば、タープが風で煽られてもグロメットがピンから抜けるのをかなりの確率で抑えることができるのである。

ピンから輪の抜き取り片方を引っ張れば、スルスルっと解け煩わしくないのもこの結びの利点。日常生活でもかなり生かせるので、ぜひとも覚えておきたい。

基本的に上記2つの結び方を覚えておけば、タープやサイドオーニングを現地の状況に合わせ上手にさばくことが出来る。後は誰でも知ってそうな本結び、それを引き解けにした蝶々結び程度を使えれば大抵の状況に対処できるはず。ただ、状況に合わせ張りを調節するという作業もキャンプ中に必要になるはず。

そんな時は、少しだけ難しいが覚えておいて損のない、トラック結びとか南京縛りと呼ばれているものを最後に紹介。長さ調節と締め込みが一緒に出来極めて堅牢なので、タープの張りの調節だけでなく荷物の積載時の固定など、タイダウンの代わりとしても使え超便利。

グイグイ締め込んでも、解くときはアッサリで硬い結び目などができないという、極めて実用性の高い結び方でもある。これを知ると、自在金具付きの張り綱がなんとなく物足りなくなってしまう。

よく自在結びでサイドオーニングのタイダウンをやっているのを見かけるが、間違いではないと思われるが面積が大きく風にあおられた時に信じられない力がかかるサイドオーニングには、あまりに非力で簡易的な方法だと思った方がいい。そんな時は、トラック結びが有効だ。

以上3つ。これらの結びの処理で、留め方や引き解けにするなど応用をさらに覚えておくと、ますます快適にロープさばきが出来ること間違いなしだ。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第107回】子供の秘密基地とかワンちゃんにも最適なモノポールテント


前回の僕のコラムで、防炎シートを使ったサイドオーニングの拡張を話したが、もうちょっと遊びの領を広げてみようと思う。それは、世界的にアウトドア系の人で流行っているモノポールテントの建て方、これがその防炎シートでもできてしまうということ。

用意したのは、3.6×5.4mのサイズのものと、モノポールとして使うステンレス製の伸縮する物干し竿。あとはペグを基本9本、これなら大抵のホームセンターで簡単に手に入れられると思うし、このモノポールテントとして以外でも色々と使えるのでキャンピングカーに常備しておいても損はないと思う。

建て方にはコツがあり、そのあたりは後の動画を見てもらうかネット検索してもらうかするといいと思う。ポールが一本でかなりの張力が掛かるので、先端部はタオルなどを巻き力を分散させることなどが重要な要素となる。

また最初に位置決めをしたペグ以外は、最終的に張り具合を調整するため打ち直すことが多くなると思われるので、仮の状態で打つことが成功の秘訣。

そんな建て方をしたモノポールテントの下では、コットを持ち込んで普通にテント生活ができる広さとかなりしっかりした高さを持っている。人間が使うのにも十分だし、ワンちゃんなどがいると、リードでポールを倒されないようにする工夫は必要だろうけれど、かなりご機嫌なお外スペースとなるに違いない。

さらに、2.7×2.7mの正方形シートを組み合わせると、クローズに近い状態、フラップ状にし前室のような使い方ができるので、キャンプサイトにキャンピングカーで出かけた時のスペースが有効に使えるのも魅力。何しろ、専用でタープテントなどを持って行くとかなりかさばるものだが、これなら収納スペースも大して取らないし、何より周辺キャンパーの人たちの羨望の眼差しを受けるに違いない。

遊びとしてはかなり面白いと思うので、一度お試しして見てはいかがだろうか。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com

【第105回】工夫で広がるタープ下快適空間


キャンピングカー、特にキャブコンを購入するとサイドオーニングが付いていることがほとんどだ。それは便利な装備で、本来の日よけとしてだけでなく、簡易的な雨よけの屋根としても働く。これが、クランク・ハンドル操作だけで出し入れ出来るのだから、キャンプの必需品と言っても過言ではないだろう。何しろ、現地到着した時最初に作業にかかる装備であり、自分的には外部電源より先にとりかかる。

確かに便利なのではあるが、国産キャブコンクラスだとそのサイズは3.5mほど。パラッと雨が来たという程度なら大丈夫だが、少し強めになる、または横に流れるという場合には、しのげるスペースが激減。また、サイドオーニングはその構造上、風にあおられることにことのほか弱い。

こうしたウィークポイントがあるにはあり、それを解消するためのグッズ類も豊富に発売されている。もちろんそういったモノを利用するのがマッチングが良く、実用性も向上する。

そういったものがない場合は、出先に見つけるホームセンターなどに行くと、いろいろ代用できるものが見つかる。特におすすめなのは、防炎シートとメッシュのシート。これらをサイドオーニングにくくりつけペグダウンすることにより、雨の浸入を防ぎ、風の影響を激減させることができるのだ。ペグダウンすることで、サイドオーニングを専用のパーツでタイダウンさせるのに似た効果があるのも見逃せない。

雨や、寒い時期の風を止めるのに、透明シートもいい。サイズとしては、高さで使う辺が1.8m、幅で2.7mや3.6mが使いやすいと思う。いずれにしても、簡易として固定するのに最低でも強力な撚ったビニール・ロープは必要なはずだ。

サイドオーニング下の空間を、天候に左右されずにキッチリ使えるようになると、やはりさらにその空間を広げたくなるのがヒトの性。こんな時にも防炎シートは役に立つが、さらにポールも必要になってくる。ホームセンターには、雨にも錆びず強度があるステンレスの延長物干し竿というものが必ずある。これを利用すれば、かなりの状況に対応できるだろう。

この辺りからは経験がモノを言うタープワークになるが、無段階で長さ調節できるのは都合がよく、綺麗にしかもカッコよく張れるとキャンプ場でチョット注目されることは間違いなし。

こんな事も、キャンピングカーで遊びに出た時の遊びの1つになってしまうのが、もしかしたらキャンピングカーならではなのかも知れない。

TAMA@MAC
著者:TAMA@MAC
主に月刊オートキャンパーに執筆し、超小型キャンピングトレーラーを引っ張って、キャンピングカーの可能性を甘受する日々を送る。クルマやキャンピングカーは相当好きだが、最近はフィールドワークにドップリはまり込んでいる。 http://www.tamamac.com